Macに搭載されたCPU

macOSをMac以外のマシンで動かすことは想定されていません。なのでmacOSが公式に対応するCPUは、Macに搭載されたCPUだけです。この記事ではMac搭載CPUを列挙しました。Hackintoshを作る際のCPU選びの参考にしてください。

実機のCPUとiGPU

macOSはMacのために開発されていますので、正式に対応しているCPUはMac搭載CPUだけと言えます。実際には、Mac搭載CPUに近い仕様のCPUならばmacOSは問題なく動きますが、それはたまたま動いていると考えるべきかと思います。macOS開発陣は、そのCPUでの動作チェックをしていないと思います。HackintoshのCPU選びは、以下の記事にまとめておきました。そのCPUが実機に搭載されているかどうかは、パーツ選びの重要なポイントと思います。

そんなCPU選びの場面で便利に使えるMac搭載CPUの一覧情報って、ありそうでなかなか無かったかと思います。MacTracker.appなどのアプリやMacの仕様をまとめたページはたくさんありますが、CPU選びに使うには使いにくいです。そこで、公開されているMacの仕様から、搭載CPUの一覧を作ってみました。全部調べるのは大変ですので、CatalinaでもサポートされているIvy Bridge以降のCPUとそのiGPUについて、まとめました。

デスクトップMac

iMac

自作PCでHackintoshを作る場合にCPU選びの基準となるのはiMacです。パーツ店で買えて、市販のマザーボードに搭載できる「組める」CPUが採用されています。なのでiMa搭載CPUは、自作PCのCPU選びの基準になります。末尾がKなのは、オーバークロック対応CPU (実機ではOCしていません)、Sなのは省電力モデルです。無印とクロックが違うだけですので、macOS互換性は変わらないです。かつてのエントリーモデルiMacで使用されたUとRは、半田付けタイプのCPUですので、自作PCの対象にはなりにくいです。

iMacにはiGPUのみで稼働するモデルと、専用のGPU(dGPU)を別途搭載しているモデルがあります。dGPUを前提とした使われ方をしているCPUや、それに対応するMacのモデル番号を使用する場合には、ビデオカードと組み合わせて使う方が安定すると思われます。

  • 3470S, 3470, 3770 <– iMac13,2
  • 3225, 3330S, 3470S, 3770S <– iMac13,1
  • 4570R, 4570S, 4770S <– iMac14,1, 14,3
  • 4570, 4670, 4771 <– Mac14,2
  • 4260U <– iMac14,4
  • 4590, 4690, 4790K <– iMac15,1
  • 5250U, 5575R <– iMac16,1, 16,2
  • 5675R, 5775R <– iMac16,2
  • 6500, 6600, 6700K <– iMac17,1
  • 7360U <– iMac18,1
  • 7400, 7500, 7700 <– iMac18,2
  • 7500, 7600, 7600K, 7700K <– iMac18,3
  • 8100, 8500, 8700 <– iMac19,2
  • 8500, 8600, 9600K, 9900K <– iMac19,1

iMac Pro

Hackintoshコミュニティでそれほど積極的には解明されていないXeon搭載なので、自作の参考にはあまりならないかと思います。

  •  W-2140B, W-2150B, W-2170B, W-2190B <– iMacPro1,1

Mac mini

miniは概ねモバイルCPUが搭載されています。Macmini8,1に搭載の末尾がBのモデルは、半田付けタイプですが、無印と同一の仕様です。中身は同じと考えて良いです。miniは、すべてがiGPUで動いています。なのでiGPUはmacOSでサポートされていると考えて良いです。

  • 3210M, 3615QM, 3720QM (Intel HD Graphics 4000) <– Macmini6,1, 6,2
  • 4260U, 4278U, 4308U, 4578U (Indel HD Graphics 5000, 5100) <– Macmini7,1
  • 8100B, 8500B, 8700B (Intel UHD Graphics 630) <– Macmini8,1

モバイルMac

MacBookシリーズには半田付けタイプのCPUしか搭載されていません。なので、通常の自作PCでは、あまり参考にできないです。ただ、Intel NUCのようなCPU搭載ベアボーンとして提供されている製品や、ノートPC選びの参考になります。CPUが実機と同じならHackintoshの成功率は高いです。Intel NUCには、7567U、5557U、5250U、4250U、3427U搭載モデルがあります。これらはMacBook AirやMacBook Pro搭載CPUです。これらのCPUは一般的なのか、NUC以外の他社の小型べアボーン製品やノートPCでもよく使われています。

CPUが違っても、iGPUが同じなら、これもHackintoshできる可能性が高いと考えて良いです。そのiGPUのためのドライバーがmacOSに含まれているのでiGPU表示が期待できます。また、iGPUが同じなら、CPU仕様も類似しているので、macOSとの互換性が高いと言えます。例えば初代NUCでは3217Uが使われましたが、これはMacBookAir5,1搭載の3317Uに近いのでmacOSとの互換性が高かったです。

MacBook Air

MacBook AirはすべてiGPUで動作します。同じCPUが使えれば、動作も表示も安定しています。

  • 3317U, 3367U (Intel HD Graphics 4000) <– MacBookAir5,1
  • 3427U, 3667U (Intel HD Graphics 4000) <– MacBookAir5,2
  • 4250U, 4260U, 4650U (Intel HD Graphics 5000) <– MacBookAir6,1, 6,2
  • 5250U, 5350U, 5650U (Intel HD Graphics 6000) <– MacBookAir7,1, 7,2
  • 8210Y (Intel UHD Graphics 617) <– MacBookAir8,1, 8,2

MacBook Pro

MacBookシリーズの主力機であるMacBook Proには多数のモデルがあり、搭載CPUも多いです。MacBook Proの一部のモデルはdGPUを搭載しています。

  • 3615QM, 3720QM, 3890QM (Intel HD Graphics 4000) <–  MacBookPro9,1
  • 3210M, 3520M (Intel HD Graphics 4000) <–  MacBookPro9,2
  • 3615QM, 3630QM, 3720QM, 3740QM, 3820QM, 3840QM  (Intel HD Graphics 4000) <–  MacBookPro10,1
  • 3210M, 3230M, 3450QM, 3520M (Intel HD Graphics 4000) <–  MacBookPro10,2
  • 4258U, 4278U, 4288U, 4308U, 4558U, 4578U (Intel Iris 5100) <–  MacBookPro11,1
  • 4750HQ, 4770HQ, 4850HQ, 4870HQ, 4960HQ, 4980HQ (Intel Iris Pro 5200) <–  MacBookPro11,2, 11,3, 11,4
  • 5257U, 5287U, 5557U (Intel Iris Graphics 6100) <–  MacBookPro12,1
  • 6360U, 6660U (Intel Iris Graphics 540) <–  MacBookPro13,1
  • 6267U, 6287U, 6567U  (Intel Iris Graphics 550) <–  MacBookPro13,2
  • 6700HQ, 6820HQ, 6920HQ (Intel HD Graphics 530) <–  MacBookPro13,3
  • 7360U, 7660U (Intel Iris Plus Graphics 640) <–  MacBookPro14,1
  • 7267U, 7287U, 7567U (Intel Iris Plus Graphics 650) <–  MacBookPro14,2
  • 7700HQ, 7820HQ, 7920HQ (Intel HD Graphics 630) <–  MacBookPro14,3
  • 8259U, 8279U, 8559U, 8569U (Intel Iris Plus Graphics 655) <–  MacBookPro15,2
  • 8750H, 8850H, 8950HK (Intel UHD Graphics 655) <–  MacBookPro15,1, 15,3
  • 9750H, 9880H, 9980HK (Intel UHD Graphics 630) <– MacBookPro 15,3
  • 8257U, 8557U (Intel Iris Plus Graphics 645) <– MacBookPro 15,4

MacBook

無印MacBookは、さらに省電力を追求しています。自作PCではあまり機会がないかもしれません。以前紹介したLattePanda Alpha初号機は7Y30を使用していて、MacBook10,1搭載の7Y32に仕様が近いのでmacOSとの互換性が高いです。

  • 5Y31, 5Y51, 5Y71 (Intel HD Graphics 5300) <– MacBook8,1
  • 6Y30, 6Y54, 6Y75 (Intel HD Graphics 515) <– MacBook9,1
  • 7Y32, 7Y54, 7Y75 (Intel HD Graphics 615) <– MacBook10,1

CPU番号順のリスト

上の情報を、CPUの番号順に並べました。そのCPUがMac搭載CPUなのかどうか、すぐに調べられるのではと思います。

デスクトップCPU

Mac搭載CPUのうち、自作で使えるLGAタイプのCPUです。一般のマザーボードのソケットに付けられます。KモデルはOC対応、Sモデルは省電力版です。これに、BGAタイプの半田付けするCPU(末尾がRとB)も含めました。内部は無印とほぼ同様なので、同番号の無印CPUのモデルIDとして使えると思います。どこかでジャンクのデスクトップPCを見つけた時に、この番号のCPUだったらぜひ確保してHackintoshしましょう。

  • 3225 <– iMac13,1
  • 3330S <– iMac13,1
  • 3470 <– iMac13,2
  • 3470S <– iMac13,1, iMac13,2
  • 3770 <– iMac13,2
  • 3770S <– iMac13,1
  • 4570 <– Mac14,2
  • 4570S <– iMac14,1, 14,3
  • 4570R <– iMac14,1, 14,3
  • 4590 <– iMac15,1
  • 4670 <– Mac14,2
  • 4690 <– iMac15,1
  • 4770S <– iMac14,1, 14,3
  • 4771 <– Mac14,2
  • 4790K <– iMac15,1
  • 5575R <– iMac16,1, 16,2
  • 5675R<– iMac16,2
  • 5775R <– iMac16,2
  • 6500 <– iMac17,1
  • 6600 <– iMac17,1
  • 6700K <– iMac17,1
  • 7400 <– iMac18,2
  • 7500 <– iMac18,2, iMac18,3
  • 7600 <– iMac18,3
  • 7600K <– iMac18,3
  • 7700 <– iMac18,2
  • 7700K <– iMac18,3
  • 8100 <– iMac19,2
  • 8100B <– Macmini8,1
  • 8500 <– iMac19,2, iMac19,1
  • 8500B <– Macmini8,1
  • 8700 <– iMac19,2
  • 8700B <– Macmini8,1
  • 8600 <– iMac19,1
  • 9600K <– iMac19,1
  • 9900K <– iMac19,1

モバイルCPU

モバイル用のCPUです。iGPUも併記しました。ノートPCのCPUがこの番号でしたら、ぜひHackintoshを試みたいところです。

  • 3210M (Intel HD Graphics 4000) <– Macmini6,1, 6,2, MacBookPro9,2, MacBookPro10,2
  • 3230M (Intel HD Graphics 4000) <– MacBookPro10,2
  • 3317U (Intel HD Graphics 4000) <– MacBookAir5,1
  • 3367U (Intel HD Graphics 4000) <– MacBookAir5,1
  • 3427U (Intel HD Graphics 4000) <– MacBookAir5,2
  • 3450QM (Intel HD Graphics 4000) <– MacBookPro10,2
  • 3520M (Intel HD Graphics 4000) <– MacBookPro9,2, MacBookPro10,2
  • 3615QM (Intel HD Graphics 4000) <– Macmini6,1, 6,2, MacBookPro9,1, MacBookPro10,1
  • 3630QM (Intel HD Graphics 4000) <– MacBookPro10,1
  • 3667U (Intel HD Graphics 4000) <– MacBookAir5,2
  • 3720QM (Intel HD Graphics 4000) <– Macmini6,1, 6,2, MacBookPro9,1, MacBookPro10,1
  • 3740QM (Intel HD Graphics 4000) <– MacBookPro10,1
  • 3820QM (Intel HD Graphics 4000) <– MacBookPro10,1
  • 3840QM (Intel HD Graphics 4000) <– MacBookPro10,1
  • 3890QM (Intel HD Graphics 4000) <– MacBookPro9,1
  • 4250U (Intel HD Graphics 5000) <– MacBookAir6,1, 6,2
  • 4258U (Intel Iris 5100) <– MacBookPro11,1
  • 4260U (Indel HD Graphics 5000) <– Macmini7,1, MacBookAir6,1, 6,2, iMac14,4
  • 4278U (Indel HD Graphics 5100) <– Macmini7,1, MacBookPro11,1
  • 4288U (Intel Iris 5100) <– MacBookPro11,1
  • 4308U (Indel HD Graphics 5100) <– Macmini7,1, MacBookPro11,1
  • 4558U (Intel Iris 5100) <– MacBookPro11,1
  • 4578U (Indel HD Graphics 5000, 5100) <– Macmini7,1, MacBookPro11,1
  • 4650U (Intel HD Graphics 5000) <– MacBookAir6,1, 6,2
  • 4750HQ (Intel Iris Pro 5200) <– MacBookPro11,2, 11,3, 11,4
  • 4770HQ (Intel Iris Pro 5200) <– MacBookPro11,2, 11,3, 11,4
  • 4850HQ (Intel Iris Pro 5200) <– MacBookPro11,2, 11,3, 11,4
  • 4870HQ (Intel Iris Pro 5200) <– MacBookPro11,2, 11,3, 11,4
  • 4960HQ (Intel Iris Pro 5200) <– MacBookPro11,2, 11,3, 11,4
  • 4980HQ (Intel Iris Pro 5200) <– MacBookPro11,2, 11,3, 11,4
  • 5250U (Intel HD Graphics 6000) <– MacBookAir7,1, 7,2, iMac16,1, 16,2
  • 5257U (Intel Iris Graphics 6100) <– MacBookPro12,1
  • 5287U (Intel Iris Graphics 6100) <– MacBookPro12,1
  • 5350U (Intel HD Graphics 6000) <– MacBookAir7,1, 7,2
  • 5557U (Intel Iris Graphics 6100) <– MacBookPro12,1
  • 5650U (Intel HD Graphics 6000) <– MacBookAir7,1, 7,2
  • 6267U (Intel Iris Graphics 550) <– MacBookPro13,2
  • 6287U (Intel Iris Graphics 550) <– MacBookPro13,2
  • 6360U (Intel Iris Graphics 540) <– MacBookPro13,1
  • 6660U (Intel Iris Graphics 540) <– MacBookPro13,1
  • 6567U (Intel Iris Graphics 550) <– MacBookPro13,2
  • 6700HQ (Intel HD Graphics 530) <– MacBookPro13,3
  • 6820HQ (Intel HD Graphics 530) <– MacBookPro13,3
  • 6920HQ (Intel HD Graphics 530) <– MacBookPro13,3
  • 7267U (Intel Iris Plus Graphics 650) <– MacBookPro14,2
  • 7287U (Intel Iris Plus Graphics 650) <– MacBookPro14,2
  • 7360U (Intel Iris Plus Graphics 640) <– MacBookPro14,1, iMac18,1
  • 7567U (Intel Iris Plus Graphics 650) <– MacBookPro14,2
  • 7660U (Intel Iris Plus Graphics 640) <– MacBookPro14,1
  • 7700HQ (Intel HD Graphics 630) <– MacBookPro14,3
  • 7820HQ (Intel HD Graphics 630) <– MacBookPro14,3
  • 7920HQ (Intel HD Graphics 630) <– MacBookPro14,3
  • 8210Y (Intel UHD Graphics 617) <– MacBookAir8,1, 8,2
  • 8257U (Intel Iris Plus Graphics 645) <– MacBookPro 15,4
  • 8259U (Intel Iris Plus Graphics 655) <– MacBookPro15,2
  • 8279U (Intel Iris Plus Graphics 655) <– MacBookPro15,2
  • 8557U (Intel Iris Plus Graphics 645) <– MacBookPro 15,4
  • 8559U (Intel Iris Plus Graphics 655) <– MacBookPro15,2
  • 8569U (Intel Iris Plus Graphics 655) <– MacBookPro15,2
  • 8750H (Intel UHD Graphics 655) <– MacBookPro15,1, 15,3
  • 8850H (Intel UHD Graphics 655) <– MacBookPro15,1, 15,3
  • 8950HK (Intel UHD Graphics 655) <– MacBookPro15,1, 15,3
  • 9750H (Intel UHD Graphics 630) <– MacBookPro 15,3
  • 9880H (Intel UHD Graphics 630) <– MacBookPro 15,3
  • 9980HK (Intel UHD Graphics 630) <– MacBookPro 15,3

10件のコメント

  1. うちで使っているCPUは9700K(iMac 19.1), 9400F(iMac19.2),9100F(iMac 19.2)と見事にMacに搭載されていないCPUばかりですがどれもそこそこ安定して使えています。CPUの型番を決め打ちしているわけではないようですね。

    1. そうですね。うちでも実機非搭載なCPUはいくつか使ってきてます。マザボが返してくれるDSDT情報のようなものを使って、臨機応変に対応してくれているのだと想像しています。ただ、CeleronとかXeonとかAtomとか、さらにはRyzenとかなど、実機採用CPUからの逸脱が激しくなると対応の限界がでてくるのだと思います。

      1. デスクトップMac向けに自作PCでHackintoshを作る場合にCPU選びの基準となるのは、iMac、その通りだと思います。
        一方で、そのiMacにi9-9900Kの採用されてから、月日が経過しました。
        このデスクトップ用のCPUのマーケットで、AMDとIntelの首位争いが より激しく、そして「よりコストパフォーマンスの良いものを市場に早く出す)べく、動きが激しくなっています。

         まだ未発表のCPUについて論ずるのはリスクが大きいですが、この先 引き続きMy Hacintiosh を維持・保守していくに当たり、とても気になります。
        「AMD vs Intel 競争」の副次効果として、起こりうる変化(Change)を ネット検索したソースを元にまとめてみました。噂の範疇ですんなり終わることなく、きっと大きな変化をもたらすかも….と理解しています。

        1. これまでハイエンドのCPU(10コア以上)は、高価格の遠い、そして普通の自作PCユーザーには縁のない世界でしたが、もしかしたら「ちょっと手をのばせば手に入る」ことも起こりうること。

        2. さらに、「憧れの5GHzでの定常稼働が8コア全てで可能とデザインされているi9-9900KS」が 本年末でなく この10月上旬にリリースされる可能性があるかもしれない。

        3. すでにネット上では、今月下旬の10/28 or 10/29にMac関連製品を含む 発表イベントが開催される可能性が高い と噂 あり。 

        1. 参考までに:
           今朝のwccftechニュースで、インテルがついに現在 販売中の第9世代 CPU製品の価格の値下げを発表したことを知りました。
           例えば、Intel Core i9-9900KFは 旧 $488 US –> 新 $463に、
           (これは、近々 噂の9900KSの発売が行われる前の下準備かも???)
           下は 9100Fまでが価格改定になっています。
           値下げ幅は製品価格帯によってバラツキはありますが、これはきっと”数ヶ月前から言われ続けられていた15%の値下げ”の噂が現実化したものと思われます。
           AMDとの仁義なき戦い(?)も副次的な効果なのでしょうが、Intelサイドでの供給不足はいつまで続くのでしょうか? 自作PCユーザーの一人として、とてもきになります。
          ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
          Intel 9th Gen Core Processors Get Price Cuts, New Xeon W-2200 and 10th Gen X-Series CPUs Announced

          https://wccftech.com/intel-9th-gen-cpu-price-cuts-10th-gen-x-series-xeon-w-2200-cpu-announcement/

          1. iGPUなしモデルだけ値下げってのでいろいろお察しです。きっとiGPUなしにしないと数を確保できないのでしょうね。これで安くなったRX570とかが売れるようになるとまた面白いです。

      2. デスクトップMac向けに自作PCでHackintoshを作る場合にCPU選びの基準となるのは、iMac、その通りだと思います。
        一方で、そのiMacにi9-9900Kの採用されてから、月日が経過しました。
        このデスクトップ用のCPUのマーケットで、AMDとIntelの首位争いが より激しく、そして「よりコストパフォーマンスの良いものを市場に早く出す)べく、動きが激しくなっています。

         まだ未発表のCPUについて論ずるのはリスクが大きいですが、この先 引き続きMy Hacintiosh を維持・保守していくに当たり、とても気になります。
        「AMD vs Intel 競争」の副次効果として、起こりうる変化(Change)を ネット検索したソースを元にまとめてみました。噂の範疇ですんなり終わることなく、きっと大きな変化をもたらすかも….と理解しています。

        1. これまでハイエンドのCPU(10コア以上)は、高価格の遠い、そして普通の自作PCユーザーには縁のない世界でしたが、もしかしたら「ちょっと手をのばせば手に入る」ことも起こりうること。

        2. さらに、「憧れの5GHzでの定常稼働が8コア全てで可能とデザインされているi9-9900KS」が 本年末でなく この10月上旬にリリースされる可能性があるかもしれない。

        3. すでにネット上では、今月下旬の10/28 or 10/29にMac関連製品を含む 発表イベントが開催される可能性が高い と噂 あり。 

        1. すみません。 コメントを送信 ボタンを 謝って二度押したようです。

  2. いつもブログ購読させて頂いております。

    私もSkylakeが登場した時期にhackintoshを使用するようになりました。
    最近、HighSierra→Mojaveにアップデート後、下記のような不具合出てしまい困っております。もし何かご存知でしたら、簡単で構いませんので助言頂けないなでしょうか?
    1) ゴミ箱が常に空になる。ファイルを削除時にゴミ箱を経由せず完全に削除される。
    2) スリープ復帰時、USBが認識せず、つなぎ直すと復帰します。

    Mojave 10.14.6

    何卒宜しくお願いします。

    1. ここ数年のHacintosh/Mac OSxの導入経験から、悟ったことがあります。

      1)HighSierra→Mojaveにアップデートが、もしクリーンインストールでなかったとしたら、過去の異物(不適なコード類)をいっしょに持ち込んでいる可能性があります。

      2) 大胆な解決策になるかもしれませんが、今日の時点でのMojave 10.14.6(アップデート2を含む)のインストレーションコードをダウンロードして、クリーンインストールなさったらいかがですか?
       現行起動システム ボリュームは温存させて、別の システムボリュームへの導入した後、ユーザーID単位での移動をすれば便利で迅速。

      3) さらに大胆な方法としては、 Catalina Public Beta Testに参画して、あらたな世界に一歩 踏み込み 過去のしがらみはさようなら….も良いかと。

      お役に立てれば、幸いです。

      1. ご返事ありがとうございます。

        仰る通りアップデートを重ねる毎に不具合が多くなっている印象です。
        スマの辰五郎さんが仰るように時間のある時にクリーンインストールを試みたいと思います。
        新しいOSにも興味がありますが、既存のアプリで不具合が出ると仕事をきたすので、いつかテスト機を手に入れたらやってみたいと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

「名前」「メールアドレス」「サイト」は空白でも投稿できますが、日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)