OpenCoreの選択画面をグラフィカルにする

OpenCoreのデフォルトブートメニューはシンプルすぎるので、Cloverのようにアイコンで選択するよう設定しました。0.5.7以降でこの機能が使えるようです。

OpenCore GUI

前の記事で、ASUSマザーボードマシンのブートローダーをCloverからOpenCoreに移行しました。そのコメントで、OpenCoreでもアイコンによる起動選択ができるようになっていることを教えていただきましたので、試しました。以下での設定が終了していることが前提です。

OpenCoreの起動画面をGUI化する方法に関しては、以下のページに使い方の説明があります。これに沿って進めました。アイコンによる選択のほか、起動チャイムやボイスオーバーも設定できるようです。ただ起動チャイムは、今のMacにはもうありませんし、不要かと思い設定しませんでした。

Resourcesの中身を用意する

配布されているOpenCoreのパッケージでは、OC/Resoucesの中にAudio, Font, Image, Labelというディレクトリがあるものの、中身は空でした。この中身を、以下のページから取り寄せて、入れておきます。たくさんのファイルがあります。特にAudioは、多国籍語のボイスオーバー用音声ファイルが入っていて、数が多いです。今回は、アイコン表示だけの作業なので音声ファイルは不要だとは思いますが、一緒に入れておきました。

OpenCanopy.efiを設定する

アイコン選択を動かすためには、OpenCanopy.efiというドライバーが必要なようです。配布されているOpenCoreパッケージには含まれていましたが、前回の作業ではDrivers_offというディレクトリを作って、これに入れて外していました。これをDriversディレクトリに戻します。こんな感じになりました。最小限の構成です。

新しくDriversに追加したので、config.plistも書き換えておきます。簡単な作業なのでProperTreeのSnapshot機能は使わずに、ProperTree上での手作業でOpenCanopy.efiを追加しました。これくらいの作業ならテキストエディタで十分で、ProperTreeを使うまでも無いかもしれません。

config.plistのMisc項目を設定する

引き続きProperTreeを使い、以下の項目を設定します。

  • Misc -> Boot -> PickerMode: Sample.plistではBuiltinだった値をExternalに変更しました。
  • Misc -> Boot -> PickerAttributes:1 ガイドには1にせよとありましらが最初から1でした。この値のデフォルト値は0です。今回設定した1の他に、2, 4, 8とその組み合わせの選択肢があるようです。8を試してみたのですが、見た目は変わりませんでした。

この結果、このページの冒頭の写真のように、アイコンで選択できるようになりました。

まとめ

OpenCoreの起動選択画面でアイコン表示されるように設定しました。Cloverコミュニティの皆さんが競って作っているようなド派手な画面やミニマムでおしゃれな画面ではありませんが、本物のMacと同じアイコンを使った正統な起動画面だと感じました。今回は起動音の設定を行いませんでしたが、設定すれば起動チャイムやボイスオーバーが可能になるようです。ボイスオーバーは、本来はバリアフリーのための機能です。OpenCoreの開発者の方々も、その意識を持って起動音機能を整備していることがガイドに書かれていました。

3件のコメント

  1. ども、boot macOSさん、

    実際は現時点ではopen canopyは、まだPreviewレベルなんで本格的に使っちゃだめよんっていうことあるようですけど。。。
    今後は改善?が進んで本家にバンドルされてくる見通しができたので良かったです。
    どうしても、まだシンプルすぎて物足りないなら、 fork されてるN-D-Kとか使うことになるでしょうけど、辛抱強く待ってれば標準でバンドルされてリリースされてくるのかなぁという想定でいます。

    >ただ起動チャイムは、今のMacにはもうありませんし
    最近のMacには昔ながらのチャイムは無いというか、無効化されてるというのを見つかた人がいるようですので、

    sudo nvram StartupMute =%00

    で復活させることはできるみたいですね。。。

    How to Enable the Classic Startup Chime on Newer Macs
    https://www.macrumors.com/how-to/enable-classic-startup-chime-on-newer-macs/

  2. お疲れ様です。
     bootmacさん、先日のBD-Rの件ありがとうございました。
     まっくぷろさん、背景になるほどですねぇ。
     今のところ、Mojave,Catalina、Windows10のトリプルブート機の、TimeMachine用HDDのESPにOpen Coreは入れて、様子を見ています。0.02の頃から比べれば、かなり使えるようになってきましたねぇ。特にOC Clean Snapshotはとてもいい方向だと思います。
     ただ、まだVer.が0.01上がるとSanityでなくなるの(とopen canopyの運用状態やconfigratorのアップグレード)は、ちょっと痛いですよねぇ。bootmacさんが書いてくれたので、Warningの出るレガシーなplistを近々、新しくしてOPEN COREの方の整備を今週末にでもしてみようと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

「名前」「メールアドレス」「サイト」は空白でも投稿できますが、日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)