10.15.2にしたけどNaviの性能は向上しませんでした

AMDのNaviグラフィックスがmacOS 10.15.1からサポートされたものの性能が引き出せないでいました。先週 (2019/12/11) 10.15.2がリリースされたので、改善されると期待しましたが変化なしでした。

Radeon RX580と5700XTの比較

進捗無しの記事です、すみません。AMDの新しいNaviアーキテクチャグラフィックスはmacOS 10.15.1から標準サポートされて、OOBで動きます。RX 580などのPolarisアーキテクチャ製品の後継として期待していました。でも、macOS上でのRadeon RX580と5700XTの性能を比較したところ、あまり差がなくて残念でした。

この時使ったmacOSは10.15.1でした。10.15.1のリリース後に、NaviアーキテクチャGPUを搭載したMacBook Proが発売されました。なので、10.15.2になれば、ドライバーが改善されて性能が向上するのではと期待していました。でも実測したところ、10.15.1と10.15.2で性能差はありませんでした。残念でした。

上のグラフは、電源投入直後にGeekbendh 5で5回計測したスコアの最大値です。実際の測定値は、以下です。

10.15.1-OpenCL 10.15.1-Metal 10.15.2-OpenCL 10.15.2-Metal
580 47807 49600 47132 49624
5700XT 51988 41266 51170 42244

MacBook Proに搭載されているのは、実はPro 5300MとPro 5500Mという型番のGPUです。モバイル用のGPUで、市販されていません。先日、5500 XTというグラフィックスカードが発売されました。番号が同じなので、もしかしたら性能を引き出せているのかも知れないです。でもお手頃価格で入手できる旧型のRX 580の方がハードウェア仕様は上なので、微妙なところですね。しばらくはRX 580/590がHackintoshに最適な状態は変わらない気がします。

Mac Proでも同様の結果

先日発売されたMac Proに、Radeon RX 5700XT, Radeon VII, Radeon, Radeon RX Vega 64のリファレンスモデルを装着してGeekbench 5のスコアを測ってくれている動画がありました。

これによると、それぞれのリファレンスモデルの

  • Radeon RX 5700XTのMetalのスコアは42905
  • Radeon VII, RadeonのMetalのスコアは45885
  • Radeon RX Vega 64のOpenCLのスコアは57841

だそうです。今回と、前回の測定とほぼ同様のようです。実機でも、市販のカードだとこのくらいなのですね。

8件のコメント

  1. MacBook Pro16インチ(10.15.2)にて内蔵Radeon Pro5500MとRazer CORE X+RX5700XTで比較しました。(Geekbench5)
    Radeon Pro5500M(内蔵)
    OpenCL 28016
    METAL 27163

    RX5700XT(外付け)
    OpenCL 33883
    METAL 26243

    PCI Express ×16接続でないにせよ外付けのRX5700XTが残念なことになっています。
    手持ちのHackintoshはCatalinaに上げたくないのでRX5700XTの検証ができませんが売っぱらってVEGAに換えたくなりました。

  2. これは貴重な情報ありがとうございます。以下のサイトによると、

    https://www.techpowerup.com/gpu-specs/?mfgr=AMD

    Shader / TMU / ROPの数は、

    Radeon Pro 5500Mは1536 / 96 / 32
    Radeon RX 5700 XTは2560 / 160 / 64

    だそうなので、ハードウェア仕様には格段の差があるはずなのですが、残念な結果ですね。測定していただいたPro 5500Mのスコアにこの仕様のSCやTMU数の比率(1.7倍)を掛けると、記事の5700 XTの値に近い数値になるので、Thunderboltがボトルネックなのでしょうか。

  3. RX5500XTも発売されましたが現状の対応を見る限りは恐らくRX580の方がベンチマークスコア高いんでしょうね。

  4. Radeon RX 5500 XTは1408 / 88 / 32
    に対して
    Radeon RX 580は2304 / 144 / 32
    なので、580に勝てそうもないですね。

  5. ども、Boot macOSさん、

    本記事の結果の考察には、
    こちらの記事が参考になりますね。。。”「RDNA」は処理された映像をとにかく超高速で画面に出力できるよう、あらゆるところで無駄が省かれた設計ということ。” 純粋な計算性能よりは、描画性能に最適なアーキテクチャーになったのかなっていう印象がありますね。(理解があってるかどうかちょっと自信ないですけど)ベンチするならモニターをリフレッシュレート120Hzに引き上げた上で、実際のMetal対応ゲームで目で実測しなきゃわかんないという傾向?なんですかね。アーキテクチャー上はすでに物理的に計算性能は削除されてて理論的には落ちますんで、今後のドラーバーの最適化での向上も最高にめっちゃ良くなっても2割くらいとか。。。ただPCI4.0のマザボに移行を前提として、横展開というか2枚とか4枚のRDN刺してMacで使えるようになることを前提に組まないと意味ないのかという脳内趣味レーションになるんですけど、どうなりますかね?

    RX 5700 XTをレビュー:Radeonとは思えない爽快な高性能
    https://chimolog.co/bto-gpu-rx-5700xt/

  6. コメントありがとうございます。次に測定する機会があったらGFXBenchも使ってみます。

  7. Mac Proでのベンチマークの動画があったので、その結果を追記しました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

「名前」「メールアドレス」「サイト」は空白でも投稿できますが、日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)