SAPPHIRE PULSE RADEON RX 580 8G 再発売

一時期市場から姿を消したSAPPHIRE PULSE RADEON RX 580が、今年の3月から再販売されてていますApple純正のeGPU開発キットに搭載されている製品でmacOSとの互換性が高いです。

eGPU開発キット

ほぼ2年前のWWDC 2017でeGPUボックスの公式サポートが発表されました。一般的なPCIeグラフィックスカードをThunderbolt経由でMacに接続する外付けボックスです。そしてeGPUボックスを使ったアプリケーション開発のために、AMD Radeon RX 580を内蔵した開発者向けキット「External Graphics Development Kit」が発売されました。ただ、現在は品切れのようです。このキットに内蔵されているRX 580カードがSAPPHIRE PULSE RADEON RX 580です。

PULSEとNITRO+

SAPPHIRE社のRX 580製品にはPULSEとNITRO+があります。NITRO+は「品質と安定性に優れた」上位モデルで、PULSEはコスパ重視の下位モデルです。PULSEのブーストクロックは1,366MHzなのに対して、NITRO+は1,411MHzとよりオーバークロックされています。NITRO+の方が放熱モジュールも大きく、カードの高さ、長さ、幅が大きいです。PULSEはPCIe 2スロットで収まりますが、NITRO+は2.5スロットくらい占有します。PULSEもNITRO+も国内ではどちらも2017年4月に発売されました。

しかしその後しばらくして、PULSEは店頭や販売サイトから姿を消して、NITRO+しか手に入らなくなりました。長らくそんな状態が続いていたのですが、今年の3月からPULSEが再発売されたようです。よく比べると型番の末尾が一文字だけ違いますが、仕様は同じです。おそらくは品切れに対応して、再度生産したのかと思われます。

PULSEのmacOS互換性

とにかく安いグラフィックスカードが欲しいとか、逆に高くて良いから最高性能が欲しいなどの強い要望がなければ、SAPPHIRE PULSE RADEON RX 580は良い選択だと思います。

上で述べたようにAppleが配布している開発キットのカードと同じなので、互換性が高いと考えられるからです。実際に、開発キットが出たばかりの初期の10.13.3では、PULSEだけが「このMacについて」に正しく名称表示されました。もっともこれは、単に表示だけの問題ですし、10.13.4以降では他の製品も正しく表示されています。なので他のカードを選んでも互換性の問題は全くありませんが、それでも、どれでもよければPULSEが良いと思います。開発者に出回っているカードなので、将来にわたって不具合が発生しにくいと考えられるからです。

PULSEは、販売サイトでも再登場しています。元々が普及価格帯モデルでしたので、マイニングブームの頃に比べたら手頃な価格になってます。


(広告) AmazonでPULSE RX 580
(広告) 楽天市場でPULSE RX 580
(広告) Yahoo!ショッピングでPULSE RX 580

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

「名前」「メールアドレス」「サイト」は空白でも投稿できますが、日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)