新Mac Proと勝負する

新Mac Proが供給され始めたので、Geekbenchのベンチマークサイトにスコアが上がるようになりました。最下位モデルは8コア16スレッドのXeon W-3223を搭載しています。これにならGeekbenchのスコアで9900Kが勝てるようです。

Mac Proと自作hackintoshで勝負

新Mac Proのベンチマークスコアが、紹介されています。(日本語の記事はこちらなどにあります。)

それによると、最下位8コアモデルのマルチコアスコアが7606くらい、16コアモデルが14285程度のようです。また、8コアMac Proは、8コアiMac Proや9900K搭載の8コアiMacに負けているようです。勝負しても虚しいだけなのですが、自作hackintoshと比較しました。ベンチマークしたのは、9900Kを使った自作

と9600Kを使った自作です。

それぞれでGeekbench 5を3-4回動かし、シングルコア値が一番良かったスコアを比較に使いました。シングルコアとマルチコアのベンチマーク結果は以下です。Mac Proのスコアは、上記の元記事からいただきました。シングルスコアは、コア数少なめで設計してある9900K, 9600Kの方が、Xeonよりも優れています。

Single-core Multi-core
Mac Pro 16 cores 1104 14285
Mac Pro 12 cores 1090 11599
9900K hackintosh 1360 8317
Mac Pro 8 cores 1008 7606
9600K hackintosh 1178 5601

一方で、Multi-coreの数値を比較すると以下のグラフになりました。

コア数の多いMac Proの性能は圧倒的です。でも、コア数の一番少ないMac Pro 8コアにならば、9900K搭載自作hackintoshは勝てました。元記事では、9900K搭載のiMacも比較対象になっていますが、同程度のスコアになっていて、Mac Pro 8コアを上回っています。9900K自作PCは、RX 580搭載の場合、税込20万円以内で組めると思います。これに対して8コアMac Pro(こちらもRX 580相当を搭載)は税別で599,800円、税込ならば66万円くらいします。3倍以上の差がありますので、自作hackintoshのコスパは圧倒的です。とはいえ、開封動画を見るとMac Proの作りは素晴らしいです。高いだけに贅沢な作りがされています。

一方、9600Kは、コア数が6なのでやはり厳しいです。(シングルコアならばどのMac Proよりもハイスコアです。)でも9600Kで普通のコンピュータ作業は全く快適なので、これくらいのスコアを出すもジューラー型MacがApple製品の選択肢に無いことが残念です。iMacからディスプレイを外したデスクトップ、もしくは、Mac miniとMac Proの中間のディスプレイ無しデスクトップの選択肢として、hackintoshの存在価値は大きいと思います。

7件のコメント

  1. ども、Boot MacOSさん、

    9900K Multi-coreのScoreが8317と伸びていませんけど、お使いのメモリーのスペックが物理的に影響しているのか、BIOSのメモリ設定:XMPなあどが適正でなのか気になりました。

    当方の9900K DDR4 3200 MHz (Total 64GB)だと9255まで伸びます。Single-core 1353で同程度なんですけどね。
    構成情報に搭載されてるメモリーのスペックが記載されていないようでしたので、ちょっと何が原因で伸び悩んでるのか気になりましたんでコメントさせていただきます。

    1. ありがとうございます。ご指摘いただいて、メモリクロックを見直すことができて、多少スコアが上がりました。
      使用しているメモリーは2666MHzです。高いクロック数のメモリを使っても速度はそんなによくならないみたいなベンチマーク記事をどこかで読んで以来、コスパの良い仕様のメモリを適当に選んで、マザボの設定もせずに使っていました。ご指摘いただいて、「このMacについて」で確認したら2133MHzで動いていました。BIOS設定でメモリ速度をAutoにしていたらこの値になった様です。BIOS設定で明示的に2666MHzに設定したら「このMacについて」も2666MHzになりました。スコアも少し上がり8800台になりました。元記事で紹介されている9900K iMac (8205) より良いので満足です。

  2. i7 9700KだとMulti:7296 Single:1233です。MacPro 8coresといい勝負ですね。こいつはCPUとビデオカードが中古ですから総額15万円くらいで組んでいます。自作PCと考えると高価ですがMacProと比べると相当に安いですね。

  3. 自分の作業が一段落したのでサイトをじっくり見ていたら気になってしまいベンチマークをやってみました。
    Geek bench5 (multi) 14277
    (single) 1308
    CINEBENCH  (multi) 8963
      (single) 492

    マザーボードがミドルクラスなのでpcie4ではないのでネットの情報ほど速度が出ていないようです。

    cpu Ryzen9 3950x(100000) 
    m/b b450チップセット(15000)
    メモリー DDR4 3200 32GB(15000)
    SSD SATA480GB(6000)
    GPU RX5700XT(47000)
    ケース (10000)
    電源   (15000)
    (合計¥208,000-)
    CPU以外の部品は流用です。金額は購入時 

    簡単ですみません。ご参考までに。

  4. 良いスコアですね。Mac Pro 16コアとマルチが同じで、シングルは大幅に勝ってますね。

  5. 水冷推奨ですが、持ってないので空冷で運用中です。今後水冷導入予定。

    長時間使用するとサーマルなんちゃらで処理能力落ちてる気がしています。

    まぁ、完全なロマンhackintoshなのでボチボチやりますw

    geekbenchはグラフィックも測定できるのでしょうか?項目どこにあるか解らなかったもんで。。。

  6. すみません、geekbenchの件自己解決しました。グラフィックベンチありました。。。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。