Cloverから季節のご挨拶

(更新:2017.1.2 新年の起動画面を追加)

f:id:siroanko:20171227094223p:plain

クリスマスになってCloverの起動画面がクリスマス仕様になりました。最初にこれを見た年はびっくりしたので、今年からHackintosh始めた人は新鮮だったのではないでしょうか。 ちなみに、新年になったら今度はしばらくの間、新年仕様に変わるはずです。旧漢字TalkとかMac OSでは新年になると「あけましておめでとうございます」表示が起動画面に出てました。Macintoshはそういうのを楽しむ文化なんですね。

とはいえ、複数の設定切り替えを、テーマの切り替えで確認していた人には、全部がクリスマス/新年になってしまうので厄介です。年末年始はHackしないでゆっくり休みなさいという意味かもしれませんが。また、もしかしたらクリスチャンじゃ無いからクリスマスは要らないという人もいるかもしれません。この機能を消して、通常の、設定済み起動画面に戻すのは簡単です。

ご挨拶の消し方

起動画面を定義するCloverの設定フォルダであるthemesにchristmasもしくはnewyearという名前のフォルダが入っているかと思います。これらはCloverのインストーラがデフォルトでインストールしますので、大抵はあるはずです。バニラなインストールでCloverをESPに入れてあるなら、christmasやnewyearは、EFI/CLOVER/themes/の中にあります。これらの名前のフォルダがあると、年末年始に自動的に切り替わります。そこでフォルダ名を別の名前に変更する(例えばchristmasをchristmas2などに変える)と、「季節のご挨拶」機能は効かなくなります。

新年のご挨拶

f:id:siroanko:20180102210747p:plain

新年になりました。Cloverの起動画面も新年バージョンになりました。今年もよろしくお願いします。本物のMacで新年が祝われなくなってしまって、祝ってもらえるのはいまやHackintoshだけというのが面白いですね。以前から疑問なのですが、クリスマスツリーのような門松飾りのようなイラストは何なのでしょうか。Clover開発チームの居るロシアでの新年モニュメントなのかもしれないです。ご存知の方いらしたらよろしく。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

「名前」「メールアドレス」「サイト」は空白でも投稿できますが、日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)