HomePod miniを使う

HomePod miniを使ってみました。macOSからはAirPlayのスピーカーとして使えます。またHome.appからアラームの設定ができます。HomeKitのホームハブとして使えるそうですが、そちらは試せてません。

HomePod mini

Amazon EchoやGoogle Homeに比べて、Appleのスマートスピーカは高価なHomePod無印が1機種だけしかなく、普及に力を入れているという様子がありませんでした。でもHomePod miniが出て、競争力が付いたと思います。Echoは、安いのでいくつか使用してますが、結構便利です。でもAppleのエコシステムで生きているので、カレンダーやメッセージにアクセスできなくて物足りなく思ってました。今回、手頃な価格でコンパクトなHomePod miniが出たので、ようやく試せました。

設定

箱から出して、電源に接続して、iPhoneを近づけると、iPhoneに設定画面が現れます。このあとは数個の選択肢を設定していくだけです。

この辺りは、iOSを所有している会社の製品だけあって、手間要らずです。自社のアプリをダウンロードさせたり、起動させたりする手間が不要なだけでも有利です。Wi-Fiなどの設定も、Amazon Echoに比べたら格段に容易でした。てっぺんのLEDの点滅をiPhoneで撮影して、デバイスをペアリングする手法もスマートです。その結果、Wi-FiもBluetoothもApple IDも全てが、気づかないうちに設定終了してました。逆に言うと、iPhoneが無いと使い始めることもできないデバイスです。

このあと、Z390 + 9900KにOpenCore 0.6.3 + Big Sur 11.0.1の構成のmacOSマシンから何ができるのか試しました。無線ユニットは、純正Macと同じBCM94360CDです。

HomePod miniとの通信でBluetoothなども使っているのかなと思ったのですが、以下で紹介するAirPlayもHome.appも有線LANだけで動きました。BluetoothとWi-Fiをoffにしても同様に動きます。

AirPlayスピーカー

まずはサウンドです。デフォルトの選択肢からオフィスを選んであったのですが、その名前でAirPlayデバイスとして見えてます。これを選択するだけで、すぐに音が出ました。Bluetoothのペアリングは、簡単そうで失敗することも多いのですが、こちらは手間要らず機能します。キーボードの音量キーも操作可能でした。HDMIやUSBオーディオだとキーボードの音量キーが効かないことも多いので、これは助かります。

すでに色々な人が音質が良いとレビューしてますが、評判通り、音質はそこそこ良いです。ステレオスピーカーと比較すると、HomePod miniはモノラルなので、広がりに欠けるのは仕方ないです。ちなみに、2台のHomePod miniを用意すると、iPhoneからはステレオになります。でもmacOSのAirPlayではモノラルのスピーカーが2個に増えただけになってしまうらしいです。macOSで使う限り、1台だけ買えば良いようです。

しばらく使ってみると、いくつか不具合に気づきました。まず、YouTubeで動画を止めたり動かしたりしていると、HomePod miniの設定音量とずれてしまうことがありました。また、macOS警告音の「サウンドエフェクトの再生装置」として、システム環境設定の選択肢にHomePod miniが現れることもあれば、現れないこともあります。バグのような感じなので、そのうち直してくれるかもしれません。

もう一点、気になったところは、遅延が大きい場合があることです。サウンドエフェクトの再生装置として現れる場合、通知音のサンプルをクリックしてから1~2秒くらい遅れて音が出ます。MusicやQuickTime Playerなどで音楽の再生・停止ボタンを押すと、2秒くらいしてから反応します。動画再生・停止でも遅延します。でも映像も遅延するので、音との同期がズレる現象はないのです。いずれの場合も、マザーボードのサウンドチップでは瞬時に応答するので、AirPlayが原因だと思われます。何処かのバッファメモリが一杯、または空っぽになるまで、操作結果が反映されない感じです。遠隔会議ではこの遅延のために対話が成り立ちません。いろいろ謎の遅延ですが、これもそのうち直してくれるのかもしれないです。

ホーム.app

ホーム.appを開いてみました。オフィスという場所に、HomePod miniが見えてました。名前は変更できます。いくつかの設定も変更できます。でもできることは、アラームを設定する程度の事でした。macOSから操作するよりも、Siriに音声でお願いしたほうが楽そうです。

純正環境との比較

AirPlayの遅延などに関しては、hackintosh環境なので、不具合が起こっても当然だったのかもしれません。それで純正Mac, iPhone環境ではどうなのかを確認しました。

純正Macとの比較

Big Sur 11.0.1が動いている本物のMacBookからこのHomePod miniに接続して確認しました。警告音のデバイスに現れない、2秒くらい遅延するという状況は、同様に発生しました。hackintoshの問題ではないようです。

iPhoneとの比較

iPhoneから接続すると、Musicアプリでも、一般のアプリ(例えばSafariで見るYoutubeサイトの動画)でも、遅延はありませんでした。

AirPlay 2.0

先の説明で、macOSのAirPlayではHomePodはステレオにならないと書きました。正確には、macOSでも、Music.appからだけはステレオになるそうです。

調べたところ、初代HomePodが発表された2017年に同時に、AirPlay 2.0が発表されて、そこで複数スピーカーの同期ストリーミングがサポートされたのだそうです。これにより2台のHomePodでのステレオ再生がサポートされたのだと思われます。この時に、遅延の問題も改善されたのでは無いかと思いました。それで、iOSは全面的にAirPlay 2.0に対応しているので、遅延が発生しないけど、macOSではMusic.appだけが2.0に対応しているので、Music.appを使う時だけは、ステレオにもなるし、遅延も発生しないということかと思いました。

実はmacOSのMusic.appでも、設定によっては2秒の遅延が発生します。純正Macでも同様です。Music.appのAirPlayアイコンから、HomePod miniを選択すると、遅延は発生しません。「オフィス」というのがHomePod miniです。

でもここで「コンピュータ」を選んで、macOSの「システム環境設定」「サウンド」からAirPlayデバイスを選ぶと遅延が発生します。前者は、

Music.app ---> ( AirPlay 2.0 ) ---> HomePod mini

という接続になっていて、ステレオになって遅延も発生しないけど、後者は、

Music.app ---> macOS ---> ( AirPlay ) ---> HomePod mini

というようにmacOSを経由した設定で、この場合、古いAirPlay無印が使用されて、その結果遅延が発生するということかと推測できます。macOSのMusic.appは自前でAirPlay 2.0を実装しているのか、それとも2.0を提供するmacOSの未公開APIがあってそれを使用しいるのかと思われます。

まとめ

HomePod miniが自作マシンのmacOSから使えることを確認しました。AirPlay接続のスピーカーとして使えて、さらにホーム.appにはデバイスとして現れます。ただ遅延が大きいので、コンピュータ用スピーカーには向いてませんでした。常設のSiriデバイスとして使っていきます。

11件のコメント

  1. ども、bootMacOSさん、というかお館さまぁ!

    シ海文書?仕様の節にはBT5.0と書いてありますよぉ。。。
    さらに、脚注:陸にちっこい文字でU1チップを搭載したiPhoneが必要です。つまり、iPhone11以降ってことですかね?とか書いてあったり、知っている人は知っている、知らない人は知らないUWBとか、Google傘下が主導した無線規格「Thread」とか、なんやらかんやら無線規格がめちゃめちゃ派手に入ってるみたいですね。

    UWBとか、懐かし限りでございます。場合によっては、Hacintoshに↓(もはや利用できません。とありますw)を取り付けて遊ぶなとかの展開になったりすると面白いです。(個人的に。。。)
    ワイヤレス usb アダプタ カード
    https://ja.aliexpress.com/item/1205518472.html

    例の如く。。。仕様ののところに書いたから、知らないとはいわせないぞっと!ということなので、要求されてるスペックをお使いのHackに合致するかを吟味しないといけないみたいですね。

    >バグのような感じなので、そのうち直してくれるかもしれません。
    たぶん、バグとかじゃなくって、無線規格に外れすぎて、ガタガタなので、知らない、動かない、サポートしないの範疇なような気もしますね。少なくともBT5.0に引き上げないと、BT4.xだと、その時点で話は終わり?なのかも。。。

    ちなみにメニューバーのWi-FiアイコンをOptionキー押しながら、HomePod Miniの有効なコーデックが、何?になってますかねぇ?。。。SBCとかなってたら、ちぃーん!音で終了してます。w

    1. ありがとうございます。使用環境の説明で無線ユニットのことも書きましたが、今回の使用状態では、有線LANだけを使用しているようです。確認したので追記しました。

      >ちなみにメニューバーのBluetoothアイコンをOptionキー押しながら、HomePod Miniの有効なコーデックが、何?になってますかねぇ?

      なのでここも、HomePod miniのアイコンが現れていないです。

  2. >無線ユニットは、BCM95360CDです。
    あれ?BCM95360CDってなんでしたっけ?BCM94360CDのTypo???

    >メニューバーのWi-Fiアイコン
    メニューバーのBluetoothアイコンのTypoです!w

  3. 遅延の問題は、macOSのサウンド機能がAirPlay 2.0に対応していないためでは無いかと思いました。それを追記しました。macOSでもMusic.appは自前でAirPlay 2.0を提供しているのか(それともmacOSの隠しAPIを利用できているのか?)、遅延が発生しませんでした。

  4. そういえば、結構前からあるみたいですけど、AirPlay2って使ったことなですよねぇ。。。w
    今回、この記事であらためて、そうゆうのがあることをRealizeしましたぁ。。。

    2秒の話は、下記の記事に載ってるっぽいので、ちょっと読んでみます。w

    How To Fix AirPlay Audio Syncing Problems
    https://www.chriswrites.com/how-to-fix-airplay-audio-syncing-problems/

    1. 情報ありがとうございます。やっぱり2秒遅延するんですねw。リンクの記事は、ビデオに対して音声が2秒遅れることが書いてあるようですが、現状は、ビデオも音声もどちらも2秒遅れるので、映像と音声の同期が外れる問題はないです。

  5. 私もHomePodMini到着待ちなのでワクテカしながら記事読ませていただきました。
    ところでSwitchBotシリーズはご存知でしょうか。
    シリーズのメインはSwitchBotHub(mini)というもので、スマート学習リモコンです。
    iPhoneのSiriからSwitchBotHub使って赤外線リモコンを使ったエアコンや照明等のコントロールができます。
    これがHomePod Miniでも無事に使えるかワクテカしながら到着を待っています。

    1. iPhoneのSiriから使えるものは、HomePod miniからも使えるはずです。
      さらにHomePod miniがあれば家の外からもコントロールできるようになると思います。
      楽しみですね

  6. ども、お館さま、お疲れさまです。
    「homeOS」とやらいう新語のあらたな?プラットフォームに関する求人があったそうですねぇ。。。

    Apple求人情報で発見「homeOS」って何? WWDCで発表されるの?
    https://www.gizmodo.jp/2021/06/whats-homeos.html

    homeOSはHomePodソフトウェアの新しいかつ正式名称なのか? はたまた、スマートホームを進めるための新しいソフトなのか?とういう話らしいです。。。

    1. おそらくは、HomePodのOSということで内部でhomeOSって呼んでいたのをうっかり書いてしまったのでしょうね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。