Mojaveで消えたkext、増えたkext

f:id:siroanko:20180718125949p:plain

 High SierraとMojaveで/System/Library/Extentions (/S/L/E) の中に含まれるkext類がどう違うのか、調べてみました。

High Sierra 10.13.6をクリーンインストールして、MojaveのPublic Beta 1と比較しました。/S/L/Eの内容をlsしてdiffで比較しました。High Sierra, Mojaveの順にdiff引数を指定したので、行頭に<がついているのがHigh Sierraにのみ存在するkext、行頭に>がついているのがMojaveにのみ存在するkextになります。

消えたkext

High SierraにあったけどMojaveでは消えてしまったkexta(アルファベット順)は、以下です。

$ diff HighSierra.text Mojave.text | grep "<"
< AMD2400Controller.kext
< AMD2600Controller.kext
< AMD3800Controller.kext
< AMD4600Controller.kext
< AMD4800Controller.kext
< AMD5000Controller.kext
< AMD6000Controller.kext
< AMDLegacyFramebuffer.kext
< AMDLegacySupport.kext
< AMDRadeonX3000.kext
< AMDRadeonX3000GLDriver.bundle
< ATIRadeonX2000.kext
< ATIRadeonX2000GA.plugin
< ATIRadeonX2000GLDriver.bundle
< ATIRadeonX2000VADriver.bundle
< AppleIntelHD3000Graphics.kext
< AppleIntelHD3000GraphicsGA.plugin
< AppleIntelHD3000GraphicsGLDriver.bundle
< AppleIntelHD3000GraphicsVADriver.bundle
< AppleIntelHDGraphics.kext
< AppleIntelHDGraphicsFB.kext
< AppleIntelHDGraphicsGA.plugin
< AppleIntelHDGraphicsGLDriver.bundle
< AppleIntelHDGraphicsVADriver.bundle
< AppleIntelSNBGraphicsFB.kext
< AppleIntelSNBVA.bundle
< AppleTyMCEDriver.kext
< GeForceGA.bundle
< GeForceTesla.kext
< GeForceTeslaGLDriver.bundle
< GeForceTeslaVADriver.bundle
< NVDANV50HalTesla.kext
< NVDAResmanTesla.kext

最初の方を見ると、AMDの古いドライバがいくつか削除されたようです。Metalに対応していないグラフィックスカードのドライバと思われます。2400, 2600は2007-2008年代のiMacに搭載されたグラフィックスだと思われます。4600, 4800, 5000, 6000は、おそらくiMacや昔のタワー型Mac Proに搭載されたHD 4000/5000/6000シリーズに対応するドライバだと思われます。ただAMDRadeonX4000,5000,6000.kextはMojaveにも存在しているので、HD 4000/5000/6000シリーズはまだ使えるのかもしれません。

タワー型Mac ProにはPCIeスロットがありますが、Mac用のBIOSを搭載したカードでない場合には、起動時の表示が出ません。なので古いMac Proユーザはいまだに古いカードを使っていることも多いのですが、Mojaveでは使えなくなったようです。Hackintoshしている人がこのような古いAMDカードを使っていることは稀だと思いますので、影響は少ないと思われます。

次に、Intel HD Graphics 3000シリーズのドライバと思われるApple Intel HD3000 Graphicsで始まるkext類が削除されています。3000の前には、無印のIntel HD Graphicsという規格がありましたが、Mac製品には搭載されていません。なので、AppleIntelHDGraphicsで始まるkext類も同じく3000シリーズのものと思われます。また、AppleIntelSNBGraphicsで始まるkext類は、検索してみたら、SNBがSaNdy Bridgeの略だそうで、これも3000シリーズのものです。3000シリーズがMetal対応から外されたので、Sandy Bridgeを使っているHackintoshは、PCIeグラフィックスカードを利用するか、CPU/マザーボードアップグレードを検討すべきでしょう。

また、GeForceで始まるkext類も一部削除されています。Mojave対応機種がiMacではLate 2012だそうです。グラフィックスチップは、GT 640M, 650M, 660M, 675MX, 680MXのあたりなら対応しているようです。それ以前のGeForceのドライバが外されたのかもしれません。

グラフィックスドライバ以外では、AppleTyMCEDriver.kextが外されています。検索して見ると、これは ECCメモリに関連する何かのようです。

登場したkext

HighSierraには無くて、Mojaveで新しく登場したkextは以下の5個でした。よくわかりません、すみません。

$ diff HighSierra.text Mojave.text | grep ">"
> AMDRadeonX6000HWServices.kext
> AppleUSBCHCOM.kext
> AppleUSBPLCOM.kext
> AppleUSBRealtek8153Patcher.kext
> CoreTrust.kext

ちなみにReltek 8153というのはUSB 3.0 – ギガビットEthernetのチップのようです。こんな製品で使われているようです。Appleブランドにはこのようなアダプタが無いので謎です。

/L/Eに置かれたkext

/Library/Extentionsに置かれたkextに変更はありませんでした。

ちなみに以下のkextが/L/Eに置かれています。CalDigitというのはThunderbolt接続周辺機器を作っている会社のようです。HighPointはRocketなんとかシリーズでPCIeスロット搭載RAIDアダプタなどを作っていますね。ATTOはネットワークカードなどを作っていて、Celerityは光ファイバーカードのようです。

ACS6x.kext
ATTOCelerityFC8.kext
ATTOExpressSASHBA2.kext
ATTOExpressSASRAID2.kext
ArcMSR.kext
CalDigitHDProDrv.kext
HighPointIOP.kext
HighPointRR.kext
PromiseSTEX.kext
SoftRAID.kext

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)