Big Sur 11.1にアップデートする

macOS Big Sur 11.1が配布されたので、11.0.1からアップデートしました。アップデートしたのは、Z390マザーボードとZ490マザーボードのマシンです。どちらもOpenCore 0.6.4で起動していて、kext類は最新です。システム環境設定の「ソフトウェア・アップデート」に通知が来ていたので、そのまま「今すぐアップデート」ボタンを押しました。

この後、3.27GBのアップデートファイルがダウンロードされ、再起動します。最初の再起動では、どういうわけか同じ名前の起動ボリュームが見えていました。どちらかがアップデーターのボリューム(従来だとBoot macOS Install from …というような名前でした)で 、どちらかが古いmacOSだと思われます。デフォルトで起動ドライブになっていた左側を選択すると、インストールが進みました。

この後、2回ほど再起動をします。2回目以降の再起動時には、起動ボリュームは1個だけに戻っていました。インストール後、何の問題もなくBig Sur 11.1が起動しました。

特に気づく変更点はありません。ビルドは20C69になってました。

3件のコメント

  1. >インストール後、何の問題もなくBig Sur 11.1が起動しました。
     導入完了後、数日が経過していますが その後も問題なく利用できていますか?

     ”満を持して”の 待望のBig Sur 1.1コードでしたが、ネット上では「やはり 所々 不具合のレポート」が出ているようです。
    – macOS 11 Big Surアップグレード後、特定のUSB to Ethernetアダプタが機能しなくなる不具合
    – macOS Big Sur 11.1へアップグレードしたApple T2チップ搭載のMacで、システム環境設定のロックが解除できなくなる不具合。

    でも、Big Sur 11.2 Public Beta testが始まった今、Apple社も全力をあげて、これら不具合の解決をサポートしてくれると期待しています。
    個人的には、「Proper Tree Command アプリが Big Sur 11.1で動作できず、このBig Sur 11.2 Betaで問題なく稼働できるまで復旧した」のが嬉しい限りです。

     

  2. Big Sur 11.1でProperTree.commandを動かしたら確かに起動しなくなってました。
    調べたらこのページの最後に説明がありました。

    https://github.com/corpnewt/ProperTree

    1. ProperTreeの最新版をダウンロードして、
    2. http://www.python.orgからpython 3.9.1をダウンロードしてインストールして、
    3. ProperTreeのScriptディレクトリからbuildapp-python3.commandを実行して、
    4. ProperTree.appを起動したら

    無事ProperTreeが動きました。ProperTree.commandはダメなようです。
    途中でbrewでpython3をインストールしたのがいけないのかもです。
    ( brew uninstall python3は試しましたが)

  3. ありがとうございます。
    当方もbrew install python3してハマりました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。