Big SurでRadeon RX 5700 XTのスコアが大幅に改善

Big SurになってRadeon RX 5700 XTのGeekbench 5のスコアが格段に改善されました。RX 580と比較するとOpenCLもMetalも1.6倍くらい高いスコアでした。

Geekbench 5ベンチ結果

Catalina (10.15.5および10.15.6)とBig Sur (11.0.1) で、RX 580とRX 5700 XTのOpenCL/Metalスコアを計測しました。いずれもOpenCLとMetalのベンチマークを交互にそれぞれ3回測定し、その結果を平均したものです。測定に使用した本体は、ほぼZ490マザーボードに10900Kの構成ですが、Big SurでのRX 580の測定だけはZ390 + 9900Kの構成です。

Catalinaのスコアは以前の記事などで計測したものです。Catalinaだと、RX 5700 XTはRX 580に比べて同程度か、場合によっては劣っていることもありました。特にMetalの性能が弱い感じでした。本来なら古くて安価なRX 580よりも性能が高いはずなのですが、macOSのドライバの作り込みが不足しているようでした。

Big Surのパブリックベータが出ると状況は変わります。ベータのバージョンが進むたびに、RX 5700 XTのスコアが少しずつ改善されていきました。そして公開版11.0.1では、最後のベータ版からさらに改良されたようで、RX 580に圧倒的な差をつけてます。一方でRX 580は、Catalinaの頃とスコアがほとんど変わっていません。

ちなみに話題のM1のiGPUは、OpenCLが19000くらいのようです。Intel UHD Graphics 630が5000くらいでしたから、iGPUとしては頑張ってますが、ちゃんとしたグラフィックスカードには及ばないようです。

macOSでグラフィックス性能を求めるなら、RX 5700 XTが1番の選択肢と思います。また、他のNaviアーキテクチャのRX 5000シリーズも性能改善されているのではないかと思われます。RX 5000シリーズを使うためには、

  • WhateverGreen.kext (グラフィックス関係のパッチ集)
  • Lilu.kext (パッチを当てる機能を提供するkext)

を入れ、CloverやOpenCoreのブートオプションに、WhateverGreenに指示するオプションである、

agdpmod=pikera

を追加します。

Vega 64も性能向上

コメントでyoshiiさんから教えていただいた情報によるとVega 64でも17% ~ 19%くらい改善しているようです。

  • MacOS 10.15 54050(OpenCL)/52086(Metal)
  • MacOS 11 64061(OpenCL)/60921(Metal)

12件のコメント

  1. *OpenCoreのブートオプションに、WhateverGreenに指示するオプションである、agdpmod=pikera
    を追加する件に関して(Big Sur 11.0.1環境)*

    偶然のいたずらかと思いますが(従って、他のHacintosh環境でも必ず発生するものではないと)、我がHacintosh環境(OC 0.6.3)にて当指定を行った後、しばらくしてから以下の不具合が発生した。

    通常は、 縦型画面表示(ランドスコープ)で設定されたブート画面において、
     1. まず、 縦方向(下から上へ)で 進行バーが伸びて
     2. 次に 画面が切り替わって、 左方向から右方向に進行バーが伸びる
    のが正常な流れであるが、
     この2. の画面が全く現れず、ブート作業が尻切れになってしまう。
     でもディスクアクセス ランプはピカピカしている

    補足:「agdpmod=pikeraを追加する」作業の前に、現行の正常稼働のEFI区画のバックアップを、手持ちのUSBステックにセーブ(緊急事態のバックアウト用)しておくことを推奨

  2. いま使用しているグラフイックカードは AMD Radeon RX 570 ( SAPPHIRE Pulse 8GB)です。

    追記: 今週 金曜日から日本でも発売(解禁?)されるBig Navi 2: 特にRX 6800XT。
    いずれ Apple macOS(Big Sur)でもサポート開始されるであろう…と淡い期待を持って、現使用中のBig Sur(11.0.1)向けのOpencore Bootloader(0.6.3)のConfig.plist BootArgsに 「先行投資の意味」で追記した次第です。
     RX 5700 XT使用を前提しての投稿内容を、拡大解釈したのは当方の落ち度でした。申し訳ありません。 

    1. なるほどです。pikeraは5000シリーズ専用オプションなので、他のカードで設定すると色々不具合が出そうですね

      1. *後書き:その後のテストで今回の不具合への解決策を見出し、agdpmod=pikeraの機能を満喫中
         
        o 見出した解決策は「CPUのHyper Threading=Disable」にすることであった。

        oブートプロセスが短縮 ー すなわち縦型画面表示(ランドスコープ)で設定されたブート画面で縦方向(下から上へ)で進行バーが伸び、そして速やかにログオン画面が表示される。
        内部的には、「WhateverGreenのプロセス」の効率化がなされているのかも? 
        ( RX 570ボードを使用していても、このオプション指定の効果あり)
         

  3. Q: もし、Big Sur beta 11.1にアップグレードなさった後のRX 5700 XTのパフォーマンス・データ(OpenCL, Metal)が得られたましたら、是非とも この投稿記事のアップデートにて公開していただけないでしょうか?

    追記:やはり RX6800 XTY, RX6800の新製品は、初出しのお手盛り(?)価格になりそうで、とても初心者が手を出せる品物ではなさそうです。 よって、その代替品として 「ひと世代前の”RX 5700 XT”」の購入も検討中です。

  4. >初出しのお手盛り(?)価格
    Hackintoshの安心・安全・安定ブランドたる? Sapphireの想定価格 91,080円前後(税込)では 、RX 6800 XT 16G で十万にはで収まってますね。。。ってことは? RX 6900 XT は超えるってことなんですかね?

    RX 6900 XTにおいては、私のお使いのHackの電源750Wを超える850Wが推奨されてるしぃ。。。電源から買い替えなさいっちゅうことなんですよね。。。なかなか「ぽん!」と1000W?電源とお供に投入するっちゅうには、いまのご時世。。。w

    https://www.ask-corp.jp/news/2020/11/sapphire-radeon-rx-6800-xt-16g-gddr6-sapphire-radeon-rx-6800-16g-gddr6.html

  5. betaにはあまり手を出していないのですが、11.1がリリースされたら確認しておきます。ただ、ここまで改善されればこれ以上の変化はそうはないような気がしてます。6000シリーズはドライバのサポートも多分不十分でしょうし(今までの経験で動いたとしても限定的かな)、今なら5000シリーズを買っておくのが良いと思います。

  6. OpenCoreを使えるようにしたらするっとBigSurにアップグレードできました。
    うちはASRockのRX5700XTを使っていますが、Metalのスコアが74310と恐ろしく上がりました。まあその分ファンが勢いよく回るようになった気がしますが。

    1. 記事のスコアはノーマルなので、OCバージョンではまた速くなってますね。

  7. ついでにMSI製Vega64搭載マシンもBig Surにアップデートしてみました。
    MacOS 10.15 54050(OpenCL)/52086(Metal)
    MacOS 11 64061(OpenCL)/60921(Metal)
    こちらもスコア上がってますね。全体的にグラフィックドライバが最適化されたんでしょうか。

  8. Vega64の情報ありがとうございます。こちらも改善されてますね

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。