OpenCore 0.7.4から0.7.5に更新

OpenCoreの0.7.5が公開されたので0.7.4からアップデートしました。大きな変更は無いので、0.7.4のconfig.plistがそのまま動きます。

0.7.5をダウンロードする

公式のダウンロードページは以下です。Kext Updater.appがダウンロードしてくれる内容を使っても良いです。

OpenCore 0.7.5とmacOS 12.0.1で動作確認している手元のマシンは以下です。また、kext類はKext Updaterを使って最新版に入れ替えてあります。

  • ASRock Z590 Extreme + 10900K + Radeon 5700XT + macOS Monterey 12.0.1

.efiファイルを差し替える

更新するためには、今までと同様に、X64の方のフォルダの中身を、現用のファイルと入れ替えます。入れ替えるべきファイルは、いつもの通り以下です。

  • EFI/BOOT/BOOTX64.efi
  • EFI/OC/OpenCore.efi
  • EFI/OC/Driversの中のうち、現在使用しているもの:手元のマシンでは、OpenCanopy.efiとOpenRuntime.efi
  • EFI/OC/Toolsの中のうち、現在使用しているもの:手元のマシンでは、OpenShell.efi

ACPIとKextsは、OpenCoreの範疇では無いので変更不要です。

config.plistを更新する

現在のconfig.plistをconfig_old.plistと改名し、配布パッケージに入っているsample.plistをコピーして持ってきて、これをconfig.plistにしました。PlistEDPlusを使って、双方を開いて、古いconfig.plistの項目をコピーする方針で、新しいconfig.plistを作りました。

config.plistで設定する項目にほとんど変更はありませんでした。

  • Booter/Quirks/にResizeAppleGpuBarsが追加されてました。デフォルト値が-1で、この機能は無効になります。BIOSでResizable BAR (Base Address Register)の設定を有効にすると、WindowsではRadeon RX 6000シリーズの性能が上がるらしいです。でもmacOSはこの機能をサポートしていなくて、有効にするとクラッシュする可能性があるとのことです。これに対応するQuirkです。BIOSで設定しない限りは問題なさそうなので、無効にすることとし、-1にしました。
  • UEFI/Quirks/にResizeGpuBarsが追加されていまいた。Resizable BARに関係した設定です。デフォルトの-1にして無効にしました。

追加項目はデフォルトのままにしましたので、0.7.4のconfig.plistをそのまま使っているのと同じです。これで、0.7.4から0.7.5に移行できました。