Apple Watchでログイン

以下で、Hackintosh向けのWiFi / Bluetoothアダプタについて紹介しました。

実機で使われているBroadcom社のチップセット、

  • BCM94360CD (2013年採用)
  • BCM943602CS (2015年採用)

を搭載したアダプタがお勧めです。これらを使うと、Hackintoshに取り付けるだけで、何の設定もせずにそのまま動いて、本物のMacintoshと同じくContinuity連携ができます。

今回は、Apple WatchでMacのロックを解除する機能をHackintoshで試してみます。使ったHackintoshにはBCM94360CDを使用した無線アダプタを搭載しています。このHackintoshと、Apple WatchをペアリングしたiPhoneとのContinuityが確立されている状態で、「システム環境設定」「セキュリティとプライバシー」「一般」を開くと、「Apple WatchでこのMacのロックを解除できるようにする」という項目が選択できるようになっています。これにチェックを入れれば準備完了です。

この設定を行い、Apple Watchを装着していると、いつものログイン画面に、「Apple Watchでロック解除中…」の表示が出ます。これでパスワード入力を省略してMacにログインできます。

Apple Watchを手首に着けていなかったり、Bluetooth圏外(3m程度)だったり、Apple Watchがロックされていたりすると使えません。なので万一放置したApple Watchを他人に使われても、解除される心配はありません。また、Apple WatchとペアリングしているiPhoneがその場に無くても、その電源がoffになっていても自動解除が機能します。Apple WatchとのBluetooth通信だけで解除機能が完結しているようです。

2件のコメント

  1. Continuityは機能するけど、「AppleWatchでロック解除」の項目がマシンによっては表示されていなかったため、少し調べてみました。
    結論としては搭載されているWiFiモジュールの影響でした。

    OOBで動作するBCM943602CSであれば問題はないのですが、
    安価で売られているBCM94352Zなど、BrcmPatchRAMあたりが必要なものは、最新のAirportBrcmFixup.kext も必要なようです。
    場合によっては “PXSX” を “ARPT”とリネームせよ、と書かれていました。

    MBのWIFIスロットによっては、BCM94352Zのような小型じゃないと入らないケースもあるので、
    お困りの方はご参考まで。

    1. AppleWatchロック解除の新情報ありがとうございます。OOBで全てが動く純正無線モジュールを選ぶか、工夫の必要がある非純正のBroadcomモジュールを選ぶか、いろんな要因で判断する必要がありますね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

「名前」「メールアドレス」「サイト」は空白でも投稿できますが、日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)