BIG SUR 11.5.2にアップデートする

macOS Big Sur 11.5.2が配布されたので11.5.1からアップデートしました。通常の方法で、問題なくアップデートできました。アップデートしたのは、Z390とZ590マザーボードのマシンです。OpenCore 0.7.2で起動していて、kext類は最新です。11.5.2が配布されたのは、8月11日(PST)です。

更新内容は、簡単に「Macのバグ修正が含まれている」と説明されてます。

iMac20,1に設定してあるZ590マシンでは、11.5.1のシステム環境設定の「ソフトウェア・アップデート」に、11.5.2のアップデートがあらわれていました。そこから「今すぐインストール」ボタンを押してアップデートしました。そこ結果、2.54GBのアップデートファイルがダウンロードされ、3回再起動しました。再起動はデフォルトで選択されているボリュームのまま進めて大丈夫で、操作不要でした。放置しておいたら、何の問題もなくBig Sur 11.5.2が起動しました。ビルドは20G95になってました。

iMac19,1に設定してあるZ390マシンには、システム環境設定には11.5.2のアップデートが現れていませんでした。11.5.1の時と同様で、Monterey betaを受け取るためにApple Beta Software Programに登録してある影響と思われます。今回も、App StoreからBig Surを選択したところ、11.5.2へのアップデートが来ました。この場合、フルサイズのOSがダウンロードされるようで、サイズが12.44GBありました。

3件のコメント

  1. >Apple Beta Software Programに登録してある影響と思われます
    Terminalでseedutilでcurrentて叩いたら、たぶんお館さまは実直に無料のPublic Betaでしょうから?PublicSeedってなってるんですかね?

    sudo /System/Library/PrivateFrameworks/Seeding.framework/Resources/seedutil current
    私んとこのなんも参加してない検体ではenrolled in: (null)って出ますから。。。

    SoftwareUpdateのGUIはこんな感じでApple Beta Softwareって出てるかもですね。。。https://i2.wp.com/mrmacintosh.com/wp-content/uploads/2020/08/bigsurbeta2020imac.png?w=960&ssl=1

    https://mrmacintosh.com/big-sur-beta-not-showing-up-in-software-update-troubleshooting/

    1. はい、以下のような表示が出ました。

      Currently enrolled in: PublicSeed

      1. あぁ〜やっぱそうですよねぇ。

        一時的にでもunenrollで空にするか、SoftwareUpdateのGUIんとこで、元に戻すようなことしたら、いきなりアップデートが来たっぽい挙動をしたことが記憶にあるので、Update終わったらまたenroll PublicSeedを叩いてっていうこともできるかもと思いますた。。。w

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。