CatalinaのためのGPUの選び方

CatalinaのためにどのGPUを選んだら良いかという記事がありました。結論は、RX 460 / 560 / 470 / 570 / 480 / 580 / 590, RX Vega 56 / 64 / VII が良いとのことです。Mojaveとあまり変わらないのですが、いろいろ興味深い説明がありましたので、簡単に紹介します。


(ここから抄訳)

NvidiaとWebDriverの現状

WebDriverが使えなくなった状況のままMojaveからCatalinaに移行しそうです。おそらくはこのあと、MojaveでもCatalinaでもWebDriverはサポートされないと思われます。ただしKeplerベースのGPUを使っているユーザは引き続きmacOSネイティブのドライバが利用できます。

なぜWhateverGreenが必要なのか?

macOSがネイティブにサポートするグラフィックスカードなのに、なぜWhateverGreenとLiluを使う必要があるのでしょうか?その理由は、PCとMacの内部配線が異なるため、Hackintoshでうまく機能しないためです。これを回避するために、デバイスの名前変更、フレームバッファ接続、オーディオコネクタのパッチ適用、ACPIを介したaty_config、cail_propertiesの変更などが必要です。WhateverGreenとLiluがこれらの作業を行ってくれます。内部構造に詳しい人達によってWhateverGreenは開発され、必要に応じてアップデートされていますので、これを使用しない理由はありません。以下の推奨カード、iGPUのすべてでWhateverGreenとLiluを使ってください。

そのほかに知っておくべきこと

  • macOSはSLI、Crossfire、複数コアGPU (Radeon Pro Duo)のいずれもサポートしていません
  • HDMI / DisplayPortを介して音声出力するには、AppleALC.kextとその他のIO-REG編集が必要になる場合があります
  • GPUオーバークロックができるのはVega 10 GPUだけです(PyVegaというツールが必要)
  • サポートされているGPUとサポートしていないGPUを併用するとスリープやその他の機能が中断される問題があります。詳細については、GPUを無効化するためのガイドを参照してください。

動くAMD GPU

Vega 20シリーズ

MojaveからVega 20シリーズのGPUがネイティブにサポートされています。すなわち

  • Radeon VII

が動きます。

Vega 10シリーズ

High SierraからVega 10シリーズのGPUがネイティブにサポートされています。すなわち

  • Vega 56
  • Vega 64
  • Vega 64 Liquid
  • Vega Frontier Edition
  • Radeon Pro WX 9100
  • Radeon Pro WX 7100

が動きます。Vega 10で避けるべきGPUブランドはXFXとSapphireです。ビデオBIOSとmacOSの互換性に問題があるようです。

Radeon 400/500 シリーズ (Polaris)

PolarisはmacOSによりネイティブにサポートされています。以下のシリーズです。ローエンドのRX550はPolarisではなくLexaコアなのでmacOSでサポートされていません。Polarisシリーズで避けるべきGPUブランドはXFXとASRockです。これもビデオBIOSとmacOSの相性に問題があります。解決できたという報告もありますが駄目なこともあるようです。避けたほうが無難です。

  • RX 460/560/X
  • RX 470/570/X
  • RX 470D
  • RX 480/580/X
  • RX 590
  • WX 2100
  • WX 3100
  • WX 4100
  • WX 5100

GCN 3 以前のカード

GCN 3以前のカードは、CatalinaでMetalをサポートすると思われますが、一部のカードは動かない可能性もあります。おそらくHD 7XXXシリーズ以降のGPUはMetal互換ですが、Catalinaでの動作確認はされていません。

Radeon R9 3xx (Fiji)

FijiもCatalinaでサポートされるとは思われます。しかし報告がありませんのでR5およびR7カードの成功を保証することはできません。また、リファレンスデザインと違うカードでは、macOSで動かすために多くの作業を必要とする場合があります。という条件のもとで、サポートされているカードは以下です。

  • R7 240
  • R7 250
  • R9 260/360
  • R7 260x/360x
  • R7 265
  • R7 270/370
  • R9 270X/370X
  • R9 280/380
  • R9 280x/380x
  • R9 290/390(FakeID が必要)
  • R9 290X/390X
  • R9 390(FakeID が必要)
  • R9 Nano
  • R9 Fury
  • R9 Fury X

動かないAMD GPU

Navi 10 シリーズ (RX 5000)

macOSにはNavi用ドライバがありません。このカードが入っているとスリープなどの機能に支障をきたします。その場合は、サポートされていないGPUを無効化にするためのガイドを参照してください。以下のカードはサポートされていません

  • RX 5700
  • RX 5700 XT
  • RX 5700 XT 50th Anniversary Edition

Lexa シリーズ (RX 400/500)

Polaris GPUに似た型番ですが、全然異なり、どのバージョンのmacOSもサポートしていません。これもスリープ機能などで問題を引き起こしますので、併用する場合は、サポートされていないGPUを無効化にするためのガイドを参照してください。以下のカードはサポートされていません

  • RX 540/X
  • RX 550/X

動くNvidia GPU

Kepler シリーズ (GTX 6xx, 7xx)

KeplerシリーズはCatalinaで動作する唯一の100%ネイティブのNvidiaカードです。このうちGTX 650Ti、660、660tiで問題が報告されていますが、これはmacOSがGK106コアをサポートしていないことが原因です。もう一つの注意点は、初期の製品には、FermiコアなのにKeplerコアと紛らわしい型番のローエンド製品があることです。また後期の製品のうち、GTX 745、750、750tiはKeplerではなく次世代のMaxwellですので注意が必要です。

訳注こちらのページを見ると、どの製品がどのアーキテクチャなのかわかります。コア名がGFなのがFermi, GKなのがKepler, GMなのがMaxwellです。GKの製品を選べば良いです。 )

動作するカードは以下です。

  • GTX Titan (GK 110 Maxwell core)
  • GTX Titan Black (GK 110 Maxwell core)
  • GTX Titan Z (One of the few dual GPU cards supported in MacOs)
  • GTX 780/Ti
  • GTX 770
  • GTX 760/Ti
  • GT 740
  • GT 730(GK208 variant)
  • GT 720
  • GT 710
  • GTX Titan (GK 110 Maxwell core)
  • GTX Titan Black(GK 110 Maxwell core)
  • GTX Titan Z (One of the few dual GPU cards supported in MacOs, unfortunately was never truly utilized)
  • GTX 690(Another dual GPU card compatible with macOS)
  • GTX 680
  • GTX 670
  • GTX 660Ti
  • GTX 660(MUST BE RUNNING A GK 104 core, NOT GK 106)
  • GTX 650(GK 107 core)
  • GT 640(Kepler edition, GK 107/208 core)
  • GT 630(Kepler edition, GK 107/208 core)
  • Quadro 410
  • Quadro K420
  • Quadro K600
  • Quadro K2000/D
  • Quadro K4000/D
  • Quadro K4200
  • Quadro K5000
  • Quadro K5200
  • Quadro K6000

動かない nVidia GPU

Turing シリーズ (GTX 20xx, 16xx)

以下のカードはどのmacOSでも動きません

  • Titan RTX
  • RTX 2080/Ti
  • RTX 2070
  • RTX 2060
  • GTX 1660/Ti
  • GTX 1650/Ti
  • Quadro RTX 4000
  • Quadro RTX 5000
  • Quadro RTX 6000
  • Quadro RTX 8000

Volta シリーズ

以下のカードもどのmacOSでも動きません

  • Titan V
  • Titan V CEO Edition
  • Quadro GV100

Pascal Series (GTX 10xx)

PascalとMaxwellのサポート状況についてはみなさんご存知と思いますが、簡単に繰り返します。MojaveとCatalinaではサポートされていませんが、High Sierra 10.13.6以前ならばNvidiaのWebDriverとWhateverGreenの組み合わせで動きます。この条件で動くカードは以下です。

  • GTX Titan X(GP 102-400 Pascal core)
  • GTX Titan Xp(GP 102-450 Pascal core)
  • GTX 1080/Ti
  • GTX 1070/Ti
  • GTX 1060
  • GTX 1050/Ti
  • GT 1030
  • Quadro P400
  • Quadro P600
  • Quadro P620
  • Quadro P1000
  • Quadro P2000
  • Quadro P4000
  • Quadro P5000
  • Quadro P6000
  • Quadro GP100

Maxwell シリーズ (GTX 9xx, 745, 750 とその ti版)

GTXでは900番台がMaxwellです。ただ、GTX 745, 750, および750tiは型番が紛らわしいですがMaxwellベースです。MaxwellシリーズもPascalと同じ状況です。つまり、以下のカードは、High Sierra 10.13.6以前ならばNvidiaのWebDriverとWhateverGreenの組み合わせで動きます。

  • GTX Titan X(GM 200 Maxwell core)
  • GTX 980/ti
  • GTX 970
  • GTX 960
  • GTX 950
  • GTX 750/ti
  • GTX 745
  • Quadro K620
  • Quadro K1200
  • Quadro K220
  • Quadro M2000
  • Quadro M4000
  • Quadro M5000
  • Quadro M6000
  • NVS 510

Intel CPU 内蔵 GPU

iGPUを動かすために、FrameBufferパッチを適用する必要があります。また、Pentium、Celeron、Atom CPUに存在するiGPUは、ネイティブにサポートされたことがなく、かなりの作業が必要になるため、除外します。

Westmere i3/5/7-xxx

単にHD Graphicsと呼ばれていたiGPUです。High Sierra 10.13.6までのmacOSで動きます。残念ながらMojaveではサポートされなくなりました。古いkextを使って無理やり動かすことは可能です。

Sandy Bridge i3/5/7-2XXX

HD 2000, HD 3000です。これもHigh Sierra 10.13.6までのmacOSで動きます。残念ながらMojaveではサポートされなくなりました。古いkextを使って無理やり動かすことは可能です。

Ivy Bridge i3/5/7-3XXX

HD 4000に関しては、Catalinaで完全にネイティブに動きます。一方、HD 2500に関しては、Mojaveで一部分しかサポートされず、Quick Sync機能がサポートされていません。

Haswell i3/5/7-4XXX

以下のiGPUです。ほとんどがCatalinaでネイティブに動きます。ただHD4400だけは、DeviceID改変 + FakePCIID.kext + FakePCIID_HDGraphics.kextが必要か、もしくは、APCIパッチが必要です。

  • HD 4200
  • HD 4400(FakeID が必要)
  • HD 4600
  • HD 5000
  • HD 5100
  • HD P4600(動くはず)
  • HD P4700(動くはず)

Broadwell以降のiGPU

以下のiGPUです。すべての動作報告が得られているわけではありませんが、Catalinaで使えると考えられます。

  • HD 5300
  • HD 5500
  • HD 5600
  • HD 6000
  • HD 6100
  • HD 6200
  • HD P5700(動くはず)
  • Iris Pro P6300

Skylake i3/5/7-6XXX

以下のiGPUです。すべての動作報告が得られているわけではありませんが、Catalinaで使えると考えられます。

  • HD 510
  • HD 515
  • HD 520
  • HD 530
  • HD P530
  • Iris 540
  • Iris 550
  • Iris Pro 580
  • Iris Pro P555
  • Iris Pro P580

Kabylake i3/5/7-7XXX

以下のiGPUです。すべての動作報告が得られているわけではありませんが、Catalinaで使えると考えられます。ただし、Pentium G4560に搭載されているHD 610は動きません。

  • HD 615
  • HD 620
  • HD 630
  • Iris Plus 640
  • Iris Plus 650

Kabylake refresh/ Coffeelake i3/5/7-8XXX/9XXX

以下のiGPUです。すべての動作報告が得られているわけではありませんが、Catalinaで使えると考えられます。ただし、i3 8100と8350Kはそれ以外のCPUとは違うUHD 630を使用しています。

訳注:対応方法はこちらをご覧ください。)

  • UHD 610
  • UHD 620
  • UHD 630
  • Iris Plus 655

早い話、何を買ったら良いの?

現時点でお勧めできるカードはAMDのPolaris(Rx 4xx, 5xx) 以降だけです。AMDのGCN 3以前とNvidiaのKeplerのような古いカードも動きますが、いつサポートを打ち切られるかわかりません。なので以下がお勧めカードです。リファレンスカードが一般的に安全です。XFXは避けたほうが良いです。

  • RX 460/560
  • RX 470/570
  • RX 480/580
  • RX 590
  • RX Vega 56
  • RX Vega 64
  • Radeon VII

(抄訳おわり)


Redditの反応

この元記事に関してredditでいくつかコメントがありました。

VegaではXFXとSapphireを避けるべき?

これに対するコメントは以下のようでした。

  • SapphireブランドのVega 56を使っているが問題は無い
  • XFXブランドのVegaは明らかに避けた方が良い
  • SapphireブランドのVegaは快調に使えている報告もあるがトラブっている報告もある。トラブルは厄介で解決したという報告は稀。
  • Vegaを買うならMSIかASUSが良い。Gigabyteも良さそうだけどあまり出回っていないためか2件しか動作報告が無い。

Radeon VIIのブランド毎の違いはある?

これに対するコメントによると、「Redeon VIIは全てAMDが作っているリファレンスカードで、VBIOSのソースコードも提供されていない。そのためどのブランドのカードも同じもの」なのだそうです。

7件のコメント

  1. いつも愛読しております。Hacintoshユーザーの切り口で、時の話題をスパッと丁寧に説明していただき感謝致します。さて、当該テーマはいずれのMojave ユーザーにとって最大関心事でもあり、タイムリーな記事です。
     Mojaveユーザーの一人として、i7-6700Kという老馬にRX570 GPUを載せて、鞭打って使用していますが、来たるCATALINAの世界に入り込むためには、「今の中流GPUパーツと27型ディスプレー単体」では、物足りなさを感じています。
    o 一時的には、Radeon VIIボードの購入を検討しましたが コイル鳴きの事象と電気大食いで諦めた。
    o今は、一回り型落ちの中古VEGA 64ボード (iMac Pro 2018 に搭載されている)に深い関心あり。
     でも、購入時期は、新製品(RX5700 XT)の発表後のさらなる値下げをトリガーにしたい。

    1. VIIが出た影響なのかVega 64が安くなっていますね。

      1. MSIのVega 64がAmazonで39,810円だったのが45,800円に値上がりしてしまってますね。それでも一昔前よりは安いけど。

    2. Vega64の消費電力もピーク290W以上ですからそうなるとVega 56かなと考えてます。Radeon系は消費電力が大きい割に性能上がらないですね。

      1. ここの記事のグラフ27を見ると、アイドル時の消費電力なら56と64で同じようです。1070と比べても1割程度しか違わないようです。Hackintoshしか動かさないならほとんどアイドル状態なので(だったら高性能なグラボなど要らないのではというツッコミはおいといて🙂)64の方が気分が良いかなと思います。Amazonでは310円しか価格差が無いですし。

        https://www.4gamer.net/games/337/G033714/20170817107/

    3. ちょうどタイムリーな話題を簡潔にまとめていただいて感謝いたします!海外サイトでもここまでまとめられているのはなかなか見当たらないので大変助かります。

      先日、Vega 64 から Radeon VII に乗り換えました。
      一通りベンチやらを走らせてみた感じだと、性能2〜3割増、負荷時温度10度減といった感じです。

      私の場合は、Windowsで3Dアプリを扱う関係で買い替えましたが、
      中古相場で倍ほど違うので用途によりけりといったところでしょうか。

      Vega 64の発熱はバラしてグリスを塗り替えたにも関わらず、高負荷時90度くらいになります。
      ただ、固まることなく快調に動いてましたので、そんなもんなんだろうと思いながら使ってましたが。。。

      あと、Vega 64の時は、WhateverGreenなしでも起動しましたが、Radeon VIIだとWhateverGreenが無いと起動しませんでしたので書かれているように入れといた方がいいみたいですね。

      1. ↑のVega 64はリテールLimitedのファン1つのモデルです。

        簡易水冷やファン3つとかのモデルだとまた違うとおもいます。
        ただ、ダイが一体になったやつと高低差があるのがあるようなので、購入される場合はよく調べた方がよろしいかと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

「名前」「メールアドレス」「サイト」は空白でも投稿できますが、日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)