Cloverインストーラの設定

f:id:siroanko:20170916220921p:plain

Clover UEFI Bootloader

Hackintoshする方法はいくつかありますが、現在、一番ポピュラーなのは、Cloverブートローダを使う方法です。Cloverの本体は、コンピュータが起動した時に真っ先にブートされるBOOTX64.efiというファイルです(UEFI起動の場合)。

検索すると、tonymacx86サイトで配布しているUniBeastとかMultiBeastを使った方法が多数見つかりますが、これらもCloverを使っています。MutliBeastは、Cloverをインストールして、kextをインストールして、Cloverの設定をメニュー形式で行ってくれるツールなのです。

その大元の、Cloverにもインストーラはあり、Cloverの動作に最低限必要なファイルをインストールする機能があります。設定ファイルのカスタマイズや、kextファイルのインストールはやってくれません。しかし、そういう作業はインストーラ任せにしないで、手動で行った方が、システム構成を把握できます。その結果、トラブルにも対応できるようになります。なので、Cloverのインストーラを使う方法をお勧めします。

この記事では、Cloverのインストーラでカスタムインストールする方法を説明します。

インストール先の指定

デフォルトでは以下のような設定になります。以前にCloverをインストールしたことがあるボリュームを対象とした場合は、最後に指定した設定が表示されます。

f:id:siroanko:20170913160445p:plain

最初に、ドライブのどこにインストールするかを決めます。デフォルトのBootloaderというメニューでは、MBRのある昔ながらのBIOS方式がデフォルトです。ここは是非、Cloverの強みが活かせるUEFIブートにしておきましょう。また、EFI System Pertition (ESP)にインストールするよう選択しておきましょう。バニラなインストールが可能になります。

f:id:siroanko:20170913183151p:plain

テーマなんて飾りです

テーマは、Cloverの起動ドライブ選択画面のデザインを変えるところです。指定しなくても良いですが、インストールするドライブごとに違うテーマを指定しておくと、どれで起動したかがわかって役に立ちます。テーマは、いろいろな人がデザインして配布しています。好きなものを選ぶと良いです。こんなシンプルなのはいかがでしょう。

f:id:siroanko:20170913170509p:plain

Drivers64UEFI

次に選択すべきはDrivers64UEFIの中身です。ここには、OSが起動する前の、UEFIの環境で動作するプログラムが並んでいます。ここにリストされている以外の、必須のプログラムは、ここでの選択とは別に、自動的にCloverのディレクトリに入ります。

f:id:siroanko:20180120002246p:plain

選んでおかねばならない一つは、メモリーを確保する際に生じる問題を修正するドライバです。これらのドライバは、macOSが起動する初期段階で、カーネルを読み込む前に動作します。正しく機能しないと、Couldn’t allocate runtime areaというエラーを出して停止してしまいます。選択肢は、

  1. AptioMemoryFix.efi
  2. OsxAptioFix3Drv-64.efi
  3. OsxAptioFix2Drv-64.efi
  4. OsxAptioFixDrv-64.efi
  5. OsxLowMemFixDrv-64.efi

です。必要なのは、このうちの1つだけです。このリストの複数を選択してはいけません。番号は、推奨する順番です。この順番に入れてみて、ちゃんと起動すればそれを使うのが良いです。できれば1か2が望ましいです。Clover開発チームのSliceさんによる説明が、こちらにあります。

www.insanelymac.com

それによると:

  • OsxAptioFixDrv-64.efi と OsxAptioFix2Drv-64.efi は、Clover 4368 以前に作られて、NVRAMサポートしていません。歴史的経緯で残されています。高位アドレスにワープしたメモリマップでは、OsxAptioFixDrv-64.efiだけが動くこともあります。
  • OsxAptioFix2Drv-64.efi は、メモリブロックの配置変えを行わない機能削減バージョンです。いくつかのハードウェアや古いOSバージョンでは動かないかもしれません。しかし、OsxAptioFixDrv-64.efiに比べると、こちらはハイバーネーションをサポートしています。
  • OsxAptioFix3Drv.efi は、Cloer 4369でOsxAptioFix2Drv-64.efiから改変されたバージョンです。これはNVRAMをサポートします。Clover 4379ではランタイムの不具合が解消されました。Clover開発チームは今後、このバージョンだけを改良していきます。
  • AptioMemoryFix-64.efi は、サードパーティメモリ修正ドライバをそのまま使っています。そのため、色々手を加えているOsxAptioFix*Drv-64.efiシリーズよりもたぶん優れています。まずは、AptioMemoryFix.efiが動くかどうかを試すべきです。
  • OsxLowMemFixDrv-64.efi は、やはりメモリ修正ドライバですが、Clover 608から改良されていません。

ということで、動くならばAptioMemoryFix-64.efi が一番のおすすめのようです。また、ごく一部のマザーボードは、上記のいずれもダメで、 OsxAptioFix2Drv-free2000.efi が必要な場合もあります。

この他、マザーボードによっては、EmuVariableUefi-64も必要になります。MacintoshにはNVRAMがあって電源をoffにしても一部の設定が保存されています。同様の仕組みはUEFIマザーボードにもあります。ただ、それがうまく動かない場合があります。EmuVariableUefi-64はNVRAM機能をエミュレートしてくれるプログラムです。

他は非選択でok

他の項目は大体非選択で大丈夫です。「Clover環境設定をインストール」は、システム環境設定にCloverの項目を入れてくれるオプションです。Cloverのアップデートチェックをしてくれるので、チェックを入れておいても良いかと思います。

インストール後のディレクトリ構成

最終的には、以下のようなディレクトリ構造がESPに作られます。ここでは、Cloverインストーラがインストールしたefiファイルに加えて、High Sierraで必要になったAPFSブートのためのefi, aps.efiが追加されています。また、OsxAptioFix2Drv-64の代わりにOsxAptioFix2Drv-free2000がインストールされています。

f:id:siroanko:20170913172235p:plain

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

「名前」「メールアドレス」「サイト」は空白でも投稿できますが、日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)