Big Sur

macOS 11.0 Big Surに関する情報をメモしておきます。Big Surの話題には、フォーラムの以下のトピックもご利用ください。そちらでいただいた情報もアップデートしていきます。

スケジュール

  • 2020年6月22日、WWDCで発表。Developer Programメンバー向けベータ版を提供開始
  • 2020年7月7日、開発者向けにmacOS Big Sur ベータ 2がリリースされる
  • 2020年7月10日に一般向けベータテスト開始をアナウンス
  • 2020年8月7日、一般向けにPublic Betaを提供開始
  • 2020年秋に無料更新プログラムとして製品版を配信

サポート対象

Big Surは、以下のMacで稼働するそうです。

  • MacBook:2015年モデル以降
  • MacBook Air:2013年モデル以降
  • MacBook Pro:2013年後半モデル(Late 2013)以降
  • Mac mini:2014年モデル以降
  • iMac:2014年モデル以降
  • iMac Pro:全モデル
  • Mac Pro:2013年モデル以降
  • Apple Silicon搭載Mac

CPU世代を見ると、Haswell以降が動作対象のようです。Mojave, Catalinaでギリギリ動作対象だったIvy Bridgeは動作しなくなるのかもしれないです。iMacの2013年後期モデル (iMac Late 2013) はHaswellなのですが、除外されています。理由について色々推測されていますが、WiFiモジュールが古いことに関係があるかもしれません。

Apple Silicon対応

macOS Big Surでは、x64(Intel 64)の命令セットアーキテクチャ(ISA)に加えて、64bit版Arm(いわゆるArmv8-A)のISAをサポートします。そのため、Intel版とArm版の2つのバージョンが用意されているそうです。

Hackintoshで動くのか

以下は、おもにフォーラムで頂いた情報をまとめてあります。時系列(下の情報ほど新しい)です。

OpenCore 0.6.0で動かす

フォーラムでいただいた情報によると、Insanelymacで、OpenCore 0.6.0にて起動したことが投稿されてるようです。

https://www.insanelymac.com/forum/topic/344236-pre-release-macos-big-sur/?do=findComment&comment=2726959

https://monokeith.top/?page_id=11

ちなみにOpenCore 0.6.0は、Kext Updater.appでbootloaderボタンからOpenCore Nightlyを選ぶとダウンロードできます。

OpenCore 0.6.0を使わない方法

こちらもフォーラムでいただいた情報です。OpenCoreを使わない方法だそうです。従来方式のkextを使うための設定かな。
https://forums.macrumors.com/threads/macos-11-big-sur-on-unsupported-macs-thread.2242172/page-35?post=28610988#post-28610988

OpenCore 0.6.0で動かす (H370)

フォーラムで教えていただいた情報です。EFIも配布されています。

Clover 5119で動かす

これもMフォーラムで教えていただいた情報です。CloverのModを使ったBig Sur起動法です。

Windows上のVirtualBoxで動かす

VMwareで動かす

これもフォーラムで教えていただきました。

英語のサイトにDirect Link to .dmg (no login required)のリンクがあるそうです。

USBインストーラを作る

MaLd0nさんのBig SurのUSBインストーラーをこしらえる方法と注意点が詳しく書かれていることをフォーラムで教えていただきました。

入れてみました