OpenCore 0.6.5から0.6.6に更新

OpenCoreの0.6.6が公開されたので0.6.5からアップデートしました。config.plistの変更点はほとんどありませんでした。なぜかOpenCanopyが動かなくなってしまいましたが、機能としては問題ありません。 /EFI/OC/Resources/ImageにLeft/Right.icnsファイルを追加するとOpenCanopyも動きました。

0.6.6をダウンロードする

公式のダウンロードページは以下です。Kext Updater.appがダウンロードしてくれる内容を使っても良いです。

OpenCore 0.6.6とmacOS 11.2で動作確認している手元のマシンは以下です。

  • ASUS Z390 ROG MAXIMUS HERO + 9900K + Radeon RX 580
  • ASUS Z490G + 10900K + Radeon RX 5700XT

.efiファイルを差し替える

更新するためには、今までと同様に、X64の方のフォルダの中身を、現用のファイルと入れ替えます。でも今回は、Bootstrap.efiがフォルダーごと消えてました。以下はありません。

  • EFI/OC/Bootstrap/Bootstrap.efi

それ以外は前回と同様です。なので入れ替えるべきファイルは以下でした。

  • EFI/BOOT/BOOTX64.efi
  • EFI/OC/OpenCore.efi
  • EFI/OC/Driversの中のうち、現在使用しているもの:手元のマシンでは、OpenCanopy.efiとOpenRuntime.efi
  • EFI/OC/Toolsの中のうち、現在使用しているもの:手元のマシンでは、OpenShell.efi

ACPIとKextsは、OpenCoreの範疇では無いので変更不要です。

config.plistを更新する

現在のconfig.plistをconfig_old.plistと改名し、配布パッケージに入っているsample.plistをコピーして持ってきて、これをconfig.plistにしました。PlistEDPlusを使って、双方を開いて、比較しながら新しいconfig.plistを作りました。

変更点は以下のようでした。

  • Kernel/QuirksにSetApfsTrimTimeoutが追加されていました。SSDコントローラが行うtrimの作業のためのタイムアウトをmsで指定するようです。sample.plistでは-1になってました(多分何も設定しないという意味?)ので、そのまま-1にしておきました。
  • Misc/BootにLauncherOptionLauncherPathが追加されていました。Windowsを使うときのNVRAM設定に関連するものかと思いました。sample.plistではそれぞれDisabledとDefaultになってました。今までも問題なかったので、sample.plistのままにしておきました。
  • Misc/SerurityからBootProtectが消えてました。0.6.5ではBootstrapという値が入れてありました。LaucherOption/LauncherPathがこの代わりになったのかと思われます。
  • PlatformInfoにUseRawUuidEncodingが追加されていました。SMBIOS UUIDをbig endianにするか、little endianにするかの設定のようです。sample.plistではfalseになってました。今更変えるとUUIDが変わってしまうのかと思ったので、そのままfalseにしておきました。
  • UEFI/QuirksにDisableSecurityPolicyが追加されていました。platform  security policyを無効にするという意味らしいです。UEFI Secure Bootを有効にしているならこれは使うなと書いてありました。sample.plistではfalseになってましたので、そのままfalseにしておきました。

いずれも大きな変更ではなさそうです。

OpenCanopyが動かない

以上の設定で、0.6.5から0.6.6に移行できました。問題なく起動して動いているのですが、なぜかOpenCanopyが動かなくなりました。ピッカー画面が、シンプルなテキストメニューに戻ってしまいました。OpenCanopy周りが色々変わったというような記述がありましたので、何か設定を変更しなければならなかったのだと思います。見た目の問題なので、とりあえずこれで使って行きます。

OpenCanopyを動かす(追記)

コメントで教えていただいて調べたところ、/EFI/OC/Resources/Imageに

  • Left.icns/Right.icns
  • ModernLeft.icns/ModernRight.icns
  • OldLeft.icns/OldRight.icns

というファイルが必要になっているようです。それぞれ、Misc -> Boot -> PickerVariantを、Default、Modern、Oldに設定した時に使われるアイコンファイルです。これらをこちらから入手して追加したところ、OpenCanopyが動くようになりました。

12件のコメント

  1. 今回からBootStrapがフォルダごと無くなってます。これを残しているとローダーの起動前にちょろっと一瞬ですがメッセージ出ると思います。
    OpenCanopyは本家からリソースファイルをまるごと落として差し替えたら起動しています。

    1. ありがとうございます。なぜか手元の0.6.6の一式にはBootstrapフォルダがあったのですが、今、改めてダウンロードしたら無くなってました。本文も更新しておきました。

  2. お疲れ様です。
     0.6.6のいつ頃か忘れ為したが、後期になって、…\EFI\OC\Resources内の必須イメージファイルが増えているので、これが無い場合、テキスト表示に切り替わります。
      acidanthera /OcBinaryDataが完備しているので、ここからイメージを入れてから、 tekteq /opencanopy-minimal-themeを上書きすれば 元通りです。
     うまくいきますように。

    1. いつもありがとうございます。ご指摘の通りでした。記事に追記しました。

  3. * お二人のコメント(アドバイス)を参考にOC0.6.5からの移行(更新)作業を実施し、上手くminimalアイコンでのブート画面が表示・利用できました。

    当投稿記事に巡り会えて、深く感謝!!

  4. こんにちは
    以前こちらでお世話になりました。
    その節はありがとうございました。

    この度0.6.6にアップデートしたところ
    ブートローダー表示の直前で下記のエラーが出てしまいます。
    「OCS: No schema for BootProtect at 5 index, context !」
    一瞬表示した後OSの起動処理は行われその後の動作も問題ないのですが、
    設定が不十分であることは確かだと思いますので、消し方をお教えいただけたらありがたいです。
    ネットで調べてみましたが、よく分かりませんでした。

    宜しくお願い致します。

    1. お疲れ様です。
       きっとそうだと思いますが、
      「Misc/SerurityからBootProtectが消えてました。0.6.5ではBootstrapという値が入れてありました。LaucherOption/LauncherPathがこの代わりになったのかと思われます。」
      この部分は、いらなくなったのでconfig.plistから消してください。これで、出ないはずです。
       できれば、zipファイルの中にある、
       ocvalidateという、実行ファイルに、更新するconfig.plistをチェックしてみるといいです。これは構文チェッカーで、できたもの、なくなったものを教えてくれます。
       チェック後、Sample.plistや,SampleCustom.plistで、サーチし、デフォルト(安全側になっていると思うのでそのままで大丈夫だと思います)で、コピーし、これからアップデートするconfig.plistに入れていくといいでしょう。

    2. MifJpn様 返信ありがとうございます。

      解決いたしました。

      bootmacos様の追加記事で Misc -> Boot -> PickerVariant を
      AutoからDefaultに変更したところ、エラー表示が消えました。

      ありがとうございました。

  5. OC067がリリースされました。
    BootmacOSさんのほうでも、このOC067への変更作業が完了した暁には、その作業詳細を公開していただけると助かります。

    1. Mojave で 0.6.7 に更新した処、デスクトップ表示後1分程度で異常により自動リスタートされる様になった為に、0.6.6 に戻しました。
      「ドキュメント読んでから更新しないと駄目かな?」って感想です。

      1. 点検したら ACPIファイルを移動してませんでした。
        ファイルが無い事に気が付いて追加した処、正常に動作するようになりました。

        1. おつかれさまです。
          危なげなくて何よりです。
          0.6.6からは、ちょっと早めに来たような気もしますねぇ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。