MSI H270M MORTAR ARCTIC, 7700K

Kaby Lake世代CPUでの作例です。スリープ、iMessage, FaceTimeが機能します。純正無線モジュールなのでContinuity関連も問題ありません。270チップセット世代で唯一の白いマザーボードです。

ハードウェア

  • マザーボードはMSI H270M MORTAR ARCTIC
  • CPUはIntel(R) Core(TM) i7-7700K CPU @ 4.20GHz
  • グラフィックスはRadeon RX580, ブランドはSapphire(OOBで動作)
  • WiFi/BluetoothはBCM94360CD(OOBで動作)

AliExpress.com Product – BCM94360CD

BIOS設定

こちらの設定どおりです。

ソフトウェアと機種ID

  • macOS Mojave 10.14.4 (18E226)
  • Clover v2.4k r4920
  • iMac18,3

EPSの設定

kext類 (kexts/Other)

  • AppleALC.kext
  • IntelMausiEthernet.kext
  • Lilu.kext
  • USBInjectAll.kext
  • VirtualSMC.kext
  • WhateverGreen.kext

マザーボード搭載LANはIntel I219-Vで、オーディオはRealtek ALC892 です。そこでLANのためにIntelMausiEthernet.kextを使います。また、オーディオはAppleALC.kextで動きます。

efiドライバ (dirver64EFI)

  • ApfsDriverLoader-64.efi
  • DataHubDxe-64.efi
  • EmuVariableUefi-64.efi
  • FSInject-64.efi
  • OsxAptioFix2Drv-free2000.efi
  • SMCHelper-64.efi
  • VBoxHfs-64.efi

ブート時のメモリ領域配置の関係で、OsxAptioFix2Drv-free2000.efiが必要でした。AptioMemoryFix-64.efiなどでは起動時に禁止マークが出ます。DataHubDxe-64.efiは不要かもしれません。

追記:Clover 5018にしたついでに、OsxAptioFix2Drv-free2000.efi をOsxAptioFix3Drv.efi に交換してみたところ、問題なく起動しました。また、他のefiも調整しました。DataHubDxe.efiは不要でした。またSMCHelper.efiはVirtualSMC.kextでは不要と聞いたので外しました。代わりにVirtualSmc.efiを入れました。現時点で使用しているefiファイルは以下です(2019/7/17)。

  • ApfsDriverLoader.efi
  • EmuVariableUefi.efi
  • FSInject.efi
  • OsxAptioFix3Drv.efi
  • VBoxHfs.efi
  • VirtualSmc.efi

config.plist

以下です。実機で未使用のシリアル番号を生成して書き込みましたので、このままでも問題なく使えます。しかし、Apple社のサービスを使う前にシリアル番号、UUIDを独自の値に設定し直してください。

2件のコメント

  1. 10.12 Sierraの頃の古いkext持ってますか?
    もしあれば頂戴したいです><

bootmacos にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

「名前」「メールアドレス」「サイト」は空白でも投稿できますが、日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)