NVRAMのエミュレーション

NVRAMは不揮発性メモリの意味で、電源を落としても記憶が消えないメモリーのことです。マザーボード上にもありボタン電池などでバックアップされています。コンピュータ機器では、音量とか起動ディスクなどの情報が記憶されています。昔のMacではPRAM (パラメータRAM) と呼ばれていたこともありますが、NVRAMと同じものです。

本物のMacのハードウェアにも、ATXマザーボード上にも、どちらにもNVRAMはあります。しかしHackintoshでは、macOSからATXマザーボード上のNVRAMがうまく読めないこともあるようです。

そこで使われるのがEmuVariableUefi-64.efiです。Cloverのdriver64UEFIフォルダに入れておくと、NVRAMのふり(エミュレーション)をしてくれます。NVRAMが覚えておくべき情報を、おそらくSSD/HDDなどの上で記憶しておいてくるのだと思います。マザーボード上のNVRAMがmacOSから利用できていればEmuVariableUefi-64.efiは不要です(あっても構わないです)。利用できていなければ、後述するNvidia Webドライバの利用などで必要になります。

NVRAMの内容を見る

NVRAMはterminalからnvramコマンドで読み書きできます。man nvramとすると使い方が表示されます。それを見ると:

nvram [ -p ] [ -f filename ] [ -d name ] [ -c ] [ name [= value ]] ...
OPTIONS
-d name
Deletes the named firmware variable.
-f filename
Set firmware variables from a text file. The file must be a list of "name
value" statements. The first space on each line is taken to be the separator
between "name" and "value". If the last character of a line is \, the value
extends to the next line.
-x Use XML format for reading and writing variables. This option must be used
before the -p or -f options, since arguments are processed in order.
-c Delete all of the firmware variables.
-p Print all of the firmware variables.

のように、いろいろなことができるようです。例えば-pxオプションでNVRAMの内容をXML風に見ることができます。長いのでlessにパイプすれば、スクロールや検索もできて便利かもしれません。

nvram -xp | less

-xpオプションでわかるように、NVRAMにはキーとデータの対でデータが保存されています。Hackintoshで重要なキーの一つがNVIDIAのWebドライバを使うかどうかを記憶するキー、nvda_drvです。Webドライバが機能しているならば、以下のコマンド

nvram nvda_drv

で1%00というデータが返ってくるはずです。16進数で表すと0x3100というデータで、アスキーコードの1と、数値のゼロの2バイトです。C言語などの文字列は、文字列の最後を0x00で表しますので、1を表す文字列だと思われます。使用中ということでtrueを表す1になっていると思われます。このキーが無い場合はドライバが動かないため、低解像度表示になったり、画面表示されない可能性もあります。

NVRAMの機能を確認する

NVRAMが機能しているかどうかを確認するためには、適当なキー・データ対を作って電源を切っても保存されているかどうか調べれば良いです。例えば、

sudo nvram hogehoge=HelloWorld

とすると、hogehogeというなんの意味もないキーが作られて、それにHelloWorldという文字が割り当てられます。

nvram hogehoge

で確認することができます。ここで、マシンを再起動してもこのデータが残っていればNVRAMが働いていることになります。確認ができたら、以下のようにして消しておきます。

sudo nvram -d hogehoge

手元の3台のマシンで調べたところ、2台はNVRAMを保持してくれていました。hogehogeも残っていました。一方で、1台はNVRAMが消えてしまいました。hogehogeが消えるだけではなく、nvramコマンドが返してくれるキーの数も6個しかありません。

nvram -xp | grep key
<key>EFIBluetoothDelay</key>
<key>LocationServicesEnabled</key>
<key>SystemAudioVolume</key>
<key>SystemAudioVolumeDB</key>
<key>bluetoothActiveControllerInfo</key>
<key>bluetoothInternalControllerInfo</key>

NVRAMが消えてしまうマシンでも、EmuVariableUefi-64.efiを入れておけば、NVRAMが消えなくなります。

2件のコメント

  1. ノート等は輝度やその他設定をNVRAMに保存しているようでEmuVariableUefi-64.efiを入れると
    起動時に設定をリストアしないことがあるみたいです。ノートに入れるのはおすすめできないとフォーラムにありました

    1. ありがとうございます。必須という記載を訂正しました。ノートならNvidia Webドライバを使うこともないので、macOSから読めなくても問題ないですね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

「名前」「メールアドレス」「サイト」は空白でも投稿できますが、日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)