OpenCore 0.6.0から0.6.1に更新

OpenCoreの0.6.1が公開されたので0.6.1からアップデートしました。Big Surに対応してComet Lakeに対応したところが大きな変更点かと思います。0.0.1の違いなので新しくなったファイルを差し替えただけで移行できました。

0.6.1をダウンロードする

公式のダウンロードページは以下です。Kext Updater.appがダウンロードしてくれる内容を使っても良いです。

EFIファイルを差し替える

現在0.6.0が動いている状態でしたら、0.6.1に含まれる.efiファイルを、0.6.0のものと差し替えることでアップデートできます。具体的には以下のファイルです。まずはBOOTの中のBOOTx64.efiです。

次に、OC直下のOpenCore.efiです。

また、OC/Bootstrap/の中のBootstrap.efiも差し替えます。

OC/Driversの中のうち、現在使用しているものだけを差し替えました。手元のマシンでは、OpenCanopy.efiとOpenRuntime.efiだけを使っているので、それを差し替えました。

OC/Toolsの中も、使用しているものだけ差し替えれば良いです。手元では、OpenShell.efiだけを使っているので、それを差し替えました。

ACPIとKextsは、OpenCoreの範疇では無いので、変更不要です。また、config.plistも変更無しでそのまま動きました。OpenCoreに付属している差分を説明するファイルや、インストールガイドのページを見ても、書き換えるべきconfig.plistの項目はなかったように思います。

iMac20,1に対応

0.6.1で最新のComet Lake-S CPUを搭載したiMac20に対応しました。最新パーツで組む場合にはありがたいところです。付属しているmacserialコマンドでも、iMac20,1と20,2のシリアル番号とボードシリアル番号の対を生成できるようになっています。

% ./macserial --model iMac20,1 --num 5
C02D1KZGPN5T | C02027600GUPHCD1F
C02DP1Z3PN5T | C02046104GUPHCD1H
C02CFNYTPN5T | C02011401GUPHCDA8
C02D6PZWPN5T | C02032200QXPHCDAD
C02D36YPPN5T | C02029101CDPHCDAD
% ./macserial --model iMac20,2 --num 5
C02DW05T046M | C02052600QX00008C
C02DF4YW046M | C02038130GU0000AD
C02DQ2YH046M | C02047701QX00001H
C02D76Y9046M | C02033902QX0000UE
C02DL0K8046M | C02043101CD00001M

ただし、iMac20,2は、ボードシリアル番号の機種IDの部分が更新されていなくて0000になってます。実機を調べてきた人がいないためです。Comet Lake-Sの自作機でiMac20,2を選ぶことのメリットは特にありませんので、iMac20,1を選んでおくのが良いと思います。

9件のコメント

  1. config.plist は細かくみると将来に向けてアーキテクチャを指定する部分などが追加されているので一応確認、追加しといた方がいいと思います。

    1. 自分のミスみたいです。すいません。
      何故か片方のconfig.plistは0.5.9位で作ったはずなんですが、アーキテクチャの部分がずっぽぬけてましたが、もう1台の方は入ってました。うーん。お恥ずかしい。

    2. ありがとうございます。確かにその項目が増えていますね。調べて追記します。

    3. Archなどの設定ですよね。マニュアルをさらっと読んだところでは、古いmacOSに関係する設定のように思いました。CatalinaやBig Surでは指定しなくても良いように思えたのですが、どうでしょうか?

      1. KernelArchっていうのですね?

        ライオンとスノレパやレパード使うなら必要なようですね。Cloverは r5122でスノレパはBootできないって通報がCloverのClover General discussionにありますねぇ。CloverはスノレパはJettisonになる?っぽいです。。。でも、OpenCoreだとスノレパでKernelArch指定することBootがOK牧場になるみたいな使い方?かなとか思いました。。。

        1. 解説ありがとうございます。そういうことだったのですね。古いOSは使わない(CPUが対応していないので使えない)ので、設定しない(デフォルトのAnyのまま)にします。デフォルトだとモデルIDなどから決めてくれるようです。

  2. お疲れさまです。
    0.0.1の変更点が続くのと、このごろリリースバージョンはワーニングを出さない感じなので、変更の進み具合が分かりづらいのですが、
    meldを使うと、
     Misc->Security->BlacklistAppleUpdate
     なくなりました

     Misc->Security->DmgLoading:Signed
     増えました

     UEFI->ProtocolOverrides→AppleImg4Verification:false
     UEFI->ProtocolOverrides→AppleSecureBoot:false
     増えました

    が判ります。MacだとあまりMeldは有名でないのですが、Xcodeに同じ機能を持った、FileMergeがあるようなので、私は今後使ってみようと思っています。概ね、Sample.plistといまのconfig.plistをいれて、増えた項目を足す感じで、問題ないと思います。(デフォルトの値はStableなので)
    [参考]
    https://reasonable-code.com/filemerge/

    1. 差分とるなら、diffコマンドがおススメです!
      “`
      diff fileA fileB
      “`
      で、fileAとfileBの差分とれます。

    2. 配布されているOpenCoreの一式の中のDocsの中にDifferences.pdfというマニュアルがあります。0.6.0から0.6.1への変更箇所が青地で書いてあります。追加された箇所がデフォルト値でも問題なければ、0.6.0のconfig.plistのままで良いと思いました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。