AliExpressで売っている格安MagSafe製品

iPhone 12から登場したMagSafeは、便利で優れた機能なのですが、純正アダプタが高価です。そこでAliExpressで探したところ、多種類の互換品が安価に販売されていました。これならMagSafeを気軽に活用できます。

MagSafe

名前が昔のMacBook用MagSafeと同じで紛らわしいですが、ここでご紹介するMagSafeはiPhone 12から登場した磁石内蔵無線給電アダプタです。iPhone 8以降からQi規格に対応していたので、無線給電自体は可能でした。その給電コイル部分に磁石を内蔵したのがMagSafeです。iPhone 12側にも、受電コイルの場所に磁石が埋め込まれていて、ピッタリと位置合わせしてくっつきます。Apple以外にも同じアイディアを製品化していた会社があったとは思いますが、これでデファクトスタンダードになった点が進歩だと思います。

無線給電は便利なのですが、位置合わせが面倒でした。給電・受電コイルの位置がズレると給電効率が悪くなり、充電できないこともあります。Appleが純正の無線給電アダプタを製品化するという噂があったものの、中止になってました。ネットの情報では、コイルカップリングの不確実さが問題だったそうです。MagSafeでそれが解決されたので、無線給電アダプタ類を本格的に製品化することになったのかと思います。

磁石でくっつけるアイディアは良いのですが、磁力なので距離の二乗に反比例して弱くなります。なので、iPhone背面とMagSafeアダプタの間に保護ケースが挟まると、MagSafeアダプタはほとんどくっつかなくなってしまいます。これを解決するために、ケース背面部分に磁性体部品を組み込んだMagSafe対応ケースが用意されてます。この構造により、iPhone裏からケースの裏まで、磁力線が拡散する事なく導かれるので、MagSafeアダプタがしっかり付きます。

MagSafe充電器

磁石内蔵の給電コイルを、Apple Storeでは「MagSafe充電器」という製品名で売ってます。充電器という名前ですが、ACアダプタ部分は別売です。MagSafeは15Wの充電をするので、純正の20W USB-C電源アダプタと一緒に使うことが推奨されてます。丸いパーツの中には給電コイルの他に、Qi規格に基づいてiPhoneと電磁誘導で通信して、相手を確認してネゴシエーションして、適切な電力を供給するためのコンピュータチップも内蔵されているはずです。

Apple Storeの価格は税別4,800円です。純正ACアダプタを買うとしたら、さらに税別2,000円が必要です。便利なのでたくさん備えて色々な場所で使いたいのですが、この価格だとちょっと躊躇します。そこでMagSafe充電器の互換品を探してみました。Amazonでも互換品は見つかりますが割と高価で3,000円前後します。でもAliExpressでは送料込1,100円くらいで売ってます。20WのUSB-C ACアダプタをセットにしても送料込1,600円くらいです。いくつかを入手しましたが、どれも問題なく使用できました。純正品1個の価格で互換品が4個以上買えるので、色々な場所で気軽にMagSafeを使えると思います。


AliEspress: MagSafe充電器

MagSafe対応ケース

MagSafeを使うなら、iPhoneの保護ケースもMagSafe対応にすべきです。非対応のケースでも給電できなくはないですが、前述のように磁力が弱まるのですぐに外れてしまいます。中に磁性体パーツが内蔵された対応ケースなら、ケース無しの場合と同様にしっかりと固定され、簡単には外れません。

iPhoneの純正ケースが高価なのは昔からのことです。MagSafe対応の純正ケースで一番高級なケースは、「MagSafe対応iPhone 12 | iPhone 12 Proレザーケース」で、税別6,800円です。AmazonにもAliExpressにも、非純正のMagSafe対応ケースが手頃な価格でたくさん販売されているので、そちらを試した方が良いと思います。純正品にはない特徴のある製品も多いです。例えば、画面保護ガラスがセットになった製品、ケースの角部分を強化して保護力を向上させた製品、ストラップ取り付け穴のある製品などがあります。

一方、AliExpressでは純正品そっくりのレザーケース、シリコーンケース、レザーウォレットも販売されています。同様の他の商品に比べて少し高価(とはいっても1,800円前後)な値付けになっていて、ロゴ付き (with logo) と書かれていることもあります。これらの製品は、実際にAppleロゴがついて、純正品と同じ紙ケースに入って販売されているようです。おそらくは、Appleが委託生産した余剰品が流出しているのではないかと思います。アパレル製品などでよく聞く話ですね。


AliExpress: 純正品に似たケース

MagSafeスタンド

MagSafe充電器をはめ込んで、iPhoneを充電しつつ支えるスタンドも多数販売されています。金型さえ用意すれば量産できるこのタイプの製品は、AliExpressのお得意分野です。例えば以下の製品は送料込みで1,030円くらいです。丸い部分にMagSafeのコイルをはめ込みます。それにより、iPhoneを当てるだけでしっかりと支え、同時に充電もしてくれます。角度調整できる点も便利でした。別途MagSafe充電器が必要です。


AliExpress: iPhone充電スタンド

車載ホルダー

車のダッシュボードにiPhoneを取り付けるホルダーです。この手の製品は以前からたくさんあり、iPhoneにカーナビさせるときに便利です。以前は、iPhoneをバネで挟んだり、iPhoneに鉄板を貼って磁石で固定したりしてました。それがMagSafeになってスマートで便利になりました。iPhoneをそのまま当てるだけで固定できて、同時に充電も可能になります。

エアコン吹き出し口フィンに固定するタイプならば、両面テープでダッシュボードを汚す心配もありません。AliExpressならば送料込みで2,881円です。ちゃんと使えます。なお、Apple StoreではBelkinの製品が税別4,980円で売られてます。Apple純正MagSafe充電器に比べたら妥当な価格ですので、Apple Storeで買ってあげても良いかもです。


AliExpress:車載用MagSafeホルダー

MagSafeデュアル充電パッド

iPhoneとApple Watchの両方を無線給電できるMagSafe充電器です。旅先で便利そうです。でも純正品は、税別14,800円と、高すぎな気がします。AliExpressなら送料込みで1,907円です。実際に入手したのは、下のリンク先の製品ではありませんでしたが、安っぽい感じでした。Apple Watch充電コイルがポップアップするヒンジ部分がすぐに壊れてしまいました。壊れた部分は接着剤で固定して、載せるだけで充電することにしました。以下の製品はちゃんとしているかもしれません。


AliExpress: MagSafe+Watch充電器

まとめ

iPhoneの固定と充電が同時に可能なMagSafeは、iPhone 12の新機能の中で一番便利な機能なのではと思ってます。でも純正アダプタ類が高価なので、なかなか使いづらいです。互換品を使って活用したいと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。