ASRock Z590マザーボード搭載ALC1220で音を出す (その1)

(こちらは古い情報です。最新のAppleALC.kextを使うことで、ここで行った手順は不要になりました。こちらをご覧ください。2021/4/10)

ASRock Z590 Extremeに搭載されたサウンドチップRealtek ALC1220から音が出るようにしました。Z490のマザーボードを最初に使った時と同様に、FakePCIID.kextを使いIDを偽装します。近い将来、Z490の時と同様に、AppleALC.kextとOpenCoreがZ590チップセットに対応すれば、このような工夫なしで動くようになるのではと期待しています。

Z590マザーボードのサウンド

前の記事で、ASRock Z590 ExtremeにComet Lake-S 10900Kを取り付けてmacOS Big Surを起動させました。

この結果、有線と無線のネットワークが動いています。USBは未調整ですがキーボード、Bluetooth関係は動いてます。でもマザーボードに搭載されたサウンドチップであるRealtek ALC1220から音が出ていませんでした。今回は、このサウンドチップを動かします。

Realtek ALC1220は、300シリーズチップセットから搭載されているサウンドチップです。AppleALC.kextで長らくサポートされているので、互換性は高いと思っていました。でもZ590マザーボードでは、AppleALC.kextを入れるだけでは動きませんでした。

一方、一部のZ590マザーボードでは、新しいサウンドチップのRealtek ALC4080 が搭載されています。新しいので互換性が心配でしたが、実はALC4080はUSB接続で動いていて、USBオーディオとして機能するのでドライバの心配がいらないという報告がいくつか上がっています。オンボードサウンドのことだけを考えたら、ALC1220よりも、新しいALC4080が搭載されたマザボの方が面倒がなくて良いかもしれません。

PCIIDを偽装する

まずは、ALC1220がサポートするlayout-idをいくつか試してみましたが、音は出ませんでした。ALC1220の場合、使用できるlayout-idは、1, 2, 3, 5, 7, 11, 13, 15, 16, 21, 27, 28, 29, 30, 34だそうです。layout-idは多少違っていても大抵は音が出るので、全く動かない場合は、layout-idの問題ではないと思われます。

他の方法を検索しましたが、結局、以前、Z490マザーボードが出始めた時に使った方法が有効でした。サウンドチップのPCIIDを偽装する方法です。

この方法に従って、以下のkext、

  • FakePCIID.kext
  • FakePCIID_Intel_HDMI_Audio.kext

を追加し、config.plistのDevicePropertiesに以下を追加しました。PciRoot(0x0)/Pci(0x1F,0x3)はALC1220のデバイスパスです。これのdevice-idをA348に、layout-idを1にする設定です。

Z590マザーボードに搭載されたALC1220には、ベンダー:デバイスIDとして、8086:F0C8が割り当てられています。このIDが、現在のバージョンのOpenCore/AppleALCには登録されていないようで、Hackintool.appで調べると、Device Nameが???という表示になります。

そこで、上記の内容をconfig.plistに加えることで、このIDが8086:A348になります。このIDはCannon LakeのALC1220のdevice-idと同じ値なので、下記のようにCannon Lakeの名前が表示されるようになります。

以上の作業を行うことで、無事、オンボードサウンドが出るようになりました。

まとめ

Z590マザーボードのオンボードサウンドチップであるRealtek ALC1220から音が出るように設定しました。以前のZ490の時もそうでしたが、OpenCore/AppleALCがZ590搭載のALC 1220に対応してくれれば、この作業は不要になると期待しています。

次の作業はUSBの15個制限の調整です。ぼちぼち対処していきます。

4件のコメント

  1. お疲れ様です。
    OpenCoreで、
    OcCpuLib: Added identifiers for Rocket Lake and Tiger Lake CPUs
    のコミットが上がってますね。期待が上がります。^^

  2. Twitterで
    5xx系マザーに10thCPUを使う場合はCPU直リンクのM.2ポートはGen3/Gen4のSSDどちらも動かないChipset側にもリンクを作る設計のマザーの場合は例外でGen3の速度相当になれるけど使える
    5xx系マザーに11thCPUを使う場合CPU直リンクのM.2ポートはGen3/Gen4のSSDどちらでも動く。

    といった情報が流れていたのですが、どうなのでしょう?

    1. その通りのようです。

      Z590 Extremeのマニュアルには、以下のように書いてあるので、CPU直リンクのM.2ポートは第10世代CPUでは使えないようです。chipset側からアクセスできるようには設計されていないようです。

      • 1 x Hyper M.2 ソケット (M2_1)、最大 Gen4x4 (64 Gb/s) までの M Key タイプ 2260/2280 M.2 PCI Express モジュールに対応 (第 11 世代 Intel® CoreTM プロセッサでのみ対応します)
      • 1 x Ultra M.2 ソケット (M2_2)、M Key タイプ 2260/2280 M.2 SATA3 6.0 Gb/s モジュール、および、最大 Gen3 x4 (32 Gb/s)までの M.2 PCI Express モジュールに対応
      • 1 x Ultra M.2 ソケット (M2_3)、M Key タイプ 2260/2280/22110 M.2 SATA3 6.0 Gb/s モジュール、および、最大 Gen3 x4 (32 Gb/s) までの M.2 PCI Express モジュールに対応

      ASRockでも上位機種のTaichiになると、このソケットに、第10世代CPUでもGen3で接続できるようです。どのマザボメーカーもマニュアルをダウンロードできるので、それで確認できると思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。