マザーボード設定

f:id:siroanko:20170910221614p:plain

今回は、Hackintoshのためのマザーボードの設定について。Windowsなら適当に設定しても、大きな問題は起きないと思います。でもmacOSをインストールする場合には、間違えると起動しないという重要設定項目が少しだけあります。

  • 最初は工場出荷状態:大体は工場出荷状態で良いです。デフォルトにまずは設定します。最近のマザーボードは、以下の項目が大体デフォルトで設定されています。なので工場出荷時状態にするだけでmacOSが起動することが多いです。
  • SATAのモードはAHCIモード:最近は、AHCIモードがデフォルトだと思います。AHCIじゃ無いとデータが読めなくて起動しません。
  • HEPTはEnable。もしくは設定する項目があれば64bitモードに。
  • シリアルとパラレルI/OはDisable:macOS 10.11以前ではシリアルとパラレルのI/Oが有効だとカーネルパニックを起こして起動しないことがあります。そこで無効にします。10.12以降では有効でも起動します。でも、これらを使わないなら無効にした方が安全で効率的だと思います。
  • USBのXHCI Hand-offはEnable
  • Windows関連の機能は全部Disable:デフォルトもDisableだと思いますが全部Disableにしておきます。Fast BootなどもDisable
  • CPUのIntel VT-D TechはDisable:これもEnableになっていると起動しません。ちなみにIntel Virtualization TechはEnableでも良いです。Enableになっていないと仮想マシンが動きません。

tonymacx86にはメーカーごとに設定の案内があります。ちょっと古い記事ですし、上で述べたように最近はデフォルトでほとんどokなのですが、起動しないなどのトラブルがある場合にはチェックすると良いです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

「名前」「メールアドレス」「サイト」は空白でも投稿できますが、日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)