ASUS ROG STRIX Z490-G, 10900K



第10世代デスクトップCPU 10900Kを搭載したASUSのZ490マザーボードに、OpecCoreで起動するmacOS Catalinaをインストールしました。CPU, GPU, スリープ、Ethernet, サウンド, WiFiが全て動き、安定しています。間も無く登場すると言われているComet Lake-S搭載iMacに匹敵するマシンになると思います。

ハードウェア構成

こちらの記事で、10600を使ったhackintoshを作りました。これのCPUだけを10900Kに交換しました。他の設定は全く変更なく、引き続き動きました。

マザーボード

マザーボードは、ASUS micro-ATXマザーボードのROG STRIX Z490-G GAMING (Wi-Fi)です。しっかりした作りでよくできています。販売サイトの製品写真ではバックパネルカバーのロゴが黄色です。でもこれはフルカラーLEDなので、Windowsからならば何色にも設定できると思われます。デフォルトでは時間と共に色が変化します。Wi-Fiを搭載しないモデルは2,000円安いです。WiFi用のM.2ソケットでBroadcomのカードが動くかと思ったのですが、これはCNVi専用でした。なのでWi-Fi無しの方が良かったかもしれないです。

CPU

10900Kです。10コア20スレッドです。12面体という奇抜な外箱だった9900Kに比べて、普通のコンパクトな外箱になったと思っていたのですが、実物を見るとこれもなかなか奇抜でサイズ感がありました。微妙な角度でCPUが保持されています。

GPU

CPU内蔵のiGPUであるIntel UHD Graphics 630はほぼ稼働しました。ただし、Display Portのみが機能し、HDMIでは出力できないです。また、「画面共有」を設定しても他マシンから接続できませんでした。このCPUでiGPUを使い続けることはないと思うので、緊急用としたらこれで十分でしょう。

そこで、PCIeスロットにグラフィックスボードを接続し、こちらを主に利用します。現在挿してあるのは、Sapphire NITRO+ ブランドのRadeon RX 580です。全く問題なく動いています。

WiFi / Bluetooth

BroadcomのBCM94360NGを使用してます。アンテナ端子は、マザーボードのバックパネルに取り付けてあります。詳細は、こちらをご覧ください。

BIOS設定

BIOSの設定は、ほぼ工場出荷時設定で大丈夫です。Legacy USBをdisabledにするなど、やっておけば良い程度の変更をしました。デフォルト設定のままであってもmacOSの起動に支障をきたすことはありません。

よくあることのようですがメモリーが2133MHzと認識されていました。2666MHzのメモリーなのでBIOSでそのように設定しました。メモリー速度設定はGeekbench 5のスコアに影響を与えます。

使用したefiとkext

ACPIには

  • SSDT-AWAC.aml
  • SSDT-EC-USBX.aml
  • SSDT-PLUG.aml

を入れました。Driversには、

  • VBoxHfs.efi
  • OpenRuntime.efi
  • OpenCanopy.efi

を入れました。Kextsには、

  • WhateverGreen.kext
  • VirtualSMC.kext
  • USBPorts.kext
  • SMCSuperIO.kext
  • SMCProcessor.kext
  • Lilu.kext
  • FakePCIID.kext
  • FakePCIID_Intel_I225-V.kext
  • FakePCIID_Intel_HDMI_Audio.kext
  • AppleALC.kext

を入れました。このうち、macOSの起動に最低限必要なのは、以下の3個です。

  • WhateverGreen.kext
  • VirtualSMC.kext
  • Lilu.kext

USBPorts.kextは、USBを15個指定する自作kextです。なくても、USBポートの一部が動かないだけで、macOSの起動には問題ありません。作り方は以下をご覧ください。

SMCSuperIO.kextとSMCProcessor.kextは、CPU温度などをモニターするkextです。これも特に必要なものではありません。使い方は以下をご覧ください。

FakePCIID.kext, FakePCIID_Intel_I225-V.kext, FakePCIID_Intel_HDMI_Audio.kextの3個は、マザーボード搭載のEthernetチップとサウンドチップを動かすために入れてあります。このマザーボードから新しくなったチップなので、偽装する必要がありました。将来的には不要になるかと思います。これも無くても、LANと音が出なくなるだけで、macOSの起動には問題ありません。詳しくはこちらをご覧ください。

ToolにはOpenShell.efiを入れました。ちなみにOSとブートローダは以下です。

  • macOS Catalina 10.15.6
  • OpenCore 0.5.9

config.plistを作る

OpenCore配布パッケージにあるsample.plistを元に、変更を加えてconfig.plistを作っていきます。下記のComet Lakeガイドのページにほぼ従いました。

ディスプレイの設定は、Radeonのグラフィックスボードを使うので、ヘッドレス用の以下の設定にしました。

<key>PciRoot(0x0)/Pci(0x2,0x0)</key>
<dict>
	<key>AAPL,ig-platform-id</key>
	<data>AwDImw==</data>
</dict>

ここで使用したconfig.plistを以下で公開しておきます。シリアル番号などは有効な番号が入っていますが、ネットに接続する前に必ず自分用の番号に置き換えてください。

シリアル番号などの作り方は、こちらをご覧ください。

動作確認

ほぼ問題なく動作します。動作確認したことは、

  • スリープ
  • iGPU (DisplayPortのみ。画面共有は不調)
  • グラフィックスボード (RX 5700XTとRX 580で確認)
  • WiFi/Bluetooth

などです。このほかに問題はありません。

ベンチマーク

Geekbench 5でベンチマークしました。マルチコアスコアで10,000超えが目標だったのですが、達成できました。 

ちなみにCore i5 10600では6300くらいでした。コア数が6だったので、妥当な値でした。

今回のスコアを実際のMacと比較すると10コアiMac Proと14コアiMac Proの中間くらいです。同じコア数でもクロックが高いのでiMac Proに勝ってます。Apple Siliconが10,000超えのスコアを出してくれるまでは、Intel搭載デスクトップは安泰な気がします。

ベンチマークを動かしていた時のAcvitiby Monitorです。20コアが働いてます。

iMac20,2が出ました(追記)

Comet Lake-S搭載の27インチ iMacが発表されました。最上位モデルのCPUは10910のようです。Apple用のカスタムチップで一般には販売されないモデルです。10900Kと10900の中間の性能のようです。Geekbenchに上がっているスコアによると以下のようです。10900Kよりはクロックが低いので、スコアは10000前後ギリギリのようです。実機よりちょっと高いベンチマーク結果が得られるところが、自作PC hackintoshの醍醐味だと思います。

まとめ

Core i5 10600で動かしていたマシンのCPUを10900Kに交換しました。全く問題なく動きました。Geekbench 5でのマルチコアスコアは10,000を超えました。Comet Lake-S搭載のiMacが出たら、シリアル番号などをそれに合わせて設定し、本格的に使用したいと思います。

11件のコメント

  1. いつも有益な情報ありがとうございます。
    やはり流れはCloverからOpenCoreなのでしょうか?

    1. OpenCoreはconfig.plistが長くてややこしいですが、ドキュメントが揃っているのがありがたいです。

        1. いつもながら情報ありがとうございます。

          >Fix black screen on igfx since 10.15.5

          おお!もしかしたら頓挫していたHP EliteDeskが救済されるかも。試してみます。

          1. 何となくですけどスリープでの暗黒問題はigfxonln=1の投入とセットで挙動の確認が必要かもっていう感じかなと思われます。。。

            https://www.tonymacx86.com/threads/screen-sleep-stopped-working-after-update-to-mac-os-catalina-10-15-4.294025/post-2158822
            I was having this problem too after updating from 10.15.2 to 10.15.6 two days ago. At first HDMI didn’t work at all, so I was using the VGA port while I looked for a solution. I’ve seen today that WhateverGreen released a new version (1.4.1) which made the HDMI port work again, but I got the problem of the monitor not returning from sleep.

            I found this thread and the igfxonln=1 argument did solve it. I don’t use HDMI audio, so I’m not sure if it works correctly.

    1. まっくぷろさん、情報提供ありがとうございます。第10世代とRADEON 5700XT投入発表は自分の環境に近いので喜んでいます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。