Big Sur情報(その2)

ホーム フォーラム Discussions Big Sur情報(その2)

  • このトピックには11件の返信、1人の参加者があり、最後に須磨の辰五郎により3日、 4時間前に更新されました。
7件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #11050 返信
      bootmacos
      キーマスター

      もとの「Big Sur情報」が長くて読みにくくなって、さらにフォーマットが崩壊してしまいましたので、続きのトピックを用意しました。こちらで続けていただければと思います。
      (フォーマット崩壊の原因はわからないです。へたれ管理者ですみません)

    • #11051 返信
      bootmacos
      キーマスター

      先ほどPublic BetaにもBeta 10が来ていたのでアップデートを試みました。Beta 9のシステム環境設定のソフトウェアアップデートからアップデートを試みてます。一旦、「フルアップデートが必要」と言われて、12GBくらいのファイルがダウンロードされました。2回再起動して、インストールは終わった様子なのですが、メモリーパニックの表示が出て起動しませんでした。もう少し調べてみます。環境は、ASUS Z490G + 10900K + 5700XT + OpenCore 0.6.2です。

      • #11053 返信
        Mifjpn
        ゲスト

        おつかれさ様です。
        OpenCoreでは、以下がいりました。
         OpenCore – MIscにて
          Expose Sensitive Data 3
          DmgLoding      Any
          SecureBoot Model   Disabled
        及び
         OpenCore – NVRAMにて
          csr-active-config 00000000 

        SecureBoot Modelって0.6.3からでなかったかなぁとも思います。(私も0.6.2からconfig.plist持ってきてなかった記憶があります)
        間違ってたらすいません。

    • #11055 返信
      Mifjpn
      ゲスト

      お疲れさまです。
      Beta10のフルインストーラーから、USBインストールスティックを作りインストール実験しました。
      やや、難易度の高い、Clover r5125でやってみましたが、成功しました。
      ご報告まで。

    • #11056 返信
      bootmacos
      キーマスター

      もとの「Big Sur情報」トピックで、まっくぷろさんの依頼でフォーマット乱れのバグを引き起こしたかもしれないcurlの出力例を含んだコメントを削除したら、あちらのフォーマット乱れは直っているようです。でも、長くなっていて(それほど盛り上げていただきありがとうございます!)読みにくいので、こちらで続けたいと思います。よろしくです

    • #11057 返信
      hiroshia
      ゲスト

      私もBeta 10にしてみました。インストール途中で止まってしまったので再起動したところ、無事動き出しそのままインストールが終了して無事起動しています。
      PreBootのVolume名表示のバグも完全に治っているようです。

      • #11059 返信
        bootmacos
        キーマスター

        そうですね。macOS Installerという名前になってました

    • #11058 返信
      bootmacos
      キーマスター

      Mifjpnさん、情報ありがとうございます。
      以下の設定で、公開版OpenCore 0.6.2でPublic Beta 10が動きました!

      SecureBoot Model   Disabled

      0.6.2のconfig.plistにもこの設定があり、これで起動しました。
      今のところ動作問題なしです。教えていただいた他のパラメータの現状は以下です。

      OpenCore – Miscにて
        Expose Sensitive Data 3<--- 今までも7にしてたのでそのまま7にしました
        DmgLoading      Any<--- デフォルトのSignedのままでもokでした
        SecureBootModel   Disabled<--- これはDisabledにしました。(デフォルトはDefault)
      OpenCore – NVRAMにて
        csr-active-config 00000000<--- もとから0にしてましたのでそのままです。
      

      ありがとうございました!

      • この返信は3日、 11時間前にbootmacosが編集しました。
      • この返信は3日、 11時間前にbootmacosが編集しました。
      • #11060 返信
        Mifjpn
        ゲスト

        おめでとうございます。
        辰五郎さんのままでしたが、こっちでもうごいたので、そのままでした。
        私、最初に、掲示板で読んだんですが・・・DisabledをDisableと勘違いして、どうしても動かなかったのです。(笑う)
        思い込みって怖いですね・・・

        • #11062 返信
          bootmacos
          キーマスター

          過去分詞で受け身なのかな。「無効にする」って日本語的感覚だとDisableですよね。BIOS設定でもそう感じます

    • #11079 返信
      Mifjpn
      ゲスト

      お疲れ様です。
      Big Sur対応のCloverでの報告です。
      現状のBeta10は、Prebootエントリで動きますがどうしてだろう?と聞いたところ。
      Appleの方に問題があるんじゃない?という意見と
      フルインストーラーからインストールすると大丈夫だよという反応があったんです。
      でも、フルインストーラーからのクリーンインストールしましたが、Prebootでしかブートしません。
      いま、報告主に聞いていますが・・・反応なしです。
      きっと、最終的に調整は入ると思います。

    • #11081 返信
      須磨の辰五郎
      ゲスト

      参考:Big Sur Beta10へのアップグレード時のボリューム名(エントリー名)について

      ** あくまでも、当方のHacintiosh環境での経験報告ですが、以下にまとめて見ました。 お役に立てれば幸いです。**

      1. 当方のHacintiosh環境: OpenCore 0.6.3
       Config.plistでの指定内容の一部が所定の内容に合致せず、最初の作業時にはフルインストーラーがダウンロードされて、実行(再起動)された。

      2. 導入先ボリューム名は、まずは「自分がDisk Utilityにて指定した名称(APFSボリューム)」ではなく、長い長い導入作業を終えた後、再起動するがその時は”MacintoshHD”となっていた。

      3.その2回目の導入作業を終了して、3回目の起動時にはボリューム名はやっと「自分の指定したボリューム名称」に変わっていました。

      4. 結果的には、何らかの理由で 3度目の再起動はなされず、一時的にはGive-up. 

7件の返信スレッドを表示中
返信先: Big Sur情報(その2)
あなたの情報: