[Tips]MojaveでのCatalinaアップデート表示を消すスクリプト

ホーム フォーラム Discussions [Tips]MojaveでのCatalinaアップデート表示を消すスクリプト

  • このトピックには5件の返信、1人の参加者があり、最後にDanke Sehrにより2週、 6日前に更新されました。
5件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #9364 返信
      Mifjpn
      ゲスト

      お疲れさまです。
       32ビットアプリがあるので、まだMojaveを使っていこうとしている方はいると思います。
       しかし、先日のセキュリティアップデート以前は

      % softwareupdate --ignore "macOS Catalina"
      

       だけで、Catalinaへのアップデート抑制はうまく行ってたのですが、今回のアップデートで、ignoreがオプトアウトされ、次期OSでもそうなるとのことです。ただ、設定に必ず①がつくのは、とても見栄えが悪いので、自動アップデートをなくし、手動でアップデートを見て、Mojaveのアップデートがなければ、消すことにしました。消し方は以下のとおりです。

      % defaults write com.apple.systempreferences AttentionPrefBundleIDs 0
      % sudo defaults write /Library/Preferences/com.apple.SoftwareUpdate.plist LastUpdatesAvailable 0
      % sudo defaults write /Library/Preferences/com.apple.SoftwareUpdate.plist LastRecommendedUpdatesAvailable 0
      % sudo defaults delete /Library/Preferences/com.apple.SoftwareUpdate.plist RecommendedUpdates
      

       ただ、これだとターミナルを開いて何度も実行させないといけません。面倒なので、ShellScriptとAutomatorで、デスクトップのアイコンをダブルクリックするだけで、いいようにしてみました。
       まず、Shell scriptは以下のとおりです、ここではユーザーのディレクトリは/Users/alphaとなっていますので、自分のホームディレクトリに置き換えてください。
      /Users/alpha/updateclear.shをcotediterか何かで(viでも、vimでもお好きなエディタでどうぞ)以下のようにスクリプトを作ります。

      #!/bin/bash
      defaults write com.apple.systempreferences AttentionPrefBundleIDs 0
      defaults write /Library/Preferences/com.apple.SoftwareUpdate.plist LastUpdatesAvailable 0
      defaults write /Library/Preferences/com.apple.SoftwareUpdate.plist LastRecommendedUpdatesAvailable 0
      defaults delete /Library/Preferences/com.apple.SoftwareUpdate.plist RecommendedUpdates
      killall Dock
      

      この中でいくつかは、rootで実行しないといけないので、つぎにAutomatorを用意します。
      updatereset
      以上のようにroot(admin)権限で、動くようにします。
       Apple Scriptを実行をドラッグアンドドロップし、以下のように書きます。

      do shell script "sudo /Users/alpha/updateclear.sh" with administrator privileges
      

       デスクトップに貼り付けて、ダブルクリックすれば、sudo(ルートへ)のパスワードを聞いてきますので、パスワードを入れて動かせ、システム環境設定の①は消えます。楽になりました。
       アイコンの貼替えは、以下のページでどうぞ。

      Macのアイコンを変更したり、デフォルトに戻したりする方法

    • #9387 返信
      bootmacos
      キーマスター

      こんな方法でGUIでsudoできるのですね。AutomatorとAppleScript、素晴らしい。

    • #9388 返信
      NKMR
      ゲスト

      Catalina 10.15.5 ですが、以下の通りのAppleScriptを作成し、毎回、起動時に実行しております
      Hackintoshでのアップデートは安定動作したという報告を待ってからしたいですからね
      Catalina環境の方はご参考にしてくだされば幸いです

      —-

      on run {input, parameters}

      set PW to “ここにパスワードを入力”

      do shell script “sudo softwareupdate –ignore \”macOS Catalina\”” password PW with administrator privileges

      do shell script “softwareupdate –list”

      do shell script “defaults write com.apple.systempreferences AttentionPrefBundleIDs 0”

      do shell script “killall Dock”

      return input
      end run

    • #9391 返信
      mifjpn
      ゲスト

      お疲れ様です。
      なるほど、その方法があったのですねぇ。勉強になりました。
      調べてみると、
      do shell script
      での、sudo はターミナルと同じく、一定時間パスワードが有効だそうなので、私の場合も、Appleスクリプトオンリーでも行けますねぇ。
      ありがとうございました。

    • #9482 返信
      Danke Sehr
      ゲスト

      こんなものを作っちゃいました
      某有名動画ソフトのTrial期間をリセットするスクリプトです

      —–

      on run {input, parameters}

      tell application “Terminal”
      activate
      set currentTab to do script “”
      delay 0.3
      tell application “System Events”
      key code 36
      key code 36
      end tell
      delay 0.3
      do script “mv -v ~/Library/Application\\ Support/.ffuserdata ~/.Trash” in currentTab

      activate
      delay 0.3
      tell application “System Events”
      key code 36
      key code 36
      keystroke “exit”
      key code 36
      end tell
      end tell

      (* if necessary, add “sudo” to the script *)
      (* launch terminal and copy&paste the following script and type enter : “mv -v ~/Library/Application\ Support/.ffuserdata ~/.Trash” *)

      return input
      end run

    • #9483 返信
      Danke Sehr
      ゲスト

      修正です
      Automatorで「Apple Scriptを実行」を選び、以下の文章を貼り付けます
      出来上がったappファイルを保存したら、そのappファイルをシステム環境設定>セキュリティとプライバシー>プライバシー>アクセシビリティ にドラッグして追加してください
      そしたら、appファイルを起動してみます
      私的なメモですみませんでした

      https://www.google.com/search?q=ffuserdata&

      —–

      on run {input, parameters}

      tell application “Terminal”
      activate
      set currentTab to do script “”
      delay 0.3
      tell application “System Events”
      key code 36
      key code 36
      end tell
      delay 0.3
      do script “mv -v ~/Library/Application\\ Support/.ffuserdata ~/.Trash” in currentTab

      activate
      delay 0.3
      tell application “System Events”
      key code 36
      key code 36
      key code 102
      keystroke “exit”
      key code 36
      end tell
      end tell

      (* if necessary, add “sudo” to the script *)
      (* launch terminal and copy&paste the following script and type enter : “mv -v ~/Library/Application\ Support/.ffuserdata ~/.Trash” *)

      return input
      end run

5件の返信スレッドを表示中
返信先: [Tips]MojaveでのCatalinaアップデート表示を消すスクリプト
あなたの情報: