Hackintoshの作り方(総集編:10.13版)

macOSをインストールする方法をご紹介してきたのですが、多数の記事に分散してしまっています。そこで、macOS 10.13 High Sierraをインストールする際に参考になる記事へのポインタをまとめた総集編を作ってみました。10.14 Mojaveについては以下をご覧ください。

手順の概要を把握する

こちらは9TO5MacのライターのJeffさんのビデオです。テンポよく紹介されていますので、全体の流れを確認するのに良いと思います。

macOSインストールのアプローチはたくさんありますが、一番おすすめなのは、Cloverを使ってバニラなインストールをすることだと思います。そのことを説明しています。

ハードウェアを用意する

Hackintoshを作るためには、互換性のあるハードウェアを自由に選んで組み合わせられる自作PCが、問題が少なく楽です。ノートPCなども可能ではありますが、上級者向けだと思います。CPUは、今の最新Mac実機が採用しているKaby Lakeもしくは

発売されたばかりの最新のCoffee Lakeが良いと思います。多少、チャレンジングですが、将来のことを考えたら最新Coffee Lakeで組んでおくのが良いと思います。

そうすると、マザーボードは、CPUに合わせて200シリーズか300シリーズを選ぶことになります。

グラフィックスカードはNVIDIAかAMDでしょうが、どちらも長短あります。少し前は、互換性、ドライバの提供、性能の点からNVIDIAがお勧めだったのですが、最近のmacOSではAMDの互換性が上がっています。詳しくは以下を参考にしてください。

無線アダプタ、SSD, そのほかのパーツについても紹介しておきました。

マザーボードのBIOS/UEFIを設定する

インストール先のコンピュータを組み上げたら、macOSが稼働するようにBIOS/UEFIを設定しておきます。この設定が間違っていると、それだけで起動しない場合もあります。

必要なソフトウェアを入手する

Hackintoshするには、macOS本体以外にオープンソースで有志が開発しているソフトウェアがいくつか必要です。必要なソフトウェアの名前で検索すれば、大抵の場合、ダウンロード先が見つかります。オープンソースのソフトウェアは、オリジナルを作った人の他に、いろいろな人がソースコードを引き継いで分岐(フォーク)して、開発を行なっている場合もあります。中には元祖の開発者が放置して、開発が止まっていることもあります。なので、検索して、現在一番活発に利用されているバージョンを使うのが良いです。ということで、古いハウツー情報のダウンロード先から入手するよりも、検索をして探すのがおすすめです。

Clover EFI bootloaderとefiドライバー

“Clover EFI bootloader”で検索します。以下が本家かと思われます。

https://sourceforge.net/projects/cloverefiboot/

こちらでも最新版が配布されています。

github.com

Cloverをダウンロードすると、インストーラ、efiドライバ、テーマファイルなども一緒に入手できます。

kext類

FakeSMCをはじめとしたkext (カーネル拡張)が必要です。名前で検索します。例えば、FakeSMC.kextならば、”FakeSMC.kext”で検索すると、こちらで入手可能なことがわかります。

RehabMan / OS-X-FakeSMC-kozlek / Downloads — Bitbucket

Mac上で導入用のUSBメモリを作る

次に、macOSを入手して、インストール用のUSBメモリを作ります。これは実際のMacで作業します。ついでに、実際のMacでこのUSBメモリが起動することを確認しておきましょう。次に、インストール対象のマシンで起動できるように、Cloverのインストールと設定も行っておきます。

Cloverインストールの手順はこちらにも書いてあります。

config.plistの例を示して、説明しました。

config.plistの中でも、機種を設定するSMBIOSセクションの記述は重要です。その部分を説明したのがこの記事です。

対象マシンをUSBメモリで起動してmacOSを導入する

このUSBメモリを、インストール先のマシンに挿して起動させます。起動しない場合は、Cloverの設定やkextの選定を確認します。

無事起動したら、インストール先のSSD/HDDをGuidパーティションとHFSジャーナリングでフォーマットします。次に、macOSインストーラを起動して、High Sierraをインストールします。インストール先ボリュームがSSDの場合は、ファイルシステムが自動的にAPFSに変更されるかもしれません。

macOSのインストール途中で、何度か再起動することがあります。その場合は、USBメモリから起動して、”Boot macOS Install from (インストール先のボリューム名)”という項目を選びます。

f:id:siroanko:20170911214228p:plain

対象マシンにCloverを導入する

インストールが終了したら、またUSBメモリのESPから起動して、Cloverの選択画面でインストール先のmacOSを選択して起動します。この後、Cloverインストーラを起動して、インストール先にCloverを入れます。この手順は、先のUSBメモリにCloverを入れたのと同じ作業です。すでに動いているUSBメモリのESPをコピーしても良いです。SierraのHackintoshをHigh Sierraにアップデートする方法をこちらに書いておきましたので、ESPのコピーを行う方法の参考になるかと思います。

macOS環境を整える

USBに入れたCloverとkextで、最低限の起動は行えるようになっているはずです。さらに、グラフィックスカード、Ethernet, サウンドの設定をします。以下の記事が参考になるかと思います。

36件のコメント

  1. 先日のWWDCでMac-miniが発表されなくてがっかり、こちらのブログをみてHackintosh挑戦しちゃいました。
    15年ぶりの自作PCでしたが、
    Core i7-8700K
    MSI Z370I GAMING PRO CARBON AC
    SAPPHIRE NITRO+ Radeon™ RX 580 8GD5
    Thermaltake Core V1
    上記構成で試行錯誤しましたが、このブログのおかげで完動までこぎ着けました。
    Hackintosh面白いですね〜これからも色々な情報待ってます!
    ありがとうございました!

  2. コメントありがとうございます、励みになります。これは最強・鉄壁なパーツラインナップですね。実機で実現できていない最新CPUなので作り甲斐があったと思います。Hackintoshが面白いということに関して全く同感です。今後もよろしくです。

  3. tonymac86のUniBeastでインストールUSBを作製することはできましたが
    macOSインストール画面になるとUSBが認識できないためインストールができなくて困っています。

    どうすればmacOSインストール画面でUSB(キーボード+マウス)を認識できるのか?
    教えて頂ければ助かります。

    宜しくお願いいたします。

    マザーボード:ギガバイトH370M DS3H(チップセットはH370です)
    CPU:Core i3-8100
    メモリ:DDR4 16GB(1枚)
    HDD:2.5インチ500GB HDD

    1. そのUSBポートがmacOSの15個制限で機能していないのかもしれません。

      https://bootmacos.com/entry/2017/09/30/222518

      ほかのUSBポートを試してみてはいかがでしょうか。PS/2の近くのUSBポートが機能する場合が多いようです。

      ちなみにUSBで起動してmacOSインストール画面までは出ているということでしょうか?

      1. お世話になります。
        返信ありがとうございます。

        PS2ポートの上にあるUSB2.0ポートにUSBメモリを刺して起動しても
        macOS Mojaveの(Higha Seierra でも同様でした)インストール画面(日本語等を選択する画面)までは
        行きますがUSBが認識されないため(キーボード or マウス)日本語を選択することができない状態です。
        (でも何でUSBメモリを認識して起動はできるんでしょうね?)

        UnibestにUSBドライバー等?を組み込む手順等を教えて頂ければ幸いです
        宜しくお願いいたします。

        1. USBキーボード・マウスが認識されないということですか。そういう事態は経験なかったです。
          他のUSBポートにUSBキーボード・マウスを挿してみたらどうでしょうか。

          1. 返信ありがとうございます。

            マザーボードに搭載されているUSBポート全てで試しましたが
            USBポートに繋いだキーボード+マウスは認識されませんでした。

            どうすればUSBポートに繋いだキーボード+マウスが認識されるのか?
            教えて頂ければ幸いです。

          2. USBメモリの起動に使えるUSBポートでもキーボード・マウスは認識されないのでしょうか?macOSで認識されないキーボード・マウスなのかな(そういう経験はないですが)。BIOSでUSBのXHCI Hand-offはEnableになっています?もしかすると関係するかも。

            https://bootmacos.com/entry/2017/09/10/221926

  4. Hackintoshで通常のMacと同じようにOption+起動の起動ディスク選択は出来ますか?
    また、ディスク選択の際に通常のMacのディスクも起動できるのでしょうか?

    1. 「Option+起動の起動ディスク選択」はMacのファームウェアがやってくれている機能ですので、Hackintoshではできません。起動ディスクはCloverの起動画面で切り替えることになります。

      「通常のMacのディスク」というのは、「通常のMacで起動できるmacOSのドライブ」という意味でしょうか?別のドライブのESPにCloverやkext類がバニラな形式でインストールされていれば、それから起動して、Cloverの起動選択画面で選択することで、「通常のMacのディスク」から起動できます。

      1. ご返信ありがとうございます。

        なるほど!
        重ね重ね質問すみません。
        >別のドライブ
        というのは
        A:「通常のMacで起動できるmacOSのドライブ」
        B:「Hackintosh用に作ったドライブ」
        のどちらの事でしょうか?
        もしAの場合、追加でESPにCloverやkext類をインストールしなければならないのでしょうか?

        1. ESPにCloverやkext類が入っていればA, Bどちらも可能です。それ以外の単なるデータディスクでもESPにClover/kext類が入っていればokです。Windowsの場合は、WindowsインストーラがESPを書き換えるのでちょっと厄介です。

          1. なるほど、ありがとうございます!
            これでようやく踏み切れそうです!

  5. みなさん 返信ありがとうございます。

    私のいまのHacintosh状況は

    1.tonymacx86.comさんの UniBeast 9.1.0 – モハーベを使いMojaveのインストールUSBを作成し
    USBのkext など 必要な kextを所定の場所に入れて インストールを始めるのですが
    インストールの途中で再起動が掛かり、その後Mojave インストール途中の画面が表示され
    残り時間31分と表示されるのですが、それ以上 インストールが続かず 再起動を繰り返して
    しまいます。

    但し、同じ UniBeast 9.1.0 で作ったインストールUSBで 一度だけ インストールを完了した事があります
    インストール途中の再起動で 残り時間31分 が 表示され その後再度再起動が行われた後
    残り時間30分 と 表示されインストールが完了しました。

    2.Mojave インストールUSBを作成後 Clover EFI bootloader をインストールした場合では
    一度もインストール画面まで進まず Clover EFI bootloader 起動後 インストールHDDを指定し
    Enierキーを押しますが リンゴマークが画面に表示されたまま で 一向に Mojave インストール
    画面にはたどり着けない状態です。

    対応策をご教示頂ければ幸いです。

    機器構成

    マザーボード:ギガバイトH370M DS3H(チップセットはH370です)
    CPU:Core i3-8100
    メモリ:DDR4 16GB(1枚)
    HDD:2.5インチ500GB HDD

    1. そのSSD/HDDをUSBケースなどに入れて本物のMacに取り付けてMojaveをインストールして、これをHackintoshに戻してはどうでしょうか?UniBeastで作ったUSBメモリでインストール画面まで行けるのでしたら、そのUSBメモリから起動できると思います。

      1. bootmacos さん ありがとうございます。

        お教え頂いたとおりにやって見たのですが上手く行きませんでした。

        やはりHacintoshする構成でのブートローダー+インストールUSB が
        完成しない限りHacintoshは上手く行かないようです。

        また刻々とApple側の 状況が変化しているようで、インストール中 途中で一旦再起動が
        掛かると思うのですが その後 何もしていないのにLANが切れてしまう事が多々あります。
        (本物のMacでも)

        今はまた状況が変わり インストールの為のブートローダーは働くのですが
        インストールしようと install USB を 選択して 数秒経つと
        リセットが掛かり 直ぐに再起動してしまうようになりました。

        1. 本物のMacでもダメという意味は、

          1. 本物のMacでApp StoreからインストールmacOS Mojave.appをダウンロードする
          2. SSD/HDDをUSB接続で本物のMacに接続する
          3. 本物のMacでそのSSD/HDDにMojaveをインストールする

          という手順でも、macOSをインストールできなくて、本物のMacからそのSSD/HDDで起動できないということでしょうか?だとするとHackintoshの問題ではなくて、macOSの問題ですね。

          1. bootmacos さん ありがとうございます。
            昨日は
            1.2.3.とも 本物のMacintoshには問題なくインストール出来ますが
            Hacintoshしようとしているマザーではインストール出来ませんでした。

            tonymacx86(Unibeast)を使用して作った起動USB本物のMacintoshにインストールした
            DiskをHacintoshでUSBから起動させてUSBブートは出来たのですが
            本物のMacintosh でインストールした Disk から macOSが 起動する事はありませんでした。

            今日になってから 本物のMacintoshで 通常のMojave 起動USBを作って
            新しい Clover_v2.4k_r4898. を 使って efi-64 等のドライバやkextsをインストールして
            ようやくHacintoshでMojaveをインストールする事ができました。

          2. マザーボード:ギガバイトH370M DS3H(チップセットはH370です)
            CPU:Core i3-8100
            メモリ:DDR4 8GB×2
            HDD:2.5インチ 256GB SSD

            Clover_v2.4k_r4898. を使用して Mojaveが起動出来るようになり OSアップデート 10.14.4まで
            無事にアップデートできました。

            不思議なことが起きました

            1.macOS Mojave 起動後 Clover_v2.4k_r4898で作った ブートローダーのUSBドライブがデスクトップに
            表示されなくなりました。

            2.USBポートのバスパワーが無くなったせいなのか?2.5 HDDやSSDを認識しなくなりました(マウント出来ない状態) 但し USBメモリは認識しています。

          3. USB 15個制限の可能性はありませんか?パッチで個数制限を回避されているとすると、10.14.4へのバージョンアップでパッチのパターンが変化したのかもしれません。また10.14.4でUSBオーディオが改善されたようなことが書いてあるので、USB周りが何か変わって影響を受けているのかもしれないです。

          4. bootmacosさん 返信ありがとうございます。

            Clover_v2.4k_r4898を使ってブートUSBメモリを作った際には下記の
            USBInjectAll.kext と GenericUSBXHCI.kext の kext を 入れて
            ブートUSBメモリを作ったのですが、macOS バージョンアップ時に 内容が壊れてしまったのでしょうか?

            オーディオはVoodooHDA.kext を使って 問題なく使えています
            システム情報で見るとUSB3.1しか表示されていませんでした

            USB3.1準拠のUSBメモリは認識・マウント しますが USB3.0準拠のUSBメモリは認識せず
            マウント出来ないようです。

            何かのファイルをエディターで直す事はできますか?
            それともClover_v2.4k_r4898からMojave を インストールして
            macOSをバージョンアップして様子を見た方が良いでしょうか?

          5. kextを入れるだけではUSBの個数制限は解決しないです。おそらくconfig.plistで個数制限回避のパッチを当てているのだと思いますが、パッチのパターンはmacOSバージョンごとに違うので、10.14.4になって効かなくなったのだと思います。もしそのような状態なら、こちらが参考になるかと思います。

          6. bootmacos さん 情報ありがとうございます。

            config.plist を テキストエディタで開いて 下記の文言を 追加すれば宜しいのでしょうか?
            (この 文言を 追記 する 位置は 最初でも 最後でも 宜しいのでしょうか?)
            追記後は Mojave の 再インストールが必要でしょうか?

            Comment
            Change 15 port limit to 24 in XHCI kext 10.14.4 PB1
            Find

            g32MEA==

            Name
            AppleUSBXHCIPCI
            Replace

            g32MGw==

          7. これは10.14.4 PB1用のパッチなので10.14.4では使えない可能性があります。また、パッチを書く場所は、KextsToPatchのセクションです。再起動が必要ですが、Mojaveの再インストールは不要です。

            でも、パッチはmacOSのバージョンが上がるたびに変わりますので、今後のことも考えたら、こちらに書いた起動オプションにuia_excludeを書く方法の方が良いと思います。

          8. bootmacos さん ありがとうございます。

            Boot USB の EFI の中の config.plist の 内容を書き換えるだけで
            macOSは 再インストールする 必要は無いのでしょうか?
            (起動時にconfig.plist の 内容を読み込んで macOS が起動すると言うことなのでしょうか?)

            Tonymac86 さんの 所にある 下記のものを config.plist で 試してみようかと思います。
            https://www.tonymacx86.com/threads/mojave-10-14-4-port-limit-removal-patch.274052/

          9. config.plistの仕組みはその通りです。マシンが起動するときに、Cloverがconfig.plistの内容を読み取って、そこに書いてあるパッチを実行して、kextを動的に書き換えてから、macOSに引き継いでくれます。動的にパッチを当ててくれることはCloverの特徴の一つです。

            その10.14.4用のパッチでおそらく動くと思いますが、10.14.5になったらまた同様の作業をしないといけません。繰り返しになりますが、ほかの方法の方が良いと思います。

          10. また 不思議なことが発生しました

            起動したMojave 10.14.4 で Clover_v2.4k_r4898.を使って inslall_USB を作成し
            再度 Install Mojave から インストールを続けていくと インストール設定の最後の方で
            ローカルネットか?無線LAN?何を使用してインターネットを繋ぎますか?
            あるいはMyLocalコンピューターにしてネットに繋ぎません どちらを選択しても
            Ethernetの接続設定が上手く行っておらずDHCP自動にしておいてもインターネットに繋がりません

            Mojave 10.14.3 からの Mojave installなら問題なくインストールができます。

            Mojave 10.14.3 →10.14.4にアップデートするとUSBポートが一部使用不可能となります
            10.14.4 ようにconfig.plist の中身を追記し USBボードが 全部 使えるようにしたいのですが

            今度はそれ以前にネットワークを改善しなくては成らなくなってしまい10.14.4へのアップデートを
            中断している最中です。

            macOSおアップデートに拘らなくて良い場合は、10.14.3で 使用していた方が
            良いのかも知れません。

          11. どういう状態なのかいまいち把握できないのですが、「10.14.3から10.14.4へのアップデートをしたところ、macOS 10.14.4のインストールは成功しているけど、ネットワークが動かない」という状況なのでしょうか?でしたら、LAN用のkext (IntelチップならIntelMausiEthernet.kextとかAtherosチップならAtherosE2200Ethernet.kextとか)が、入っていないとか、バージョンが古いのかなと思います。

            10.14.3から10.14.4へのアップデートには、システム環境設定のソフトウェア・アップデートを使いましたが、問題なく移行できました。

          12. bootmacos さん 返信ありがとうございます。

            本物のMac macOS 10.14.4 で Clover_v2.4k_r4898を 使って Mojave インストール用BOOT USBメモリを
            作ったのが原因か? は 判りませんが Mojave インストール が完了し ログインIDを作成する場面で
            ちょっと前までは ”今は情報は送らない”にチェック→Set Up Later (Apple ID で ログインしない) と
            進んで Mojave が 起動し ネットワークも問題なく 接続されましたが

            USB認識個数15個まで等 調整しながら 再度 Mojaveをインストール したところ
            ログインID のところで Myネットワーク か Localネットワークに繋ぐかを 選択する画面が表示され
            Localネットワークを選択して Mojave を 起動したところ ハード的にはIntelMausiEthernetが認識されているものの、そのままではネットワークに繋がらなくなりました。

            ネットワークの設定画面DHCP自動が選択しているのですが、ルーターアドレスが認識されておらず
            仕方なくDHCPやIPを手動で入力してもネットに繋がらない状態になってしまいました。

          13. 「このMacについて」「システムレポート…」の先の「システム情報」のウィンドウで、「ネットワーク」を選んだ時に、Ethernetは見えていますか?見えていなければkextが動いていないのだと思います。kextを/L/Eに移動しても良いかも。そちらでしか動か無いことも稀にあります。

          14. bootmacos さん 毎回 回答ありがとうございます。

            1.本物のMac macOS 10.14.4 で Clover_v2.4k_r4898を 使って
            Mojave インストール用BOOT USBメモリを作ると Ethernetはハード的には認識されますが
            ルーターを検出せずネットワークに繋がりませんでした。

            2.教えて頂いた通りconfig.plist に(私の解釈が間違っているのかも知れませんが) USBポート15個 制限の
            パッチ
            Boot

            のところの 最後に uia_exclude=HS04;HS07;HS08;HS12;HS13;SSP4 を
            追記してみましたが macOS 10.14.4 にアップデートを行うと
            マザーボー上の どのUSBポートでも USB2.0規格USBメモリ、USB3.1規格USBメモリ は 認識しますが
            USB3.0規格USBメモリ及び外付け2.5インチ USB HDD は 認識されませんでした。

            3.キーボードの認識は日本語106キーボードにしておりますが、実際に繋げてあるのはWindowsキーが着いた109 キーボードです。

            キーボードのショートカットが 上手く動作しないようで
            Windowsキー=コマンドキー(コマンド+スペースバーで スポットライトが起動する)
            英語→日本語ひらがな への 切替が出来ない
            (文字切替を1度だけプルダウンから ひらがな を選ぶと) = シフト+A 英字半角(変換可のアンダーバー)

            シフト+Capsロック=ひらがな

            カタカナはへの切替はプルダウンから選択するしか無いようです。

            キーボードはともかくとして、USB3.0規格メモリを 認識しない事を解決したいです。

          15. uia_exclude=HS04;HS07;HS08;HS12;HS13;SSP4 を追記しても しなくても 状況は変わりませんでした。

            不思議な事にマザーボードのUSB3.0ポートでは
            USB3.0メモリ や 2.5インチ 外付け HDD だと認識・動作しませんが

            キーボード や Bluetooth USBモジュール は ちゃんと 認識して動作しています。

          16. USBInjectAll.kextは入れてありますか?uia_excludeオプションはこのkextのための指定なので、入っていないと機能しません。また、uia_exclude=HS04;HS07;HS08;HS12;HS13;SSP4 は記事で使用したマザーボードでの例ですので、このまま使っても無意味です。ご使用の環境に合わせて指定してください。

            USB 3.xが動かなくてキーボードなどが動くのは、2.0が優先される15個制限のために、3.0側の端子が機能せず、2.0側の端子しか機能していないからです(USB 3.xにはUSB 2.0の端子も存在します)。15個制限が引き起こす典型的な不具合です。

          17. 追記 USB3.0準拠のUSBメモリを、マザーボードのUSB2.0ポートに
            刺したら認識・マウント できました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

「名前」「メールアドレス」「サイト」は空白でも投稿できますが、日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)