[Partial Success] ASUS ROG STRIX Z390 + i7 9700K + Vega 56

ホーム フォーラム User Builds [Partial Success] ASUS ROG STRIX Z390 + i7 9700K + Vega 56

このトピックには13件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。2 ヶ月、 1 週前に  スマの辰五郎 さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #1865 返信

    Soh

    Components

    • MB: ASUS – ROG STRIX Z390-F GAMING
    • CPU: Intel – Core i7-9700K
    • CPU Cooler: NZXT – Kraken X62
    • Memory: Corsair – Vengeance LPX 16 GB (2 x 8 GB)
    • Storage: SSDx2, HDDx1 (3TB)
    • Video Card: MSI – Radeon RX Vega 56 Air Boost 8G OC
    • Case: NZXT – H500
    • Power Supply: 玄人志向 – KRPW-BK650W/85+
    • Wifi+Bluetooth: Broadcom – BCM94360

    What Works

    • All functions (including iMessage) works

    Comments
    このGPUを使用した場合、ファン速度が常に100%になってしまうバグが発生しました。
    そのため、VGATabを使用し、config.plistにファン速度の設定を明示的に記載しました。

    また、DTMや動画編集、プログラミングなどマルチ用途なため容量多めのHDDを使用していますが、
    M.2接続のSSDが1TBで15000円代のため、そちらを購入すればよかったかな・・・と若干後悔しています。
    (現在の構成は、240GBのSSDと3TBHDDの2TB分をFusion DriveとしてMac用、120GBのSSDと3TBHDDの1TB分をWindows用にしています)

    config.plistについて、最初はSMBIOSのProduct NameをiMac19,1としていたのですが、偶発的にフリーズが起こったためiMacPro1,1に変更しました。
    が、最近Windows環境でもフリーズが発生したため、電源かグラボの不具合かなあという感も・・・。

    ディスプレイにはLGの32インチ4Kディスプレイである32UD60を選択しました。
    Amazonのタイムセールで39800円だったため購入しましたが、Night ShiftもStockの状態で問題なく動作しています。

    config.plist (Gist)

    Built Image

  • #1866 返信

    Soh

    画像のGPUがRX580になってますね。
    現在は説明通りVega56を換装しています。

  • #1867 返信

    Soh

    Kext等も追記します。

    Kexts

    • AppleALC
    • FakeSMC
    • IntelMausiEthernet
    • Lilu
    • WhateverGreen

    Drivers

    • APFS
    • ApfsDriverLoader-64
    • AudioDxe-64
    • DataHubDxe-64
    • EmuVariableUefi-64
    • FSInject-64
    • NTFS
    • OsxAptioFixDrv-64
    • SMCHelper-64
    • VBoxHfs-64
  • #1875 返信

    bootmacos
    キーマスター

    美しいですね(この写真、ネットのどこかで見せていただいたような気もします🙂)

    Vegaのファン全開問題はiMac19,1が出てから治ったという話をどこかで読んだ気がします。
    iMac19,1のオプションでVegaのモバイル版(Pro Vega)が搭載されたかららしいです。
    10.14.4 (18E2034)はお試しになりました?

    ApfsDriverLoader-64.efiが入っていれば、macOSの中にあるapfs.efiを使ってくれるので
    apfs.efiは不要かと思います。優先順位がどちらが高いかわかりませんが、最新版を使ってもらう
    為にもむしろ無い方が良いかもしれないです。

  • #1885 返信

    Soh

    >>bootmacosさん
    返信ありがとうございます:)
    同じ写真をTwitterにあげていたので、そちらをご覧いただく機会があったのかもしれません。

    一応、以前iMac19,1に設定していたこともあり、10.14.4 (18E2034)はインストール済みです。
    あくまでリファレンスモデルではなく、MSI独自ファン(外排気機構)なので、それが原因かもしれません。
    時間があるときにもう一度試してみますね。

    また、apfs.efiの件、誠にありがとうございます。
    “ApfsDriverLoader”という名前ですし、そりゃapfs.efiいらないですよね・・・。
    なぜ追加したのか・・・笑

    電源が落ちてしまう問題ですが、特定ソフトでMIDIキーボードを弾いていると発生する・・・ような気もします。
    なんでかわかりませんが、とりあえず別のDAWを使ってみて再検証したいと思います。

    • #1887 返信

      kurukuru

      Fusion Drive なら apfs.efi は初回ロードに必須で、無いとスキャンでスタックすると思います

      • #1891 返信

        bootmacos
        キーマスター

        そうなのですか。情報ありがとうございます。

  • #1886 返信

    脱Sandyおじさん

    VEGAのファン全開問題は、10.14.5で改善されるようですね。海外フォーラム等のbeta版利用者から報告が複数出ています。RadeonVIIの互換性も上がるらしい。

  • #1945 返信

    Soh

    >>kurukuruさん
    >>bootmacosさん

    情報ありがとうございます。
    試してみたところ、Fusion Driveでapfs.efiなしでは、CloverでmacOSをbootさせようとするとStuckしてしまいますね。
    必須のようです。

  • #1948 返信

    Soh

    >>bootmacosさん
    >>kurukuruさん

    config.plistのVega56 fan speed fixをオフにした状態で、人柱的に、macOS 10.14.5 Developer Beta 3(18F118d)をインストールしてみました。

    結果としては、MSI製外排気モデルのVega56でもファンスピードが適切にコントロールされ、fixが必要ない状態になりました。
    kextsが対応していないせいか、Verbose画面でエラーメッセージが表示されたり、画面上部が乱れたり(verbose画面のみ)しますが、問題なく動作していると思います。

    • #1949 返信

      Soh

      kurukuruさんではなく
      >>脱Sandyおじさん
      のtypoです。失礼しました。

  • #6118 返信

    Soh

    4ヶ月近く経って、ようやく根本的な原因がわかりました。
    私の環境では、FakeSMCを使用するとランダムに再起動します。
    VirtualSMCだと一週間以上一度もリブートしない&センサー類が適切に動作するため、これからはVirtualSMCを使用していこうと思います。

    • #6119 返信

      Soh

      すみません、返信先スレッドを間違えてしまいました。

    • #6241 返信

      スマの辰五郎

      Sohさん

      「VirtualSMCだと一週間以上一度もリブートしない&センサー類が適切に動作するため、これからはVirtualSMCを使用していこうと思います。」の文章に勇気づけられました。

      遅ればせながら、 今朝 私も FakeSMC.kextから VirtualSMC.kextに乗り換えました。
      少し、起動時の安定性が強化された気がします。

      貴重な情報、ありがとうございました。
       

返信先: [Partial Success] ASUS ROG STRIX Z390 + i7 9700K + Vega 56
あなたの情報: