Catalina Public Betaが配布されました

Public Betaの配布

本日 (2019/6/25) からいよいよPublic Betaが配布され、無料で誰でも試せるようになりました。去年とほぼ同じタイミングです。

無料配布のPublic版とは言っても、例年通り緩い守秘義務はあります。「Appleが公表していない情報はPublic Betaプログラム参加者以外に伝えてはいけない」のだそうです。以下の情報は公開済みの内容と思いますが、念のためにベータプログラム参加ページで登録してから読んでください。

うっかり読まないように空行を入れておきます🙂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、上記のページから登録するとmacOSPublicBetaAccessUtility.dmgというファイルをダウンロードできます。この中に入っている

macOSPublicBetaAccessUtility.pkgを起動すると、ソフトウェアアップデートでPublic Betaが受信できるようになります。

ベータ受信機能は、ウィンドウ左下の「詳細」をクリックすれば、簡単にキャンセルもできますので、気軽に試してみましょう。

インストール方法

ダウンロードしたCatalinのインストーラ、Install macOS Catalina Beta.app

を開いて、HDD内のHFS+でフォーマットした空きパーティションにインストールしてみました。使ったマシンは、こちらの構成です。Z390、第9世代CPU、Radeon RX580の構成です。

EFIファイル類は上記のリンク先で紹介したものをそのまま使いました。Mojaveの起動に使用している構成です。ただ、Lilu関係のバージョンチェックを避けるために、念のために

-lilubetaall

を起動オプションに追加しました。これで問題なく起動しました。

(訂正:初稿に書いたリセット問題はCatalinaとは関係なく、BIOSの設定が足りなかったのが原因のようでした。BIOS設定の中で、System Agent (SA)関連のメモリ設定を色々変えていたら治りました。)

コンテナ構成が刷新

Public Betaをインストールしてコンテナ構成が新しくなったことに気づきました。上で書いたように試したボリュームはHFS+の古いタイプのHDDだったのですが、Catalinaのインストールで自動的にAPFSに変換されました。さらに、APFSのコンテナが2個作られました。今回はインストール先をCatalinaという名前にしたのですが、Catalina – Dataというコンテナが新たに作成されました。ディスクユーティリティ.appで見ると以下のようになります。

Catalinaで書き込み不可になったファイルとディレクトリー類が本体のコンテナに、それ以外の内容が – Data が末尾についたコンテナに自動的に振り分けられるようです。

まとめ

インストールは簡単でMojaveと同じ構成で起動可能です。また、サクサク動いて快適です。このままメインで使い続けても問題ないように思いました。

2件のコメント

  1. 昨夜、Apple、開発者向けに「macOS Catalina 10.15 beta 4 Build 19A512f」を公開された..とのニュースを見て、予定通り一晩待ってみたら Public Beta 4 (Buildは開発者向けと同じ19A12f)がリリースされました。
    https://applech2.com/archives/20190717-macos-catalina-10-15-beta-4-build-19a512f.html

     でも、なぜかスムーズに起動させるためには、なぜか事前に露払い(=Mojave起動ボリュームを立ち上げてディスクユーテリティアプリのFirstAid機能にてクリーニング、 システムおよびDataの両方)が必要でした。
     
     先月の6/25に 最初のPublic Beta 1がリリースされてから、おおよそ3週間で Beta4。 このスピードは早いのか?遅いのか?分かりませんが、Public Betaのテスト開始を昨年の場合よりも おおよそ1カ月ほど早いと聞いていますので、吉報も早くくるのかも???

    偶然 ちょっと前に、Cloverboot loader のレベルを r5018 上げてあったので、大きな問題もなく起動・稼働できています。 
    (新起動ボリュームの再起動は数回 実施、 玄関口とお勝手口を行ったり来たり)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

「名前」「メールアドレス」「サイト」は空白でも投稿できますが、日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)