macOS Big Sur 11.0 Beta 9 をインストール

Beta 9がパブリックベータとして公開されたので、Beta 6からアップデートしました。ビルト番号は20A5384cです。Radeon 5700XTの性能がかなり向上しました。Z490, 10900K, OpenCore 0.6.1の環境で快適に動作しています。

インストール手順

前回の記事で入れたBeta 6マシン(Z490 + 10900K + 5700XT)

のソフトウェアアップデートにmacOS Big Sur Betaの案内が来ていました。

このMac用のアップデートがあります
・macOS Big Sur Beta 9 11.0

という表示です。Beta 6からBeta 9に飛んだのは、パブリックベータだからだと思います(もしかしたら途中のアップデータに気づかなかったのかもしれませんが)。

早速「今すぐアップデート」ボタンを押したのですが、ダウンロードが開始した後で、「インターネットの接続を確認してください」というようなエラーが出て進まなくなりました。夢日記で紹介されている状況とおそらく同じだと思います。さらに、別のCatalinaマシンもベータテスターに登録しているので、こちらでもダウンロードを試みましたが、やはりネットが不調というメッセージで止まります。

サーバが不調なのかと思い、一晩待ちましたがやはり同じエラーでした。そこで、ベータテストのサイトからmacOSPublicBetaAccessUtility.pkgをダウンロードし直して、インストールし直したところアップデートが進みました。自動的に何回か再起動して、問題なくアップデートが完了しました。一方のCatalinaマシンも、macOSPublicBetaAccessUtility.pkgを入れ直すことでダウンロードが成功しました。原因は不明ですが、何らかのアクションをすると改善するようです。

インストールが終わったBis Sur Beta 9はとても快適です。この分ならメイン環境として使っても良いと思いました。OpenCoreなどのバージョンは以下のとおりです。

  • OpenCore 0.6.1
  • kext類は一般公開されている最新のもの
  • 機種設定はiMac20,1

5700XTの性能がさらに向上

このマシン (Z490 + 10900K) にはRadeon 5700XTを取り付けてあります。Beta 6の時と同様に、その性能をGeekbench 5で測定しました。下のグラフはCatalina 10.15.6、Big Sur Beta 6、Beta 9との比較です。OpenCLとMetalでそれぞれ3回測定した結果を平均しました。さらに比較のために以前紹介したCatalina 10.15.5でのRX 580の結果も掲載しました。

Radeon 5700XTの性能がかなり改善されています。Beta 6では、RX 580と比較して、OpenCLでは優っているもののMetalで負けていました。Beta 9ではBeta 6より2~3割改善されて、OpenCLもMetalもどちらもRX 580のスコアを上回りました。5700XTの性能をようやく引き出せるようになったようです。

3件のコメント

  1. bigsur アップデート後
    フロント、リア側のジャックが認識されず音が出せない現象が発生しています
    HDMI経由のモニターからは音がでます
    同事象発生の方いませんか? 

    1. OpenCore 0.6.1では、音関係で、
      Added iMac20,1 and iMac20,2 model codes
      Added Comet Lake-LP HDA device code
      が明記されてるんで、AppleALC.kextのNightlyBuildとか使うとかしてないと、オンボの蟹さん?オーディオが失踪したりするかもですね???

    2. 手元のASUS ROG STRIX Z490-G GAMINGでは、Beta 9でも、Catalinaの時と同様にリアのジャックから音が出ています。バラック状態なのでフロントは接続していないので不明ですが。機種IDはiMac20,1です。

      https://bootmacos.com/archives/10361

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。