Big SurでAFPファイルサーバ機能が廃止されました

以前から予告があったのですが、Big SurからとうとうAFPファイルサーバ機能が無くなっていました。SMBだけになったようです。AFPサーバへ接続するクライアント機能はBig Surになってもまだ動いていました。

AFP

AFP (Apple Filing Protocol または AppleTalk Filing Protocol) は、ファイル共有機能を実現するプロトコルの一つです。これにより、ネットワーク上のサーバにあるファイルを、手元のハードディスクにあるかのように扱うことが可能になります。元々AppleTalk用に開発されたのですが、TCP/IP上で動くように移植されて、今も使われてます。macOSの新ファイルシステムであるAPFSと紛らわしい名前ですが、別物です。AFPの仲間には、老舗のNFS (Network File System) とか、Windowsでお馴染みのSMB (Server Message Block) があります。

最近のmacOSの「システム環境設定」「共有」では、標準でAFPとSMBのサーバー機能がサポートされていました。なので、面倒な手続き無しでどちらのサーバも設定できました。でも、AppleはどうやらAFPから手を引きたいと考えているようで、しばらく前から「AFPをやめてSMBを使ってください」と言ってました。HFS+に代わってAPFSがmacOSの主流のファイルシステムになっても、AFPサーバではAPFSをサポートしてませんでした。なのでAPFSボリュームは、AFP方式でのファイル共有に使えませんでした。

Catalinaのファイル共有

Catalinaでは、「システム環境設定」「共有」からファイル共有の設定をすると、デフォルトではSMB方式のサーバとして機能するようになってました。AFPファイルサーバの設定も可能でしたが、「オプション…」ボタンを押してからようやく選択できるようになってました。できればAFPは使って欲しくないというメッセージが読み取れる設定画面でした。

Big Surのファイル共有

Big Surになって確認したところ、ファイル共有設定のオプションボタンを押しても、AFPの選択ができなくなってました。選択できるのはSMBだけです。

ちなみに、Big SurになってもAFPクライアント機能は健在です。AFPで立ち上げているファイルサーバに、Big Surから接続することができました。でもこれもそのうち廃止されるのかもしれないですね。

3件のコメント

  1. お疲れさまです。
    BSD系だからNFSはまだクライアントは行けるんかしらねぇ。

    1. mount_nfsというコマンドがまだ健在なので、行けるのではと思います。

      ls /sbin/mount*
      /sbin/mount		/sbin/mount_devfs	/sbin/mount_ntfs
      /sbin/mount_9p		/sbin/mount_exfat	/sbin/mount_smbfs
      /sbin/mount_acfs	/sbin/mount_fdesc	/sbin/mount_tmpfs
      /sbin/mount_afp		/sbin/mount_ftp		/sbin/mount_udf
      /sbin/mount_apfs	/sbin/mount_hfs		/sbin/mount_webdav
      /sbin/mount_cd9660	/sbin/mount_msdos
      /sbin/mount_cddafs	/sbin/mount_nfs
      

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。