OPENCORE 0.6.8から0.6.9に更新

OpenCoreの0.6.9が公開されたので0.6.8からアップデートしました。config.plistの変更点はほとんどありませんでした。UEFI/AppleInput/CustomDelaysがstring型からbool型に変更されたのが注意点です。

0.6.9をダウンロードする

公式のダウンロードページは以下です。Kext Updater.appがダウンロードしてくれる内容を使っても良いです。

OpenCore 0.6.9とmacOS 11.3.1で動作確認している手元のマシンは以下です。また、kext類はKext Updaterを使って最新版に入れ替えてあります。

  • ASUS Z390 ROG MAXIMUS XI HERO + 9900K + Radeon RX 580 + macOS Big Sur 11.3.1
  • ASRock Z590 Extreme + 10900K + Radeon 5700XT + macOS Big Sur 11.3.1

.efiファイルを差し替える

更新するためには、今までと同様に、X64の方のフォルダの中身を、現用のファイルと入れ替えます。入れ替えるべきファイルは、いつもの通り以下です。

  • EFI/BOOT/BOOTX64.efi
  • EFI/OC/OpenCore.efi
  • EFI/OC/Driversの中のうち、現在使用しているもの:手元のマシンでは、OpenCanopy.efiとOpenRuntime.efi
  • EFI/OC/Toolsの中のうち、現在使用しているもの:手元のマシンでは、OpenShell.efi

ACPIとKextsは、OpenCoreの範疇では無いので変更不要です。

config.plistを更新する

現在のconfig.plistをconfig_old.plistと改名し、配布パッケージに入っているsample.plistをコピーして持ってきて、これをconfig.plistにしました。PlistEDPlusを使って、双方を開いて、古いconfig.plistの項目をコピーする方針で、新しいconfig.plistを作りました。PlistEDPlusのバージョンが上がって、機能が増えました。

config.plistで設定する項目の変更点は以下のようでした。

  • UEFI/AppleInputのCustomDelaysという項目があります。0.6.8ではstring型でAutoを設定してたのですが、0.6.9ではbool型になってました。string型なのは不自然だったとのことです。UEFI/AppleInputではKeyInitialDelayとKeySubsequentDelayを設定するのですが、CustomDelaysがfalseの場合はこれを無視してデフォルト値にしてくれるとのことです。Sample.plistの設定でもfalseなので、falseに設定しておきました。
  • UEFI/QuirksにEnableVectorAccelerationという項目が追加されていました。SHA-512とSHA-384ハッシングアルゴリズムでAVXベクトルアクセラレーションを有効にするらしいです。デフォルトはfalseだけどsample.plistではtrueでした。性能が上がりそうな説明だったのでtrueにしてみました。
  • UEFI/QuirksにForgeUefiSupportという項目が追加されていました。UEFI 1.xファームウェアで、UEFI 2.xのサポートを部分的に可能にするという設定らしいです。forgeは確立するとか偽造するという意味なので、UEFI 2.xのふりをするという機能のようです。MacPro5,1でNVIDIA GOPオプションROMを使う場合などに有効とのことです。いずれも該当しないので、デフォルトのままfalseにしておきました。
  • UEFI/QuirksにReloadOptionRomsという項目が追加されていました。ForgeUefiSupprtでUEFI 2.xファームウェアを有効にした後で、NVIDIA GOPオプションROMををリロードするような場合に使うとのことです。ForgeUefiSupportを使わないなら不要のようなので、デフォルトのままfalseにしておきました。

いずれも大きな変更ではなさそうです。以上の設定で、0.6.8から0.6.9に移行できました。

1件のコメント

  1. お疲れ様です。
    OpenCore陣営は、潤沢に人材がいるので、Sampleやvalidateもきちんとしてていいですね。
    CustomDelaysについて、いち早く、質問が来たので答えて。
    簡単な、アップグレード時のconfig.plistのアップグレードの説明をそこから作りました。
    いがいと検索に引っかかってるので、ご報告まで。
    (tonyx86さんも、そのItemでsampleの単純ミスで無いか?って言ってますねぇ^^;)
    OpenCoreを新しくしたときのconfig.plistの更新の仕方
    https://mifmif.mydns.jp/alpha/?p=1734

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。