Big Surでは古いBroadcom無線モジュールが使えない?

macOS Big SurではBroadcomのWiFi/Bluetoothモジュールが動かなくなるとか、そんなことはないとか情報が飛び交ってました。古いMacにBig Surを導入するパッチを作っているサイトによると、2012年モデル以前ではWiFiが動かないらしいです。今後は2013年以降モデル搭載の802.11 ac対応Broadcomの無線モジュールを使用するのが良いと思います。無線モジュールに関してはこちらのページをご覧ください。

古いMacは無線が動かない

iMac14,1, iMac14,2, iMac14,3ってHaswellなのになぜBig Surのサポート外なのだろうと不思議に思って色々検索していたら、こんなページを見つけました。Big Sur非サポートMacで動かすためのパッチを配布しているDosdude1さんらのページです。フォーラムでもまっくぷろさんに紹介いただいています。

最初の疑問は解決しませんでしたが、別のことを発見しました。このページのパッチがサポートしている機種一覧表によると、パッチを使っても、2012年以前のMacではWiFiが動かないらしいです。もともとがサポート対象外の古いMacに搭載された無線モジュールですので、パッチを当てて動かそうとしている人たちにしか検証できない貴重な情報だと思います。

802.11ac対応が動作条件?

実は2013年モデルMacからWiFiが802.11acに対応して、搭載されているBroadcom社製モジュールが入れ替わっています。これが関係していると思われます。それ以前の、802.11nのみ対応のBroadcomモジュールがBig Surで切り捨てられたのではないでしょうか。ちなみに、Broadcomモジュール型番と搭載Macの関係は、以下のページ(ロシア語)が詳しいです。

https://deviwiki.com/wiki/User:Omega/Broadcom_modules_(Apple)

この2つのページの情報を組み合わせると、以下の古いBroadcomモジュールは、Big Surでサポートされなくなったと考えられます。型番がBCM9431、BCM9432、BCM9433で始まるモジュールです。

  • Broadcom BCM94311MCAG
  • Broadcom BCM94321MC
  • Broadcom BCM94321COEX2
  • Broadcom BCM94322USA
  • Broadcom BCM94322MC
  • Broadcom BCM943224PCIEBT
  • Broadcom BCM943224PCIEBT2
  • Broadcom BCM94331PCIEBT3A
  • Broadcom BCM94331PCIEBT3B
  • Broadcom BCM94331PCIEBT4
  • Broadcom BCM94331CSAX
  • Broadcom BCM94331CD

このうちの一部は、AliExpressで1,000円前後で格安販売されています。Catalinaまでは動いていた実績があるので、互換性があるように紹介されている場合もあります。Big Surを使用する予定でしたら、避けた方が良いと思います。

一方で、引き続きBig Surでサポートされると考えられるBroadcomモジュールは、BCM9436シリーズの、

です。FenviのFV-T919はBCM94360CDを使っているので引き続き使用できると思われます。M.2 無線モジュールのBCM94360NGもこの世代なのでBig Surで使用可能と思われます。

3件のコメント

  1. >iMac14,1, iMac14,2, iMac14,3ってHaswellなのになぜBig Surのサポート外なのだろうと不思議
    たしかに、えっ?もう無慈悲切り捨てなのぉ?っていう気になりましたね。

    早々、macOS 11 Big Sur on Unsupported Macs Thread の方がchange.orgでの署名活動が始まりましたし。。。
    Apple: Please reconsider supporting Big Sur on recent, capable Macs
    https://www.change.org/p/apple-apple-please-reconsider-supporting-big-sur-on-recent-capable-macs

    iMac Late 2013は、まだかまだかって、なかなかRetina液晶にならない時期でもありましたね。。。
    それだけでなく、 iMac Late 2013は嫌われ者のNVIDIAは乗っかってるし、Fusionドライブの構成もあるし、ビンテージ製品へ入選は秒読み?ですし、もうComet Lakeno iMac出てきますし。。。
    早い話が?10 Core iMac買ってお布施しなさいってことなのかもですね。w

    ビンテージ製品とオブソリート製品
    https://support.apple.com/ja-jp/HT201624

  2. > iMac Late 2013は嫌われ者のNVIDIAは乗っかってるし、

    nvidiaの昔のモデルのサポートが切れたのだったらちょっと困りますね。

    1. >ちょっと困りますね。
      何か困りましたっけ???ちょっとぴんときませんけど、Keplerのカードお持ちでそれが使えなくなるのは悲しいということでしょうか?

      NVDAGF100Hal.kextというフェミのkextとNVDAGK100Hal.kextというケプラーのkextはBig Surでもまだ、残りそうな気配なんですけど、NVDAGF100Hal.kextというフェミのkext一体どのFemiが動くのか謎ですよね。。。

      Broadcomモジュールについての話に戻りますが、AirportBrcmFixupにBig Surに関する注意警報が載りましたね。。。

      acidanthera/AirportBrcmFixup
      https://github.com/acidanthera/AirportBrcmFixup

      [10.16]
      AirPortBrcm4360: removed
      AirPortBrcm4331: removed
      AirPortBrcmNIC: 43ba, 43a3, 43a0, IOProbeScore = 1400
      AirPortBrcmNIC-MFG: removed

      Please pay attention
      In 10.16 (Big Sur) class AirPortBrcm4360 has been completely removed. Using of injector kext with such class name and matched vendor-id:device-id blocks loading of original airport kext. To address this issue and keep compatibility with older systems injectors for AirPortBrcm4360 and AirPortBrcmNIC were removed from main Info.plist file. Instead, the two new kext injectors are deployed in PlugIns folder: AirPortBrcm4360_Injector.kext and AirPortBrcmNIC_Injector.kext. You have to block (or remove) AirPortBrcm4360_Injector.kext in BigSur. In OpenCore you can specify MaxKernel 19.9.9 for AirPortBrcm4360_Injector.kext. In Clover you can have two different AirportBrcmFixup.kext, but in kext folder with version name 10.16 AirportBrcmFixup.kext must not contain AirPortBrcm4360_Injector.kext. You don’t need these injectors at all if your vendor-id:device-id is natively supported by AirPortBrcmNIC or AirPortBrcm4360 (your device-id is included into Info.plist in these kexts).

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。