iMac20,1とiMac20,2の違い

Comet Lake-S搭載のiMac 2020には、iMac20,1とiMac20,2という2種類のModel IDが存在します。Geekbench Browserなどからの類推によると、どうやらRadeon Pro 5300と5500 XTを搭載したモデルがiMac20,1で、5700と5700 XTを搭載したモデルがiMac20,2のようです。

CPUが違う?

こちらで、iMac20,1と20,2の違いが議論されていました。Geekbench Browserで確認すると、iMac20,1に搭載されるCPUは以下の4種類があり、iMac 2020に搭載されてる全てのCPUを網羅しています。

  • 10500
  • 10600
  • 10700K
  • 10910

一方でiMac20,2に搭載されるCPUは以下の2種類だけです。

  • 10700K
  • 10910

なので10700Kと10910搭載iMacには、iMac20,1と20,2の2種類のハードウェアが存在することがわかります。その違いが性能差に現れるかどうかをGeekbench Browserで検索して調べてみました。すると、同じCPUでCPU Resultsを比較すると、若干iMac20,2の方が高いような気もしますが、逆転している結果もあります。たとえば、10910を搭載したiMac20,1と20,2を検索して比較すると、スコア10,000超えはなぜか全て20,2ですが、それ以下のスコアでは両方のIDが入り乱れて競っています。Model IDによるCPU性能の違いはあまり無いようです。

GPUが違う。

一方でMetalとOpenCLのスコアを比較すると、iMac20,2がiMac20,1を明らかに上回っています。たとえばOpenCLで比較すると、20,1のスコアは36,000から50,000くらいなのに対して、20,2は44,000から61,000くらいです。このことからModel IDの違いは、GPUの違いなのではと言われています。つまり、iMac20,1は、

  • Radeon Pro 5300
  • Radeon Pro 5500 XT

を搭載していて、iMac20,2は

  • Radeon Pro 5700
  • Radeon Pro 5700 XT

を搭載しているようです。

仕様で確認

Appleの仕様ページをもとにすると、この結果から以下のように分類できます。これから10500, 10600搭載のiMacは必ずiMac20,1であることが確認できます。10700K搭載iMacは、搭載GPUの違いによってiMac20,1とiMac20,2の両方の可能性があります。また10910へは、どのGPU搭載モデルからもアップグレード可能なので、これにも両方のModel IDが存在します。

どちらのIDを使うべきか

この推測が正しいとしたら、自作PCにはどちらのIDを割り当てるべきでしょうか。

まず、10500や10600で組む場合には、おそらくiMac20,1が良いと思います。そのまま、将来10700Kや10900Kなどにアップグレードする場合も、iMac20,1を使い続けて良いはずです。

一方、10700Kや10900Kなどで組む場合には、20,1でも20,2でもどちらでも良いと思います。グラフィックスカードに、Radeon RX 5700や5700 XTを搭載する場合には、もしかしたら20,2の方が良いのかもしれません。ただ、Radeon ProはApple専用の特別版(クロック低下版)で、市販のRadeon RXとは同一ではありません。なのでこだわる必要はそれほど無いかもしれないです。MacRumorsの議論にあるように、20,2はおそらくは、高性能GPUのために電源、冷却機構などのハードウェアを対応させた程度の上位バージョンで、macOSとしての対応は変わらないのではないかと思います。

ということで、自作PCに対しては、iMac20,1を割り当てておけば良いと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。