SATA接続HDD/SSDのホットプラグ

5.25インチベイに取り付ける取り外し可能なHDDケース

今のMacintosh製品には5.25インチベイが無いです。最近の自作PCケースも、5.25インチベイの無い製品が増えていますが、あれば色々便利です。中でも、簡単に5.25/2.5インチドライブを取り付け・取り外しできるリムーバブルディスクケースは便利だと思います。自作していれば、小容量の古いHDD/SSDが余ってしまいがちです。それが簡単に取り付けられるリームバブルケースがあれば、大容量のデータを高速にコピーして持ち運ぶとか、新しいバージョンのOSを実験的にインストールするとか、いろいろな場面で便利に使えます。

市販の製品

5.25インチベイ自体が廃れ始めているので、製品もひところに比べたら少ないですが、いくつかあるようです。5.25インチと2.5インチの両方が入る製品が多いようです。隙間にUSBコネクタを装備している製品とか、光学ドライブも入れられる製品もあります。ちなみに、大は小を兼ねるので、5.25インチが一台だけしか入らないケースも、工夫すれば2.5インチもなんとかなります。

HDD/SSDのSATAコネクタは、なんども抜き差しする前提で設計されていないので、壊れやすいと言われています。ちゃんとしたサーバで使うホットプラグケースでは、強度の高いコネクタ付きトレイを用意してHDDをネジ止めする構造になっています。でも、素人がちょっとした実験で抜き差しするくらいなら、全然問題ありません。ねじ止めしなくても取り付けられるケースが楽です。

ホットプラグ

これらの製品は、ホットプラグ対応を謳っています。電源を入れたまま、HDD/SSDを抜き差しできるという意味です。ただし、これは電気的に問題を起こさないという意味であって、マウントしたままいきなり取り外すと当然ですがデータが損傷する可能性があります。非マウント状態にしてから抜き差しする必要があります。

High Sierraになって以下のホットプラグがうまく動かなくなりました。私の環境だけなのかもしれません。もう少し様子を見てみます。

macOSでは、通常のドライブは銀色のアイコンで表示される一方、USBドライブなどの取り外し可能なドライブはオレンジ色のアイコンで表示されることになっています。取り外し可能なドライイブアイコンの隣には、イジェクトアイコンが表示されていて、これを押すとアンマウントされます。

USB接続のドライブと違い、リムーバブルケースからマザーボードへは内蔵ドライブと同じSATAケーブルで接続します。リムーバブルケースに入れるHDD/SSはホットスプラグが前提ですので、これもオレンジ色に表示されて欲しいところです。しかし、マザーボードから見たら、SATAコネクタが内部のHDDに接続されているか、もしくはリムーバブルHDDケースに接続されているのかの区別はつきません。

そこで適当に決めてしまう場合があります。例えば、いくつかのマザーボードでは、インテルのチップセットに接続されたものを内部ドライブにしています。そして、インテルチップセットでは足りないところを補う、追加のSATAチップに接続されたものをリムーバルとしています。一方、全てをホットプラグ対象とみなすマザーボードも中にはあります。こうした割り当てで、内蔵ドライブがオレンジ色のアイコンになってしまうことがあります。それが嫌な人のために、 AHCI_3rdParty_eSATA.kext や AHCI_Intel_Generic_SATA.kext といったkextが用意されています。これらのkextの主な目的は、オレンジ色のアイコンを銀色に戻すことです。

UEFI設定画面で正しい設定が行えるマザーボードもあります。上はMSIのマザーボードの例です。この機能で、それぞれのSATAコネクタに接続されているドライブが、固定ドライブなのか、ホットプラグさせるドライブなのかを設定します。これが一番理想的ですね。この方式ならば、オレンジアイコンの割り当てを正しく行うことができます。

なお銀色アイコンでも、ゴミ箱方向へドラッグ&ドロップすればアンマウントできます。また、ディスクユーティリティを使ってもアンマウントできます。ターミナルから、diskutil unmount /dev/disk… としてもアンマウントできます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

「名前」「メールアドレス」「サイト」は空白でも投稿できますが、日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)